川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハナちゃんという猫

blog02

タミーは呼び捨てなのに、ハナちゃんは常に「ちゃん」付け。
これは彼女の我が家におけるポジションを反映している。
ハナちゃんは疑いなく、家族のなかで最も地位が高い。
「ハナちゃん → 僕 → タミー → 君 の順番だな」と夫はいう。

小柄でほっそりした体格の一見目立たない猫なのだが、
その粘り強さと身体能力は計り知れない。
百戦錬磨のハンターで、バタバタ暴れるヒヨドリのひなを咥えて
片手で網戸を開けて入ってきりする(このときのひなは
なんとか取り上げて逃がした…とても不服そうだったが)。

一瞬前は2階のテラス、一拍置いて振り向くと台所のカウンターの上、
という具合に、家のなかを瞬間移動する。忍者みたい。
そういえば顔の白黒の柄ゆきもガッチャマン風だ。

5年ちょっと前、タミーがやってきたときは、大変気分を害した様子で、
その後はしばらく荒れ、近所の猫と喧嘩して大けがをして帰ってきたりしたが、
だんだん慣れて、いまでは一緒に日向ぼっこをするまでになった。
とはいえ、体をくっつけあって眠ったりするほどの仲良しではない。
どこかで「本当に馬鹿ね、犬って…」と思っているようなところがある。
犬が散歩に出かけると「あ~せいせいする」といいたげに伸びをする。

タミーに比べると、かなり複雑な性格。沽券にかかわるので、
欲しいものの前に来てダラダラとよだれを流すような真似は絶対にしない。
欲しいものは、とりあえず平気な顔で迂回してみたり。

いつも無表情だが(猫は表情筋がヒゲになったために表情がないのだ、という説を
以前に何かで読んだ)実は案外、人間が好きで、犬がいなければ大っぴらに甘えたい。
私たち家族は背中や尾っぽの具合でそんな気持ちがわかる。
可愛くないところが無性に可愛い、味な猫なのである。

blog01
スポンサーサイト
  1. 2011/10/25(火) 10:50:47|
  2. ハナちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<川の光 | ホーム | タミーが愛する人々>>

コメント

挨拶が後になりまして

今日は、挨拶が後になりまして
何故か猫もいました
でも生きもの
長生きするので、もう育てられません
  1. 2011/10/26(水) 15:03:41 |
  2. URL |
  3. とよだきよさだ #NkOZRVVI
  4. [ 編集 ]

Re: 挨拶が後になりまして

> 今日は、挨拶が後になりまして
> 何故か猫もいました
> でも生きもの
> 長生きするので、もう育てられません

コメントありがとうございました!
本当に、なぜ犬や猫は寿命がこんなに短いのか、
せめて倍くらいにならないのかといつも思います。
タミーやハナが死ぬことを考えると戦慄します。
なので、なるべく考えないようにしてますが…。

今後とも「川の光」よろしくお願いします。
  1. 2011/10/26(水) 17:16:37 |
  2. URL |
  3. IZUMI #T8EL3cXQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/7-8bf29399
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。