川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『川の光2』に見る東京の地形

『川の光2』が、記念すべき連載200回目を迎えた。
武蔵野を出発したタミー救出部隊は、なんとか渋谷までたどり着いたものの、繁華街の雑踏のなかで互いを見失い、
現在、マクダフは宮益坂の裏通りに、ビス丸は渋谷駅の北側のどこかに身を潜めている。
そしてチッチとタータは駅周辺の地下街で、怪しいドブネズミの集団に囚われの身に…。

動物たちはこれからどうなるのか? タミーは無事救出されるのか?すべては謎に包まれたままだ。
(実は、作者自身にもまだわかっていないことがいろいろあるらしい…と間近で観察している私は思う)

ところで、『川の光2』ウォッチャーとして私が最近ハマっているのが、東京の地形。
特にこの本↓に出合ってから、『川の光2』は地形を意識して読むとより面白いのでは?と考え始めた。



『東京の自然史』が描き出すのは、100万年前から現在に至る、東京の地形の変化である。
地殻変動、海水面の変化、噴火による火山灰や河川による砂礫の堆積、江戸時代の埋め立て…。
1000年に一回の大震災が実際に起きてしまい、日本列島が地震の活発期に入ったと言われる現在では、
100万年というスケールがある種のリアリティを感じさせるから不思議だ。

以下、私がこの本で学んだこと。

・東京は「武蔵野~山の手台地」と「下町低地」からなる。西高東低で、標高差は40m以上。
 台地は洪積層、低地は沖積層。
・台地と低地の境界線は、京浜東北線~山の手線の東側から少しだけ内側に入ったあたり。
 ただし山手線の内側の台地は、河川によって深い谷が刻まれ、起伏が激しい。
・台地の表土を形成する「関東ローム層」は、6万年~1万年前に堆積した富士山の火山灰。
・低地の沖積層の上部は柔らかい細砂と泥層で、建築物の支持力に乏しく、高層建築には不向き。
(東京スカイツリーは地下50メートルまで基礎杭を打ち込んでいるのでOKらしい)

あまりにもおおざっぱな要約ではあるが、上記の内容を頭に入れて『川の光2』の動物たちの行程を見直してみる。
動物たちは武蔵野台地を出発し、杉並~世田谷の山の手エリアを過ぎて、窪地になった渋谷までやってきた。
今後は山の手線の内側に進み、起伏に富んだ地形を抜けて東京タワーで集合して、隅田川の東側の低地に向かう。
(チッチとタータに関しては“地下鉄を使う”という手段も示唆されているが、犬たちは歩くしかないはず…)

堅固な西の台地から山の手へ、そして山あり谷ありの東京中心部を経て、地盤が不安定な海抜0メートル地帯へ…
背景となる場所がサスペンスフルな救出劇に呼応して物語を盛り上げる。
この道筋を思いついた作家としての勘に、我が夫ながら脱帽せずにはいられない。

ちなみに、これまで武蔵野で田舎ねずみのように引きこもり生活を送ってきた我々だが、
4月以降はロケハンのため東京の街に何度か繰り出す予定。
今後はその模様もリポートしていきたいと思う。

スポンサーサイト
  1. 2012/03/24(土) 23:30:53|
  2. 川の光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<白黒動物として生きる | ホーム | 渋谷の地下世界>>

コメント

ドキドキ。。。

「川の光2」を読みたくて、新聞を真っ先に読んでいます。ビス丸、一人ぼっちになってどのくらいたつのだろうか、心配です。。。地下鉄サムも実は親切なおばあさんだったらよいんだけど、、マルコはからんでくるのかな。。。ドキドキ。。。
  1. 2012/03/25(日) 10:05:52 |
  2. URL |
  3. mariko #av3kInf.
  4. [ 編集 ]

Re: ドキドキ。。。

marikoさんこんばんは。
やっぱり皆さん、ビス丸のことを心配してくださるようですね。
図体は大きいけれど、いちばん頼りない感じですもんね…
今後ともよろしくお願いします!
  1. 2012/03/25(日) 22:07:41 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

初めてコメントします。
前出のまやてつさんとまったく同じ状況です。
そして皆さんと同じようにハラハラ心配しっぱなしです。
初めて新聞小説にはまりました。
いつもの小説なら、こんな時は一気に読めばすっきりなのに、読むたびに居ても立ってもいられない気持ちになって・・・。身体が持たない感じです。(汗)
  1. 2012/03/26(月) 22:44:06 |
  2. URL |
  3. ゆうこ♪♪ #-
  4. [ 編集 ]

Re: はじめまして

ゆうこさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
島津さんの絵に惹かれて読み始め、ハマってくださる読者が結構多いみたいです。
今後はさらにハラハラの度合が高まっていくらしいので、楽しみにしていてください!
  1. 2012/03/27(火) 15:05:56 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/81-b2cc9717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。