川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3.11

311

昨年の3月11日、私はまだ会社員で、南青山のオフィスに毎日通っていた。
地震で地下鉄も私鉄も止まり、夫とは連絡が取れず、犬と猫が心配でたまらず、
とにかく一刻も早く家に帰ろうと決意して、会社の向かいのスーパーで自転車を購入した。

青山から吉祥寺まで、必死にペダルをこぎ続け、2時間近くかけて家にたどり着いた。
自転車なので上り坂が苦しく、東京はアップダウンが多い都市なのだと否応なく思い知らされた。
山手通りや井の頭通りを、一見して勤め人とわかる大勢の人たちが黙々と歩いているのは異様な光景だった。
いま思うと、『川の光2』の動物たちの行程を自転車で逆方向にたどったことになる。

『新潮』は最新号で、「震災はあなたの〈何〉を変えましたか? 震災後、はあなたは〈何〉を読みましたか?」
と銘打った大特集を組んでいて、夫もアンケートに答えて「電子冷凍機の悪夢」という文章を寄せている。
「電子冷凍機」とは、手塚治虫の『0マン』に出てくる、原子力ですべてを凍らせてしまう装置のことで、
富士山の噴火を止めるべくスイッチを入れられるが、誤作動で暴走し、地球に新たな氷河期を到来させてしまう。
5歳でこの漫画を読んだ夫は、窮極の「どうしようもなさ」「取り返しのつかなさ」のヴィジョンに深く脅えたらしい。

「わたしがここに書きつけておきたいのはただ、五十年以上の歳月を隔てて、まったく同型の戦慄が
よみがえってきたという鬱陶しい体験の報告に尽きる。浮世離れしたSF的空想のたぐいにすぎなかったはずの
幼児の悪夢が、半世紀後、いきなり現実化したことの驚愕を書き留めておきたいだけだ。
事故直後、暗澹たる思いでテレビを見、新聞を読みながら、この世には何でも起こるのだ、と私は思った。
その暗澹とした気分が、一年後の今、晴れたわけではない。」

私はといえば、震災とくに原発事故の後、以前からの「反=人間中心主義」の傾向がいっそう増幅されることになった。
常々、レヴィ=ストロースの「世界は人間なしに始まったし、人間なしに終わるだろう」という言葉に共感し、
自分も人間の一員でありながら、人間とはどうしようもない過剰を抱えた何かであり、
存在するだけで地球とそこに暮らす生き物に害を与えているのではないか、と疑っていたのだが、それが確信に変わった。

それに反比例するように、以前にも増して動物が好きになり、動物たちを大切に思うようになり、
タミーとハナちゃんの姿を、できるだけ記録しておきたいと考えるようになった。
震災がなかったら、もしかしたらこのブログを始めることもなかったのかもしれない。

スポンサーサイト
  1. 2012/03/11(日) 23:11:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<増大するエントロピー | ホーム | 犬と猫の距離>>

コメント

こんにちは 我が家にも猫が5匹います。3.11以降、彼らのことばかりが心配で、常にどうして守ってあげられるか・・・そのことばかり考えています。 
子供の頃から犬や猫に囲まれていたせいか、今も人よりも犬・猫と一緒にいる方が自然で、彼らがとても大切な守るべき存在で、なるべく偏らないようにと思いながらも、人間は生態系を破壊し地球や彼らを苦しめている自分勝手な愚かな存在なのではないかと考えてしまいます。自分も人なのに。

人も自然も犬や猫やたくさんの動物達、すべてが共存してしていける世界になれないものかと常々考えてしまいます。
支離滅裂な文章になってしまって、すみません。
  1. 2012/03/12(月) 12:39:26 |
  2. URL |
  3. 鈴木まゆこ #-
  4. [ 編集 ]

3.11

あの日僕はただただ怯えていました 決して止まない地震に。 始まりは聞き慣れない緊急地震速報の音、必死で近くにいた猫を抱いていました ストレスからか猫はその日以来毛が抜け落ち今年には他界しました。そのときただ近くにいただけで救われました。3.11にはいろんな思いが詰まっていると思います
  1. 2012/03/12(月) 23:59:43 |
  2. URL |
  3. グレン大好き #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは。いただいたコメントに本当に共感します。
一説によると人間という種の寿命は10万年くらいらしく、
いま人類が誕生して2万年ほどなので、まだ寿命は8万年残っているわけですが
その間に他の生物がどんどん絶滅していくのではないかと不安です…。
  1. 2012/03/13(火) 12:31:28 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

Re: 3.11

猫さん、他界されてしまったんですね…。
私にも経験がありますが、長く一緒にいると、
よく知らない親戚よりずっとショックが大きいですよね。
ご冥福をお祈りします。
  1. 2012/03/13(火) 12:33:35 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/76-0d2ed459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。