川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今そこにある危機

今そこにある危機
──トム・クランシーふうラジオドラマ(一幕)

作:タミー
代筆:タミーのおとうさん

登場動物
フー アメリカ合衆国大統領
トン 同国務長官
のの ホワイトハウス報道官
タミー(作者特別出演) 清掃員

IMG_3718.jpg
フー大統領

IMG_3694.jpg
トン国務長官

IMG_3648.jpg
のの報道官

IMG_3761.jpg
清掃員タミー

(緊迫感のある音楽、入り乱れる駆け足の音、怒鳴り声の交錯)
トン (ホワイトハウスの地下50メートルにある、核シェルターを兼ねた緊急臨時参謀本部に足早に入室しながら)
なんだ、なんだ、いったいなにが起きた?!
のの 国務長官、緊急事態です! 大統領が……大統領が……。
トン おお、操作パネルのうえで、なにかをチャイチャイしておられるが、あれは……?
のの (ほとんど悲鳴で)あれは核ミサイル発射装置の解除キーです!
トン なんということだ、そんな大事なものを……。だれか、制止する者は……?
のの ここにはもう、わたししかいません! 大統領がさきほど、SPをふくむ全員に退去を命じられたので……。
トン (フーに駆け寄って)大統領、お気をたしかに!
フー ウッキッキー! キッ、キー!(と猿声をあげつつ、嬉しそうにキーをチャイチャイしつづける)
トン 大統領、大統領……。どうか、それをわたしのほうへ……。よし! そうです! ウニャッ!
 (と、じぶんのほうへ転がってきたキーをつい、前足でチャイッとはじき返してしまう)
フー キエッ! (と、フー、そのキーをまたチャイッとはたき返す。キー、あさっての方向へ転がってゆく。
2匹、それを追いかける)
トン ウニャッ! ウニャニャニャ、ウニャ!
フー ウッキー、キッ、キッ、キー!(キーを追って2匹、操作パネルの上を楽しそうに走りまわる)
のの (金切り声で)国務長官、一緒になって遊んでいてどうするんですか!
トン (はっとわれに返って)おお、そうだ……いかん、いかん……。大統領、どうかしっかりしてください。
さ、それをわたしに……。
フー キエッ!(とひと声さけんで、キーをすばやく鍵穴へさしこみ、ロックを解除してしまう)
トン 何をするんですか!(トン、あわてて大統領に近づき、制止しようとするが、のの、いきなりトンに飛びかかり、
上からがしっと押さえつける)あっ、のの報道官、何をする、やめろ! 早く大統領を止めないと……。
のの (口調が変わって、ドスの利いた低い声で)いいんだよ、やらせておき。
トン だって、あれは核ミサイルの……。
のの そうだよ。いいんだよ。好きなようにやらせておき。
フー (パネルの暗証コードをすばやく入力するなり)キエッ、キエッ、キエッ、キエッ、キエッ、キエッ!
(と叫びつつ、両前足を交互に打ち下ろし、パネル上の核ミサイル発射ボタンを、
ぽむ、ぽむ、ぽむ、ぽむ、ぽむ、ぽむ、とぜんぶ押してしまう)
トン ああ……(絶望的なうめき声で)大統領、なんでまた、そんなことを……。
のの なんでって、面白いからだろ。ふっふっふっふっ……よしよし、大統領さん、よくやったね。えらい、えらい。
トン のの、おまえ、いったい、どういうつもりで……。
のの おほほほほっ! これで、全米の基地から、120基の核弾頭搭載ミサイルが発射されたのよっ! 
アメリカが仮想敵国と見なす世界中の国の軍事基地や原発めがけてねっ!
トン ああ、なんということ……ただちに反撃がはじまるぞ……何十億人もの死者が出る……世界の破滅だ……。
のの 世界なんか、破滅してもいいのよ。あたしの仲間はとっくに核シェルターに避難しているし。
トン おまえ、いったい、なにものなんだ?!
タミー こやつの本名は、ノノラミーナ……(という落ち着きはらった声が背後から聞こえ、トンもののも、
飛び上がるほど驚いてふりかえる。
そこには、モップとバケツを持ち、作業衣を着た一頭のゴールデンレトリーバーが微笑を浮かべている)
トン おおっ……きみは……たしか清掃員の……?
タミー そうです。清掃員のタミーです。国務長官、このメスねこは、国際指名手配中の凶悪な女テロリスト、
ノノラミーナです。
のの 何だい、おまえは、とつぜんしゃしゃり出てきやがって!
タミー (ののに)言ったでしょ、清掃員のタミーですよ。(トンに向きなおり)こやつは身許を偽装して、
こんなところに潜入していたんですね。大統領をあやつり、世界を破滅させようとする邪悪なたくらみを心に秘めて。
のの そうさ、そうだよ。そして、それは成功した! おっほっほっほっ!(と呵々大笑し、ようやくトンの体のうえからどく)
トン (解放されてよろめき、床にへたりこみつつ、力のない声で)タミー、それがわかっていて、きみはなぜ、
このメスねこの陰謀を阻止できなかった? そもそも、きみはいったいだれなんだ? 清掃員というが……。
タミー では言いましょう。ぼくは実は、CIAのエージェントなんです。アメリカ海軍特殊部隊(ネイビー・シールズ)に
所属していたこともある者です。この数か月来、ホワイトハウスの清掃員になりすまし、
この女テロリストをひそかに監視していたのです。確証をつかもうとして……。
トン 確証だとお!(と怒鳴りつける) 何をのんびりしていたんだ。こうなってしまっては、もう手遅れじゃないか!
 もはや、この地球上の文明は滅亡する……。
フー ウッキッキーッ、キエッ、キエッ!(と叫びつつ、仰向けになって床のうえを嬉しそうに転げまわる)
タミー (さわやかに)あっはっはっはっ。いやいや、ご心配には及びません。ここにある機械はぼくがさっき、
ねじ回しで配線を付け替えておきましたからね。さっき大統領が押したボタンは、インターネットの
「カクヤス! おいしいおいしいニャンコごはん」というサイトの注文バナーにつながっているだけなんです。
のの (驚いて)ええっ! じゃあ、核ミサイルは……。
タミー むろん、発射なんかされてないよ。
のの (がっくり肩を落とし、悔しそうにうめく)ううっ……この猫目小僧のこねこ大統領を洗脳するために、
これまであんなに苦労してきたというのに……。
タミー あははっ。(一団の軍靴の響き、駆け足で近づいてくる)おう、ようやく来たかな。
ノノラミーナ、武装SPが到着した。もう逃げられないぞ。
トン タミー、よくやった。きみはすごいやつだな。
タミー なあに、大したことはないです。あ、そうそう、先ほど大統領が押したボタンで注文メールが送られましたので、
近々、高級ねこ缶が120個、届きますよ。
トン (舌なめずりして)おお、それは楽しみだな。(のどをゴロゴロ鳴らしはじめる)
タミー しかもすべて、大統領と国務長官のお好みの銘柄にしておきました。
トン (感動して)タミー、きみは世界を破滅の淵から救ったばかりか、ホワイトハウスのねこ食生活の改善にも貢献した。
きみに国防総省勲章を授けるよう、手配しておかねばな。
(フー、満足そうにのどをゴロゴロ鳴らしている)
トン どうやら大統領も賛成しておられるようだ。
のの ふん、これで終わりだと思ったら大間違いだよ。(手錠をかけられSPに連行されてゆくののの棄てゼリフ、
遠ざかってゆく)あたしはきっと戻ってくるよ。I'll be back...
ナレーション (大平透か若山弦蔵のような重厚なバリトンで)今回、超優秀でたいそう機転が利き、
そればかりか顔も性格もとても良いと言われている一匹のゴールデンレトリーバーのはたらきで、
世界はかろうじて救われた。しかし、今そこにある危機──それはなお続く。
猿声で鳴く凶暴なこねこが合衆国大統領に就任しているかぎり……。
(フーがなにかの金属片をチャイチャイする不吉な音。それに重なって、不安感をただよわせるエンンディングの音楽)

