川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たそがれゆく日々

tasogare01

朝、新聞の一面を見ると、「大飯原発 4月再稼働目標」の見出し。
政治面のコラムでは、自殺防止強化月間のキャッチフレーズ「GKB47」の不評が話題になっている。
文化面を開くと、石原都知事が衰弱しきった現代文学を盛大にディスっている。
日本社会に緊張感がなくなり他力本願が蔓延した結果、国民全体がフリーター化し、
サルトルの『嘔吐』の主人公ロカンタンのように「他人との関わりの中で自分を殺していく
むなしさとか屈辱に耐えかねて吐き気を感じる」人間がいなくなってしまった、のだそうだ。

『川の光2』では、教会ねずみのマルコが酔って愚痴をこぼし続けている。
マルコは酒癖の悪さがたたって、妻や子供にも見捨てられてしまったのである。
彼は酒くさい息を吐きながらタータに絡む。
「ああ、おいらはこんな地下室で、独りぼっちで酒をのみながら、むなしく年を取っていくのか」

要するに、新聞が映し出す世界は今日もまた、とめどもなく暗い。

「『嘔吐』のロカンタンって、こういう理由で吐き気を感じてたんだっけ?」
「ロカンタンは〈実存〉に対して吐き気を覚えるの。自分を殺すも何も関係ありません」
「むなしさとか屈辱とかっていうのは、自分の心境に引きつけての発言なのね」
「そうでしょうね」
「ところで最近、教会ねずみマルコに自分の思いを託してないですか?」
「いやべつに、そんなことはありませんよ。ぼくはまだ妻にも逃げられてないし」
「それにしてはずいぶん熱心に書いているような気が…」
「いや、マルコはあとで再登場して、アル中も治り、大活躍するの。その伏線です。
まあ近頃、黄昏のような何かを感じる瞬間がなくはないけど」
「たそがれ感ね…」
「むなしさと屈辱に耐えかねて吐き気を…」
「えっ!」
「冗談冗談。それはともかく、今回、退職することになって、
いろんな方々が温かいメッセージを寄せてくださるわけだけど」
「退官記念講演のパーティのスピーチはどれも感動的だったよね」
「大久保清朗君も、自分のブログで心の籠もった回想を書いてくれたしなあ。嬉しかった」
「うーん、あれには感動したわ」
「でも、『ほんとに良い人でした』みたいに過去形でこれほど褒めていただくと、
なんだか自分がもうこの世の人ではなくなったような気が…」
「たしかに、ある意味、弔辞に近いのかも」
「これは生きているうちに自分自身への弔辞を聞ける、貴重な機会なのかもしれないね」
「……」
「……」

教会ねずみマルコには、早くシラフになって立ち直ってほしいと私は思う。


スポンサーサイト
  1. 2012/02/07(火) 13:02:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<『川の光』もうひとつの源流 | ホーム | 動物好きの絵師、歌川国芳>>

コメント

マルコさん

こんにちは ここ数日「川の光2」に登場するネズミのマルコさん。自分の現状に不満を持ち、抜け出したくても、なかなか抜け出せず もがいているその姿が、とても哀しく思えました。 
今日お話のの最後に、マクダフ達を救出しに行く、タータ達へかけた言葉がとても心に残りました。少しの間一緒にいただけでも、マルコにとってタータ達は大切な仲間になったのですね。気にかける相手ができたマルコが、早く幸せになれる日が来ることを私も祈っています。
  1. 2012/02/08(水) 15:09:10 |
  2. URL |
  3. 鈴木まゆこ #-
  4. [ 編集 ]

Re: マルコさん

鈴木さんこんにちは!
マルコは本当に酔っ払いで仕方がないやつですね。
でも作者によると、更生して後で思わぬ活躍を見せるようなので
期待していてください!
  1. 2012/02/09(木) 10:06:34 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/62-e7536c52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。