川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京スカイツリーを見に行く

花見週間のさなか、我々は再び『川の光2』のロケハンに出発した。
先日の東京タワーへの遠足に続いて、今度は東京スカイツリーを見学に出かける。

5月22日の開業を目前に話題沸騰のこの電波塔は、『川の光2』でどのような役割を果たすのだろうか?
夫に聞いても「ヒ・ミ・ツ」としか答えないのだが、とにかく何らかの形でいずれ登場するらしいのだ。

tree01
↑渋谷駅から地下鉄の半蔵門線に乗車する。
チッチとタータが軟禁されているネズミのヤクザ組織「渋竜会」のアジトは、おそらくこの近辺にあるはず。

tree02
↑これも理由は不明だが、「地下鉄車両の最後部を写真に撮っておくように」と命じられた私。
乗務員さんに疑惑の目で注視されるなか、ホームから身を乗り出して、必死の思いで撮影を強行した。

少し離れた場所で見守っていた夫に「よく撮ったね!」と褒められたが、
もしかして、とても危険な犯罪を企画中の人に見えたのではないだろうか。

tree03
↑押上駅に到着。

地図によれば、地上に出たら頭上にスカイツリーがそびえ立っているはずなのだが、何も見えない。
「ない!ない!」と空を見上げながら大騒ぎして歩き回っていたら、突然、ビルの背後にスカイツリー出現。

tree04
↑左は押上駅の真上に建つ31階建の「東京スカイツリー イーストタワー」。
飲食店やオフィスが入る予定だそう。

↓南側に回り込んで真下から見上げるとこんな感じ。
tree14

以下、夫の感想。
う~ん、なんだか威圧感があるなあ。僕はやっぱりエッフェル塔のほうが好きです。
エッフェル塔は「鉄のピラミッド」とか呼ばれることもあったんだけど、あの裾広がりの形態には
ピラミッドと同じく、何か人類の想像力の「原型」に通じるオーラがあるんだよ。
ほら、ピラミッド・パワーとかあるじゃない?
それから「鉄の貴婦人」という異名もあった。スカートを広げたような優美なシルエットで、
あの中央の空洞部分の構造から来る「軽さ」と浮遊感がとにかく素晴らしい。
エッフェル塔の女性性と比べると、敷地が狭いから仕方がなかったんだろうけど、
スカイツリーは垂直にそそり立っていて、どこか男根的だよね。
間近で見上げると威圧感という攻撃性というか、そういうファリックな圧力を感じる。
スカイツリー建造計画が発表されて以来、ぼくはずっと墨田区民をやかっかんでいたんだけど、
これはやっぱり、遠くから眺めた方が素敵な塔なのかもしれないね。

どんな塔を見ても、いつしかエッフェル塔礼賛へとなだれ込んでしまう夫。
彼は、現在のような“タワーブーム”が起きるはるか前に刊行された先駆的な評論
『エッフェル塔試論』(ちくま学芸文庫)の著者でもあるので、塔にはちょっとうるさいのである。



とかなんとか言いながら、世界一の電波塔をあらゆる角度から眺め回した後、
塔の南側を流れる北十間川沿いに、隅田川方面へ向かう。

↓ちょっとパリのサン・マルタン運河みたいな感じ。
tree05

↓吾妻橋を渡って、浅草へ。
tree06

↓隅田川を水上バスが行きかう。向かいはお花見たけなわの隅田公園。
tree07

↓対岸から見るスカイツリー。
tree08

↓隅田公園の桜。
tree09

↓浅草の裏通りから眺めるスカイツリー。
tree10

夫は台東区台東の生まれで、浅草は子供のころからよく遊びに来ていたので、
このあたりを歩くと、いつもくつろいだ顔になる。
昔、仲見世に出店していた親戚がいたり、小学校の同級生が洋品店を継いでご主人になっていたり、
「大黒屋(←老舗の天ぷら屋さん)の悪口を言う奴は許さん!」と思っていたりして、
半村良の『小説 浅草案内』の世界を地で行っているのである。

↓夫が嬉しそうに教えてくれた、地下鉄銀座線に通じる「秘密の通路」を抜けて帰途につく。
tree11

それにしても東京スカイツリー、どのようにして『川の光2』に登場するのだろうか。

スポンサーサイト
  1. 2012/04/12(木) 23:33:53|
  2. 川の光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<タミーからお知らせ | ホーム | 水彩画になったタミー>>

コメント

いつもコメントありがとうございます!!!

