川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3月の終わりに

チェス祭りが大興奮のうちに終わった。
そして本日をもって、夫は大学を離れてフリーの身となった。
私も昨年の夏に会社員を辞めているので、
今後は犬・猫・妻が、夫の“筆一本”に頼って生きていくことになる。

↓これからはお父さんが家に毎日いるんだって!と喜び駆け回るタミー。
inu

通常よりひと足早く、大学や会社からリタイアしてしまった私たち。
いまのところ特に何も心配せず、動物たちと呑気に暮らしているわけだが、
最近のベストセラーのタイトルを眺めていると、若干の不安を覚えないでもない。

今後の日本社会を生き抜くには、“下山の思想”を会得する必要がある一方、
私たちを待ち受けるのは厳しい“坂の上の坂”であり、
とはいえ努力次第では“50歳を越えても30代に見える”ことは可能で、
“人生100年計画の行程表”を描くことだってできてしまうらしいのだ。

行程表…なんだか考えるだけで疲れるわ…と脱力していたところ、
そんな疲労感を一瞬で吹き飛ばしてくれる本に出合った。

熊谷守一の『へたも絵のうち』(平凡社ライブラリー)である。
1977年に97歳で亡くなった画家が、91歳のときに自分の生活と生い立ちを語った一冊だ。



熊谷守一は、現在は美術館になっている豊島区千早町の家に昭和7年、52歳のときに越してきたのだが、
それ以降、正門から外に出たことがない(一度だけ、垣根づたいに勝手口まで散歩したことがあるらしい)。
日々の生活はこの数十年ほとんど変わらない。朝6時ごろ目を覚まし、朝食を取った後、
きざみタバコを吸いながら、妻が鳥の世話を終えるのを待つ。
そのあと、二人で碁を打つ。昼すぎから夕方までは昼寝をする。
夜になると絵を描き、書を書く。

「私は誰が相手してくれなくとも、石ころ一つとでも十分暮らせます。
 石ころをじっとながめているだけで、何日も何月も暮らせます。」

絵に関しても、異様に肩の力が抜けている。

「絵なんてものは、やっているときはけっこうむずかしいが、でき上がったものは大概アホらしい。
 どんな価値があるのかと思います。しかし人間は、その価値を信じようとする。
 あんなものを信じなければならぬとは、人間はかわいそうなものです。」

巻頭のモノクロの肖像写真(肩に小鳥がとまっている)の顔立ちが、びっくりするくらい美しい。
生い立ち編を読むと、山あり谷ありのボヘミアン的な人生だったことがわかるが、
貧乏から戦争まで、どんな出来事にも、いつも変わらぬ態度で飄々と対処している。

「これからもどんどん生き続けて、自分の好きなことをやっていくつもりです。」

“坂の上の坂”を前に不安を感じている方に、ぜひこの超俗パワーをお勧めしたい。
私は近々、作品をじっくり見るため、豊島区の美術館を訪問しようと計画中である。

neko01
↑3月末日、「小島慶子キラ☆キラ」の最終回を聞きながらまどろむハナちゃん(ラジオ好き)。


スポンサーサイト
  1. 2012/03/31(土) 19:25:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<東京タワーを見に行く | ホーム | 夫です。チェス・イベントについて一言。>>

コメント

明るい未来が待っていますね

明るい奥様と能天気なタミーちゃん、哲学者のハナちゃんと暮らす先生には素敵な生活がこれからもずっと続きますね!!!
ところでタミーちゃんは呼び捨て、ハナちゃんは必ずちゃん付け。
やはり哲学的な猫格を持つハナちゃんを呼び捨てには出来ないのでしょうか?
  1. 2012/04/01(日) 08:56:47 |
  2. URL |
  3. まやてつ #FCWDJ4oA
  4. [ 編集 ]

お父さんとお母さんがずっと一緒にいるなんて、なんて幸せなハナちゃんとタミー!
うちの夫もセミリタイアを夢見ていますが、それまでは猫を飼わない宣言もしていて、寂しいです。
ちなみに「アーティスト」の名犬アギーもとってもかわいいですよ。
  1. 2012/04/01(日) 15:25:41 |
  2. URL |
  3. ishizu #-
  4. [ 編集 ]

熊谷守一美術館

近辺に住んでいますが、熊谷守一美術館、娘さんのカヤさんの作品も含め、とてもステキな空間です♪

もしお時間がありましたら、近くのお菓子屋さん「エコール・クリオロ」のお菓子(イートインもできます)もおすすめです。
  1. 2012/04/01(日) 17:21:25 |
  2. URL |
  3. わあ #AIlHpmOk
  4. [ 編集 ]

