川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タミーの散歩ポエム

sanpopoem01

タミーが深く眠っている。
ときどき瞼や手足がぴくつき、「ぷひゅひゅひゅひゅ」と寝言をいう。
どうやら夢を見ているようなのだが、いったいどんな夢なのだろうか。

ハナちゃんの無意識は言語として構造化されているわけだが、
タミーの無意識は「意識の流れ」状になっているのではないか、というのが私の仮説である。

たとえばこんな感じ。

ああ今日の散歩はたのしかったな久しぶりにK公園にお父さんと車ででかけて
車にのるとぼくは急にうれしくなって前の座席のすきまからついつい身をのりだしてしまって
お父さんは左側の視界がふさがれてあぶないからやめてほしいってぼくをしかるんだけどどうしてもやめられなくて
信号が赤になって手があくとお父さんは左のてのひらでぼくのあたまをなでてくれて
公園の駐車場にはいるとぼくはもう待ちきれなくなって
ドアをあけてもらうとすぐに飛び出して車のまわりをぐるぐるまわるんだ、少しあたまがおかしくなったようなかんじで
ぼくたちはいつもの広場をとおりぬけて人どおりのすくない森のなかの道をあるいていく
そしてぼくとお父さんのひみつの丘にのぼって風にふかれて斜面をかけまわってキャッチボールをする
さむいけどお日さまが真うえにあってつよい光がまっすぐふってきてすごくいいきもちなんだ
いつまでもいつまでもそうしていたいけどやがてお父さんはさむくなってきてタミー、もうそろそろ帰ろうってつぶやく
でもひみつの丘から車まで帰り道をゆっくりふたりで歩いてとちゅうでまたキャッチボールをするのもすごくたのしくて
家にかえって肉球をふいてブラシをかけてもらってソファのうえで散歩のことを思い出しているうちに
ぼくはだんだんねむくなってねむりの波があたまのなかになんども打ち寄せては引いてまた打ち寄せてくる
まるで何年かまえの夏にお父さんとお母さんと泳ぎにいった西伊豆の海岸のなみうちぎわみたいに

sanpopoem02
↑K公園の「ひみつの丘」にて。


スポンサーサイト
  1. 2012/02/02(木) 22:29:38|
  2. タミー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<動物好きの絵師、歌川国芳 | ホーム | 1月の出来事メモ>>

コメント

こんばんは。
先日図書館で中央公論を探して、
外伝の1話と2話を読みました。

色々と思うところがあるのですが、
まとまらないので一言で。

川の光という作品に出会えて私は幸せです。
聞いた話によると、3話は泣かずにいられないとのこと…
楽しみです。

タミーの詩はタミーらしさとゴールデンらしさがたくさん出ていて、思わず笑ってしまいました(^-^)

そしてマルコにも是非幸せになっていただきたいです。
いつも乱文ですいません。
  1. 2012/02/07(火) 22:35:57 |
  2. URL |
  3. AUGE #qjQG7hIU
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

AUGEさんこんばんは。中央公論、探して読んでいただいたんですね。
外伝もそのうちに書籍化されるとうれしいのですが。
AUGEさんのブログも時々拝見しています。
しゃどうさんの記事には思わず涙してしまいました…。
  1. 2012/02/07(火) 23:38:21 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/60-7a57ca9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。