(おわり)
スポンサーサイト
  1. 2015/01/18(日) 11:43:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<液状化する猫 | ホーム | ひなたぼっこ>>

コメント

その頃のハリソンフォード、大好きでした。

待ってました、大統領!・・・って、フーちゃんのことじゃないですよ。先生ですよ、先生。
嬉しいなぁ~。ようやく、脚本家転向のご決心がついたのですね(?)
今回は、お写真もいいですね!IZUMIさんの作ですか。フーちゃんがキーボードを踏み台にしてるところで、もう笑っていました。そして、タミーちゃん、最高!清掃員?(私には、聖母マリア様にも見えました)可愛くて可笑しくて、大笑いしちゃいました。
今回の作品は、ジャックライアンというより、007ジェームスボンドの雰囲気がありますね。
あんなに愛していたののちゃんを敵役にするとは。先生、ひょっとして、失恋(?)の恨みが、ちょっと入ってますか(図星)?
大事なキーをぞんざいにチャイチャイする姿を想像して「ふふっ」、途中で、「キー」という鳴き声と「キー」のダジャレに「くすっ」。でも、そのうち、本当に、「ぽむぽむ」(この、ひらがな書きがまたいいです)してしまい、あらあら、これはどうなっちゃうのと手に汗にぎり・・・。最後はタミーちゃんの活躍で、平和が戻りましたね(この辺は「、川の光」を思い出しました)。よかった、よかった。パチパチパチ!高級ねこ缶が120缶も届くおまけつき。「カクヤス! おいしいおいしいニャンコごはん」のサイト、ぜひ私にも紹介して下さい。うちのトラにも注文したいと思います!
先生、覆面作家で、「文学界」に掲載したらどうですか。今話題のM吉(注:「きち」ではない)さんなんて目じゃないくらい売れますよ!このシリーズ(もうシリーズ化?(笑))、当人、ならぬ、当ニャンと当ワンの豪華キャストで、ぜひ劇か映画にしちゃいましょう!
次作はいつかな~?このまま、ずっと「危機」が続いてくれればいいな、と思っている私です。
  1. 2015/01/18(日) 23:35:50 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/419-163d7116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。