川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春の犬映画③ 『ヤング≒アダルト』

この数日、『川の光2』は、ジャーマンシェパードのビス丸の窮地を描いている。
体調を崩して公園でうずくまっていたビス丸。そこに現れた謎の少年は、どうやら彼を救おうとしているらしいのだが…。

思えばビス丸の前の飼い主は、高級ドライフードや高価な首輪で甘やかしておきながら、
実のところ犬にはあまり関心がなく、散歩は業者に代行させ、触れ合いも求めていなかった。
もしかしたらビス丸は、愛情をもって接してくれる人間に初めて出会うことになるのかもしれない。

ところで、駄目な飼い主ということで思い出したのがこの映画。
シャーリーズ・セロン主演のコメディ『ヤング≒アダルト』である。

YA01

この映画には、主人公の飼い犬として、ぬいぐるみのようにキュートなポメラニアンが登場するのだが、
主人公は、駄目な飼い主の典型である(むしろ“人間として駄目”と表現したほうが正しいかもしれない)。

犬の立場から、多少の推測を交えつつ、映画を紹介すると以下のようになる。

あたしの名前はドルチェ。イタリア語で“甘い”という意味なんですって。
お母さんはあたしを、ミネアポリスのペットショップで、酔った勢いで衝動買いしたの。
最近はお母さん、アルコール依存症がますますひどくなっちゃって、毎晩泥酔して帰ってきては、
メークも落とさず、ヌーブラもはがさず、そのままベッドに倒れこんで寝ちゃうの。
だからあたしは朝になるとお腹がすいて我慢できなくなって、お母さんの周りをぐるぐる回るの。
お昼近くなるとようやく起きて缶詰をあけてくれるんだけど、「ベランダで食べて」と外に出される。
そんな状態だから、散歩にもほとんどいかない。いつも散らかったアパートのお部屋でお留守番してる。
たまに男の人と夜遅く帰ってくることがあるけど、そういうときは一晩中ベランダに追い出されるの。
ある朝、お母さんは突然あたしをバッグに詰め込んで、車で生まれ故郷の町に出かけた。
モーテルにチェックインして、あたしが入ったピンクのバッグをカウンターの上に勢いよく置いたので
あたしはびっくりしたのと苦しいので思わずもぞもぞ動いちゃったの。
モーテルの人が見とがめて「犬ですか?」と聞いたんだけど、お母さんは「違うわよ!」で通しちゃった。
そしてあたしは再び、モーテルの部屋でお留守番。お母さんはここでも毎晩泥酔して帰ってくる。
なんだか故郷の町でたくらんでいることがあるらしいんだけど、あたしにはよくわからない…。

この“人として駄目”な37歳の女は、「既婚で子持ちの元彼を妻から奪う」という狂気の計画を胸に
故郷のスモールタウンに帰ってきて、痛々しい笑いに満ちた大波乱のドラマを繰り広げるのだが、
ろくに世話をしてもらえない可哀想な犬の存在が、主人公のどうしようもなさを一段と強調する仕掛けになっている。

ドルチェを演じたのは、プロデューサーがマンハッタンの路上でスカウトした4歳のハマーちゃん。

YA02

ポメラニアンは、いつも口角があがって笑っているように見える唯一の犬種で、
「どんなにひどい扱いをされても笑顔でいる犬」というキャラクターにぴったりだったとか。

ブラックなギャグの数々に大笑いしながらも、犬は大切にしなきゃね、と気持ちが引き締まる映画であった。

ちなみに主演女優シャーリーズ・セロンは、実生活では大変な愛犬家で、
保護施設から何頭も犬を引き取って飼っているだけでなく、
PETA(People for the Ethical Treatment of Animals)=「動物の倫理的扱いを求める人々の会」の
強力なサポーターとして、ポスターに愛犬と一緒に登場したりしている。

YA03


スポンサーサイト
  1. 2012/04/07(土) 23:26:43|
  2. 動物の映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<お花見週間はじまる | ホーム | 東京タワーをさらに研究>>

コメント

裏の顔

実生活とのギャップを感じる作品ですね
  1. 2012/04/08(日) 06:10:18 |
  2. URL |
  3. グレン大好き #-
  4. [ 編集 ]

Re: 裏の顔

そうなんですよ。映画を見ている間は「本当にヒドい女…」としか思えないんですけどね…
  1. 2012/04/08(日) 12:55:20 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

小型犬では

ポメとかキャバリア好きですが、小型犬飼うなら猫がいい(すでに二匹いますが)と思う大型犬好きな私にとって最近のビス丸はすごく成長していっていて毎回朝から目がうるうるします。
ほんとうに毎朝楽しみで楽しみで仕方ありません!

シャーリーズセロンは「サイダーハウスルール」で見せた裸のお尻がすごく美しかったことが印象的です(あ・わたし女です)。
  1. 2012/04/08(日) 13:49:17 |
  2. URL |
  3. りり #1wIl0x2Y
  4. [ 編集 ]

Re: 小型犬では

同感です。小型犬なら私も猫を選ぶかも。
そしてビス丸は、このあと感動的なエピソードが待ち受けているらしいですよ。
  1. 2012/04/09(月) 12:05:19 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/88-1a851db4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。