川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

静かなる男



松浦トン。
本名はトッカータ。
しかしそんな格調高い名前はとうの昔に忘れ去られて、
いまでは「トン助」とか「トン吉」とか「トン太郎」とかその場で適当に呼ばれる日々。

彼は静かなる男。
おっとり構えて慌てず騒がず、頓狂なフーが棚から物を叩き落としたり
花瓶を蹴り落としたりなどして狼藉をはたらく様子を、脇でぼやっと眺めている。
食事どきにも少し遅れて現れ、弟(兄という説も)が食べ散らかしてから、おもむろに食べ始める。
フーがジョー・ペシなら、トンはジョン・ウェイン、
フーが文太なら、トンは健さん。

IMG_3889.jpg

背なぁ~で泣いてるうぅぅ 唐獅子牡丹~♪

IMG_3871.jpg

ドンキホーテとサンチョパンサという見立ても成り立つかもしれない。
もちろん風車に向かっていく狂った騎士がフーで、従者のサンチョがトン。

いずれにしても、トッカータとフーガという雰囲気では、まったくなくなってしまったのが惜しまれる。






スポンサーサイト
  1. 2015/02/16(月) 20:59:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<フーの成長 | ホーム | ごはん論>>

コメント

名コンビ

こういう二人、いるよなぁ、と思ったのに、実例はなかなか思いつかず・・・。
最初、萩原健一さんと水谷豊さん(「あにきぃ~」)をイメージしましたが、トン助さんは、もっと骨太な感じだし・・・。
骨太な俳優と言えば、ロバートデニーロですが、コンビ物となると「アナライズミー」辺りしか思いつかず・・・。
シャーロックホームズとワトソンもいいなと思いましたが、フーちゃんのキャラが、シャーロックのようにもワトソンのようにも思えてしまうし・・・。
結局、一番しっくり来たのが、清水次郎長と森の石松、でした・・・。想像力が乏しくてすみません(-_-;)。
  1. 2015/02/18(水) 10:50:58 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/426-cdb8e301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。