川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

白黒動物として生きる

neko

ハナちゃんが窓辺で考え込んでいる。

緊迫の度合を深める北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射問題に心を痛めているのか。
脱原発派の猫として、原発再稼働の動きを憂えているのか。
それとも、先日亡くなった吉本隆明氏が戦後日本思想に及ぼした影響について思いをめぐらしているのであろうか。

しかしよく聞いてみると、本日、こうした諸問題の何にも増してハナちゃんの頭を占めているのは
「人間はなぜパンダに甘いのか」問題なのだった。

「そういえば新聞でもTVでも“上野動物園のパンダ、繁殖のため厳戒態勢”って大々的に取り上げてるね」
「前から疑問なんだけど、なぜ人間はパンダとなるとこんなに大騒ぎするの?」
「やっぱり“かわいい”からなのでは?」
「パンダって、あの柄ゆきのおかげでずいぶん得をしてるわよね…」
「まあたしかに、白黒ツートーン柄じゃなかったらただのクマだよね。これほど手厚く保護されてないかもね」
「その自慢の白黒模様だけど、猫みたいに毛づくろいしないから、よく見ると白の部分がけっこう汚れてるのよね…」
「でもハナちゃん、動物界のスーパースターをやっかんでも仕方がないと思うよ?」
「オスは発情すると、ヤギみたいに“メーメー”と鳴くんですって。そこもなんだか信用できないわ…」

どうやら、自分と同じ白黒柄でありながらあまりにも不公平、という思いがあるらしい。
しかし世の中、白黒ツートーンでパンダほど脚光を浴びない動物は山ほどいるではないか。
Z公園のキンクロハジロだって、パンダをやっかんだりしてないと思うよ、と懸命にとりなす私だった…。

↓キンクロハジロ(オス)。
ハナちゃんを連想させるため、私はZ公園の池の鳥のなかでいちばん好感をもっている。
200th02

余談だが、白黒動物で思い出した件。

最近文庫化されたジャレド・ダイアモンドの『銃・病原菌・鉄』に、
なぜ馬は家畜化されたのにシマウマは家畜化されなかったのか? という問題が取り上げられている箇所がある。

その理由とは…「シマウマには、一度人間に噛みつくと絶対に離さないという不快な性質がある」から。

なぜかこの箇所がツボにはまってしまい、私はしばらく笑いが止まらなかった。
その不屈の意志ゆえに決して家畜化されなかったシマウマ。見上げた動物である。


スポンサーサイト
  1. 2012/03/27(火) 14:58:36|
  2. ハナちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<チェスの神と対局した日 | ホーム | 『川の光2』に見る東京の地形>>

コメント

隠れた習性

パンダは実は笹だけじゃなく肉もたべるとか クマもパンダもあまりかわらないです、僕からしたらクマも十分かわいいですけどね。
  1. 2012/03/28(水) 09:08:45 |
  2. URL |
  3. グレン大好き #-
  4. [ 編集 ]

パンダは可愛くないですよ、ハナちゃん。
パンダの模様に隠れた眼は怖い怖い。。。
ハナちゃんの方が何倍も可愛い♪と思います。

↓ 地下って、あまり入りたくない場所です。
暗渠になってる地下水路は『春の小川』の舞台のですか?
  1. 2012/03/28(水) 16:49:30 |
  2. URL |
  3. qoomom #-
  4. [ 編集 ]

Re: 隠れた習性

ええ!パンダって笹だけをひたすら食べてるのかと思いました。
勉強不足でした…
  1. 2012/03/28(水) 19:09:19 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

春の小川

> 暗渠になってる地下水路は『春の小川』の舞台のですか?

あ、そうらしいです。たしか大岡昇平の本にそう書いてありました。
昔はメダカが棲んでたらしいんですが、いまはこんな状態に…
  1. 2012/03/28(水) 19:11:10 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

私もパンダよりハナちゃんたちニャンコや、色はなんでもワンコのほうがずっと可愛いとつねづね思っています。 『川の光』入手して途中でやめられず一気読み。 地図を参照しながらほんとに楽しみました。 むしろ連載中に読んでいなくて良かったかも、、心配でたまらなかったと思うので。 『川の光外伝』も楽しみです。
  1. 2012/03/29(木) 11:21:33 |
  2. URL |
  3. mariko #av3kInf.
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

パンダ派は意外に少ないらしい…ということがだんだんわかってきました。
『川の光』読んでいただいてありがとうございます!
外伝もよろしくお願いします。
  1. 2012/03/29(木) 21:13:54 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/82-bec7c40a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。