川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チェスの神と対局した日

夫がウクライナ出身のチェスのグランドマスター、アレクサンダー・チェルニン氏と
一戦を交える記念すべき日がついにやってきたので、いそいそと観戦に出かけた。

とはいえ、もちろん一対一ではなく、夫を含む15人を相手に、
チェルニン氏がこんな状態↓で“多面差し”をするわけなのだが。

chess02

会場となった日仏学院の2階廊下に15人分のチェスセットが一列に並べられ、
チェルニン氏が一巡してまた戻ってくる。その間、平均わずか8~10分。一人にかける時間は平均30~40秒。
すべての盤面と進行状況を把握しつつ、コンピュータ付ブルドーザー(←古い比喩で恐縮です)のごとく動き回る。

ちなみに参加した15名のうち、9名は日本チャンピオンクラス。
残り6名はゲストで、夫のほか、ギリシャ大使、ベルギー公使、北尾まどか女流初段など。
オブザーバーのなかには将棋の森内俊之名人の姿もあった。

chess03
↑精悍な猛禽類のような雰囲気を漂わせたチェルニン氏。

chess01
↑試合開始後30分ほど経過した時点の夫の盤面。

そして結果は…残念ながら夫は38手で投了。
しかし8番目くらいの投了だったので、なかなか健闘したとはいえるのではないだろうか。
以下が棋譜(私には暗号としか思えないのだった…)

Chernin, A.-Matsuura, H.
Grand Master Chernin's Simul, at Nichihutsu-Gakuin, Tokyo, 28/03/2012
1.c4 g6 2.Nc3 Nf6 3.e4 d6 4.d4 Bd7 5.f4 Bg7 6.e5 Bg4 7.Qb3 dxe5 8.dxe5 Nfd7
9.Be3 b6 10.h3 Bf5 11.Rd1 Nc6 12.g4 Be6 13.Nf3 Qc8 14.Ng5 Nc5 15.Bxc5 bxc5
16.Nxe6 Qxe6 17.Bg2 0-0 18.Bd5 Rab8 19.Bxe6 Rxb3 20.axb3 fxe6 21.0-0 Nd4
22.b4 cxb4 23.Rxd4 bxc3 24.bxc3 g5 25.fxg5 Rxf1+ 26.Kxf1 Bxe5 27.Rd8+ Kf7
28.Ra8 a5 29.Rxa5 Bxc3 30.Rc5 Bd4 31.Rxc7 e5 32.Ke2 Ke6 33.Kd3 Kd6
34.Rc8 Bf2 35.Ke4 e6 36.Rh8 Bh4 37.Rxh7 Bxg5 38.h4 1-0

以下、夫の感想をアトランダムに。

・こっちの陣形の悪化を誘ういやらしい手ばかりを、よくも次から次へと指せるものだと感心した。
・もしかしたら最初から4手目あたりで、すでに敗北の種は蒔かれていたのかもしれない。
・最終的には、剛腕で、力ずくでねじ伏せられた感じ。為すすべなし、お手上げ。
・対局が決まってから1か月。この間、体力作りを怠ったことが悔やまれる。
・結局、世の中には、頭がとても良い人と、それほど良くない人がいるってことさ、フッ。
・しょせん人生とは、敗北の連続なのでしょうか。
・チェスが強いのがそんなに偉いことかい!

なんだか妙に肩を落としてがっくりしている。
どうやら「一生に一度の妙手を思いついて突然道がひらけ、奇跡の連続でついに引き分けに持ち込み、
松浦さんすごいじゃないですか!と皆が驚き称賛する」
というような甘い夢を一瞬だけ見ていたらしいのだが、それが無残にも打ち砕かれてしまったようだ。

数日中には本人が感想戦をアップすると言っているので、お楽しみに!


スポンサーサイト
  1. 2012/03/29(木) 17:42:57|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<夫です。チェス・イベントについて一言。 | ホーム | 白黒動物として生きる>>

コメント

15人中8番目は相当健闘したとおもいます。これからも頑張って下さい。
  1. 2012/03/30(金) 10:37:03 |
  2. URL |
  3. グレン大好き #-
  4. [ 編集 ]

おつかれさまでした

対局おつかれさまでした。
8番目ということは、日本チャンピオンクラスということですね。
とても!すごいことだと思います。
  1. 2012/03/30(金) 12:25:08 |
  2. URL |
  3. 鈴木まゆこ #-
  4. [ 編集 ]

おつかれさまでした!
グランドマスターと引き分けか、勝ってしまっておられたら、執筆の世界から本格的にチェスの世界へ行かれていたかも。
それは読者としてとっても困るので、微弱に「よかった…」と思ってしまいました。すみません。

お写真からも、チェルニン氏の威圧感が伝わってきます…。
  1. 2012/03/30(金) 19:10:27 |
  2. URL |
  3. みえ #AIlHpmOk
  4. [ 編集 ]

皆さん、ありがとうございます!

完敗だったにもかかわらず、温かい励ましのお言葉をいただき、
夫も感謝しております!
  1. 2012/03/30(金) 22:40:34 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/03/31(土) 11:40:04 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/83-fe070d93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。