川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

100年前の渋谷

oooka01

渋谷の地形について考えているうちに、大岡昇平の『幼年』と『少年』という本を思い出した。
書庫から探し出して読み始めたところ、あまりにも面白くて、止まらなくなってしまった。

大岡昇平は明治42年(1909)に東京市牛込区に生まれ、大正3年(1915)に現在の渋谷駅南側、稲荷橋付近に引っ越して、
以後何度か転居しながら、昭和5年(1930)まで渋谷に住んでいた。
『幼年』と『少年』は、当時の渋谷とそこで過ごした日々を驚異的な記憶力で再現した“ある自伝の試み”である。

時代は今からほぼ100年前。第一次大戦後の好景気のなか、株式仲買人だった大岡少年の父親は相場を当てて裕福になり、
一家は渋谷駅周辺から宇田川町の借家に移り、さらに松濤の高台に居を構える。
少年が渋谷で過ごした15年の間に、渋谷は繁華街として大きく発展していく。

この2冊から見えてくる昔の渋谷は、こんな感じである。

●明治通りのあたりを流れていた渋谷川と、センター街のあたりを流れていた宇田川の水は澄み、メダカが生息していた。
あちこちに水車が回る田園風景が広がり、宇田川町の家に越してきたとき、大岡少年の母は「山家に来たようだ」と嘆いている。

●現在の代々木公園は陸軍の練兵場で、風の強い日には関東ロームの赤土が付近一帯の人家に降りかかり、
住民が廃止を請願していたが、満州事変が起きてうやむやになってしまった。
渋谷市役所のあたりは陸軍刑務所、いまTOHOシネマズがある場所には憲兵隊本部があった。
この時代、渋谷は“軍隊のお膝元の街”というイメージだったらしい。

●街路は雨の日に歩くのが困難なほどの泥濘で、いまより傾斜がきつかった道玄坂の下では、
馬車馬がへばっている光景がよく見られた。

●いま渋谷ヒカリエのタワーが建っている旧東急文化会館の場所は、大岡少年が最初に通った渋谷第一小学校、
東急本店がある場所は、二番目に通った大向小学校だった。

●このころから現在まで残っている渋谷の店は「甘栗太郎」と「大盛堂」の二軒のみ。
現在のマークシティのあたりに、尾上松之助主演作などがかかる「渋谷館」という映画館があり、
ブックファーストのビルの付近の空き地には、よく曲馬団が小屋掛けをしていた。

100年でこうも変わるものかと感慨深い。

来月の「渋谷ヒカリエ」オープンを皮切りに、渋谷駅周辺は今後10年以上にわたる大規模な再開発工事に入る。
東横線の渋谷駅は高層化するらしいから、東口の風景は一変してしまうだろう。
東京という都市では、“懐かしい風景”は、本当にあっという間に消滅してしまう。

oooka02
↑今朝、庭に出てみると、紅梅に続いて、白梅がひっそり開花していた。
「一輪ほどのあたたかさ」的な句を作れないものか…とその場に佇んでいたところ、
今年最初の花粉に襲われ、くしゃみの発作が止まらなくなって、風流な気分が台無しに…。

スポンサーサイト
  1. 2012/03/04(日) 17:13:09|
  2. 川の光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<春の犬映画②『ヒューゴの不思議な発明』 | ホーム | 『川の光2』動物たちは渋谷を無事抜けられるか?>>

コメント

花粉症

「川の光」ではチッチとタータも花粉症になっていましたね、花粉症はこの時季風流と共にやって来ます。  
  1. 2012/03/05(月) 07:53:19 |
  2. URL |
  3. グレン大好き #-
  4. [ 編集 ]

Re: 花粉症

この季節、花粉症の人間にはつらいですよね~。
花粉症の発作をこじらせて、風邪をひいてしまったような気が。
今日は雨だし、家でじっとしていようと思います。  
  1. 2012/03/05(月) 10:26:19 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

挿絵も いいね! いいね!

昨日は、ビス丸、きょうはチッチとタータ 素敵な挿絵・イラストが掲載され心も和みます。はやくタミーが救出されて、ボクといってみんなに感謝しているシーンがみたいです。島津さんよろしくネ
  1. 2012/03/06(火) 17:42:45 |
  2. URL |
  3. あみぐるみワンちゃん #-
  4. [ 編集 ]

Re: 挿絵も いいね! いいね!

島津さんの絵は本当にいつも素敵です。
久しぶりに見たチッチとタータのツーショットも可愛かった…。
  1. 2012/03/08(木) 19:07:38 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/73-51a852bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。