Re: 明るい未来が待っていますね

> やはり哲学的な猫格を持つハナちゃんを呼び捨てには出来ないのでしょうか?
いつもありがとうございます!なぜハナちゃんを呼び捨てにできないのかは謎です…
やはり我が家で最も偉い生き物、と(主に自分が)位置付けられているからでしょうか…。
  1. 2012/04/01(日) 17:55:04 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは、もしかして文子さんですか?コメントありがとうございます!
「アーティスト」は試写を見逃してしまったのですが、歩いて5分のバウスシアターにかかるので
初日に見たいと思っていました!
  1. 2012/04/01(日) 17:57:26 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

Re: 熊谷守一美術館

貴重な情報、ありがとうございます!
「エコール・クリオロ」にもぜひ寄って帰りたいと思います。
  1. 2012/04/01(日) 17:59:05 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

やはりですか!!!

コメントありがとうございました。
我が家にも以前は犬がおり、
今は猫33匹と大所帯で日々暮らしておりますが、
やはり猫の中には単なる猫で片付けられない
崇高なオーラを持った猫が存在します。
ハナちゃんはやはりそうでしたか!!!
もしかしたらハナちゃんが傍に居たからこそ、
川の光2のマグダフ(こちらは犬ですが・・・)
誕生になったのでしょうか?
  1. 2012/04/02(月) 08:08:01 |
  2. URL |
  3. まやてつ #FCWDJ4oA
  4. [ 編集 ]

引き続き・・・

何気なく見ていてハッと気付きましたが、
タミーちゃんのキャプションはinu,
ハナちゃんはneko01。
タミーちゃんは普通の犬。
ハナちゃんは猫の中の№1、猫中のネコ・・・
という意味でしょうか?
変な事ばかりに興味を持ってスミマセン・・・。
私は人間様と天狗になって世界を動かしている、
と思い込んでいる人間を
実は冷静に見ている動物がいると考えています。
  1. 2012/04/02(月) 10:22:03 |
  2. URL |
  3. まやてつ #FCWDJ4oA
  4. [ 編集 ]

はじめまして

はじめまして。
横浜でゴールデンレトリバー(もうすぐ2歳女子)と暮らすRと申します。
川の光はパート1から新聞で読んでたのですが、
パート2はゴールデンと暮らしてる所為かより一層親近感&ドキドキ感があります。

こちらのブログで、リアルタミーとの初対面の記事がありましたが、我が家もかなり似てました。
「まずは親犬を選んで生まれてくる仔犬の予約をしよう。親犬の骨格や性格は大事だからね」
と言いながらブリーダーへ行ったのですが、
その場に居た仔犬を見た瞬間「こここここの仔をください!」となりました(笑)

ところで、熊谷守一美術館は私の実家のすぐそばなのです。
上でコメントされてる方もいらっしゃいますが、「エコール・クリオロ」はお勧めです。
あとは……美術館の北約150mにある旧平和小学校(現在は廃校し豊島区が管理)
ではしょっちゅうテレビドラマ等の撮影をやっているので要チェックかもしれません♪

それでは、長々と失礼いたしました。
  1. 2012/04/02(月) 12:14:08 |
  2. URL |
  3. R #OARS9n6I
  4. [ 編集 ]

Re: やはりですか!!!

猫33匹…大変な大所帯ですね。
私は犬も猫も(ついでに動物ならなんでも)好きだし尊敬してやまないのですが、
いちばん自由に生きているのは猫なんじゃないかと常々思っています。
ただマクダフはハナちゃんの影響というより、作者本人がかなり自分を投影しているようです…
  1. 2012/04/02(月) 18:54:07 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

Re: はじめまして

Rさんこんにちは。コメントありがとうございます。
仔犬を目の前にしてしまうと、もう負けですよね…
そして千早町の情報も感謝です。
熊谷守一美術館の近辺にお住まいの方が意外に多いのですね。
そういえば昔何かの用事であのあたりを訪れたことがありましたが、
とても雰囲気のいい住宅街だったような気がします。
  1. 2012/04/02(月) 18:57:24 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

ハナちゃん

やっぱり気品なハナちゃんは呼び捨てにはできませんね
  1. 2012/04/03(火) 06:22:42 |
  2. URL |
  3. グレン大好き #-
  4. [ 編集 ]

すみません!!!

ありがとうございました。
先生&ハナちゃん、お互い近くで暮らす事で
相乗効果、
益々その領域に深みが増すのでしょうか?
素敵な事です!!!
それから自分の呼び易さから、
いつもマグダフと勝手に呼んでいて、
そのままコメント欄に書いてしまいましたが、後からそうだ!マクダフだ、と気付きました。
名前も当然その作品にとって
大切なエッセンスですから、勝手に扱い
本当に申し訳ありませんでした・・・。
  1. 2012/04/03(火) 08:12:04 |
  2. URL |
  3. まやてつ #FCWDJ4oA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/85-e43f2504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。