川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

渋谷の地下世界

まもなく連載200回を迎えようとしている『川の光2』が、緊迫した展開になってきた。

渋谷のスクランブル交差点で仲間たちとはぐれたチッチとタータは、
地下鉄へと通じる階段を下りて構内をさまよっているうちに、
「渋竜会」のメンバーと名乗るネズミ暴力団の構成員に出会う。

under01
↑渋谷の地下世界への階段。

「渋竜会」を支配するのは、「ヒャッ、ヒャッ、ヒャッ」と気味の悪い声で笑う婆さんネズミ。
チッチとタータのこれまでのいきさつを聞いた怪しい婆さん組長はいう。
「ネズミ二匹を首にしがみつかせた犬が、あの交差点を渡る!
はっはあ! こんな面白い話はここんとこ、聞いたためしがないよ。
それでおまえたち、こんな地の底まで降りてきてしまって、途方に暮れているってわけかい」
(夫はこういう“闇の世界の住人”を描くとき、一段と筆が冴えるような気がする…)

渋谷の暴力団といえば、のちに俳優に転身した“インテリヤクザ”安藤昇の「安藤組」を思い出す。
愚連隊を母体に、1952年、渋谷宇田川町を根拠地に発足した安藤組は、1964年に解散。
暴力団の自主解散第一号として注目されたという。
溝口敦の『暴力団』(新潮新書)によると、最近の暴力団は法律に縛られ、資金難、人材難に苦しんでいるらしい。
「暴力団は構造不況業種で、もう行き着くところまで行き着いてしまった」と著者は見ている。
そんななか、地下ではネズミたちが着々と自分たちの悪の帝国を築いていたわけだ。


↑会費や積立金を納める義務があるうえ、本部に日用品を半強制的に買わされたり、
組長が「使用者責任」を問われるのを恐れて、ボコボコにされても復讐できなかったり、
いまどきのヤクザの切ない実態がよくわかる本。

ついでに、まったく違う角度から渋谷の地下を捉えた作品をご紹介。
畠山直哉の『Underground』(メディアファクトリー)は、
暗渠になっている渋谷川のトンネルに潜入して撮影した驚異的な写真集だ。
スクランブル交差点の直下も映し出されている(カバーに使われている写真)。



ender02

↑闇のなかに閉ざされた、「人間に対して徹底的に無関心な」もうひとつの自然。
黒ずんだ油膜が虹色に輝き、カビが神秘的な触手を伸ばす。
驚いたドブネズミやコウモリが逃げ去っていく。
私たちが日ごろ通り過ぎる繁華街のほんの数メートル下に、こんな暗黒が広がっているのだ。




スポンサーサイト
  1. 2012/03/21(水) 23:30:17|
  2. 川の光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<『川の光2』に見る東京の地形 | ホーム | 誕生日来る>>

コメント

地下鉄のサムさん

救出メンバーのみんながバラバラになってしまい、毎日心配しながら読んでいます。 
地下鉄のサムさんが、お婆さんネズミだったなんて!とても驚きました。
早くみんなが無事に再会できますように・・・
  1. 2012/03/22(木) 12:40:44 |
  2. URL |
  3. 鈴木まゆこ #-
  4. [ 編集 ]

毎朝大変です。

いやもう、ずっと毎朝大変なんですが。
私はタータとチッチは場数踏んでいるので、大丈夫!と勝手に思っています。
問題は経験値の一番低いビス丸が完全に迷子になっていることです。
もう心配で心配でしょうがないです。
立派な首輪も奪われてしまって、
今、どんなにか心細い思いをしているでしょう・・・うううあう・・・という心境です。
しかしこの旅が始まってから、ビス丸もちょっとずつ大人になってきているようなので、
彼もきっと「東京タワー」の事を思い出して、
なんとかしてたどり着いてくれるはず・・・と祈っているところです。

しかし、前作でタータとチッチはバスを利用しましたが、
今度は地下鉄とは!まさにヒャッヒャッヒャッて感じです。
近作のタータは冷静でかっこいいです。
  1. 2012/03/22(木) 22:01:58 |
  2. URL |
  3. AUGE #ILjPVbG2
  4. [ 編集 ]

Re: 地下鉄のサムさん

この婆さんネズミは本当に地下鉄サムなのか?
私としては若干疑問が残る感じですが(夫は先を教えてくれないのです)。
ちなみに、この婆さんネズミを描いた島津和子さんの絵がとてもイイ!
と我が家では評判です。
  1. 2012/03/23(金) 11:25:51 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

Re: 毎朝大変です。

そうですね、ビス丸はいったい、どうなっているんでしょうか。
なにしろ図体はでかいですが根はお坊ちゃまですからね。
連載は一回一回が短いので、チームがバラバラになったとき、
他のメンバーの動向がなかなかわからなくてジリジリしますね。
  1. 2012/03/23(金) 11:28:42 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

どうやって地下鉄に乗るのかな?

チッチとタータの勇気そして、サムがどんなアイディアをだすのか期待しています ♪♪
  1. 2012/03/24(土) 17:48:28 |
  2. URL |
  3. あみぐるみワンちゃん #-
  4. [ 編集 ]

毎日気になって仕方ありません!!!

初めてコメントします。
読売新聞朝刊連載中の川の光2途中(キッドとタミーが出会った辺り)から読み始めました。
新聞小説って正直今まで全く興味無く、挿絵で動物が描かれていたので、たまたま読んだ所、すっかりはまってしまい、毎日気になってとうとう今日まで来てしまいました。なんで川の光2なんだろう?とずっと考えていたら、ナント1があったとは!!!とうとうネットで購入し、読み始めました。2も一気に読み終えたい!衝動に駆られています。どうか皆無事で、全員でタミーを助けられます様に・・・。
  1. 2012/03/24(土) 20:41:16 |
  2. URL |
  3. まやてつ #FCWDJ4oA
  4. [ 編集 ]

Re: どうやって地下鉄に乗るのかな?

実際問題、ネズミさんたちが地下鉄で目撃されたらパニックになりますよね。
どうやって乗るのか、私も楽しみです。
  1. 2012/03/25(日) 02:14:58 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

Re: 毎日気になって仕方ありません!!!

まやてつさんこんばんは、コメントありがとうございます!
実は中央公論で連載されていた『川の光外伝』というシリーズもありまして、
初夏ごろには書籍として刊行される予定です。
今後もよろしくお願いします。
  1. 2012/03/25(日) 02:16:47 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/80-6ce85705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。