一日に何度もチェックして皆さんのコメント楽しく
拝見しております。
特に私のコメントに対しての奥様からの暖かいメッセージ、いつも嬉しくて小躍りしております。
今後は今話題のスカイツリー登場ですか!!!
人間が見てもあれ程話題になる大きさのものが、
一体あの子達の目にはどうなモノに映るんでしょうか?
ハラハラする展開と共に、益々先が楽しみになります!!!
  1. 2012/04/13(金) 09:36:41 |
  2. URL |
  3. まやてつ #FCWDJ4oA
  4. [ 編集 ]

はじめまして

寿輝さんの小説のファンです。最近、「散歩のあいまに・・・」を拝読したばかりで、アップされたお写真を見て「ああ、こんな風にお散歩されているんだ」と想像して嬉しくなった次第です。でも、何で全部お顔はあっちを向いていらっしゃるんですか?ファンとしては、にやけた顔も見てみたいんですが・・・。ご本の中の前の猫ちゃん(ミケちゃん)の話では号泣しました。はなちゃんたちが引き取られて来た時のお話もありましたね。うちも、トラという茶色いキジねこを飼っていますが、おでこのあたりが先生によく似ています(失礼・・・)。
  1. 2012/04/13(金) 09:41:14 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

追伸

すみません、今気づいたのですが、実は、昨日、国立劇場に歌舞伎(仁左衛門さんです)を見に行っていて、朝、半蔵門線の「押上」行きに乗っていました!ご夫妻とニアミスしてたかもしれないんですね・・・。私は神奈川在住ですが、普段は数十キロ離れている方ともしかしたら数メートルの距離にいたかもしれず・・・。ああ、何だか残念。ぜひ、お目にかかりたかったです。
  1. 2012/04/13(金) 11:17:05 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

Re: いつもコメントありがとうございます!!!

こちらこそ、いつもコメントありがとうございます!
東京スカイツリーは私たちが見ても度胆を抜かれるので
おそらく動物たちには想像を絶する建築物だと思われます。
いったいどんな登場のしかたをするのか、楽しみです(私にも教えてくれないので)
  1. 2012/04/15(日) 23:35:00 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

Re: 追伸

こんにちは、コメントありがとうございます!

残念ながら、夫は写真で顔を出すのが大変恥ずかしいらしく、
嫌がるのを「後ろ姿だけだから、ね、ね、ね」と説得して出演させています。

そして、私たちはたぶん11時台に押上行の半蔵門線に乗っていたので
若干遅かったかもしれませんが、お近くを通過していた可能性はありますね。
  1. 2012/04/15(日) 23:40:27 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

秘密の通路

こんにちは。私もこのところ、中村座見物もあって、浅草に毎週のように足を運んでいます。
スカイツリー、なんだか昔の飛鳥山タワーを思い出させますね。エッフェル塔は大好きですが、日本にあったら、オシャレすぎかもしれませんな。
ちなみに私も下町の端っこの足立区育ちなので、子供の頃から、あの秘密の通路はおなじみです。笑。
  1. 2012/04/16(月) 20:54:10 |
  2. URL |
  3. ishizuayako #-
  4. [ 編集 ]

Re: 秘密の通路

秘密の通路、東京右半分で育った方にはきっと有名なんですね。
通過するとき、銀座シネパトスと同じ「昔の地下道」の匂いがしました…
  1. 2012/04/17(火) 13:07:50 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/91-3ad4793d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。