川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2011年動物本ベスト5 その① 『想像するちから』

今年も早いものでもう終わり。いろいろなジャンルで「2011年回顧」や「今年のベスト」が発表される季節だ。
そこで、このブログのテーマである「動物」に限定して、2011年の「超私的ベスト5」をシリーズで紹介していこうと思う。
今年は「動物本」の当たり年。動物というテーマを抜きにしても、
ベスト本として充分に通用する名著がめじろ押しだったような気がする。

シリーズその1で取り上げたいのは、『想像するちから チンパンジーが教えてくれた人間の心』(松沢哲郎/岩波書店)。
今年の毎日出版文化賞、科学ジャーナリスト賞を受賞している本なので、すでに読まれた方も多いのではないだろうか。



京大の霊長類研究所教授・所長である著者は、1978年から「アイ・プロジェクト」と呼ばれるチンパンジーの研究を始め、
1986年以降は毎年アフリカで野生チンパンジーの生態調査も行っている。
著者の興味は、人間に一番近い動物であるチンパンジーの心の研究を通して、
“人間とは何か”という哲学的な問いの答えを発見することにある。
…と説明してしまうと、なんだか堅苦しい内容のようだが、これほど初心者にも読みやすく、
かつ科学的な刺激を与えてくれる本も珍しい。
フィールドワークと研究所での観察から導き出された知見にはどれもハッとさせられるのだが、
特に印象的だったのは以下の指摘だ。

・チンパンジーは積木を積めるし、教えていないのに自発的に角を合わせる。
また、積木の塔が倒れるとご褒美がもらえるので、単純な学習理論から考えると早く倒したほうがいいのに、
なんとか高く積もうとする。いわば無償の行為である。
・利他的な行動もよく見られる。マンゴーの実は必ず二個取ってくる。一個は自分用、もう一個はプレゼント。
・研究所でのチンパンジーの行動と、人間の自閉症スペクトラムが示す症状(アスペルガー症候群など)は似ている。
ただし野生のチンパンジーには自閉症的に感じる行動はない。
・チンパンジーは人間よりはるかに優れた直観像記憶をもっている。人間はこの能力を手放す代わりに、
言語を手に入れたのではないか?
・チンパンジーは「今ここ」の世界に生きているから、寝たきりになっても絶望しない。
人間は「想像するちから」を持っているので絶望する。だが同時に、希望をもつこともできる。

この本で何よりも感動的なのは、どのページにもあふれるチンパンジーへの純粋な愛だ。
「チンパンジーは“サル”ではない、人間と同じヒト科に属している」と明言し、“一匹、二匹”ではなく“ひとり、ふたり”、
“オス、メス”でなく“男性、女性”と書くスタイルにも、それが表れている。
著者は絶滅危惧種であるチンパンジーの保護活動にも積極的に関与していて、
生息地を拡大するためにアフリカに植林する「緑の回廊プロジェクト」をこつこつと進めている。
この本の印税も、プロジェクトに全額寄付されるという。

蛇足だが、読んでいる途中で脳裡をよぎったのは、日頃タミーを観察して興味をひかれた行動の数々である。

たとえば、タミーは公園で流水をごくごく飲むのが好きなのだが、
どこの公園に行っても、どんな形態をしていても、水飲み場をすぐに見分けてしまう。
家で汲みたての水が飲みたいときは、蛇口がある風呂場の前まで行って扉を開ける身振りをする。
その身振りをすると、人間が水を取り替えてくれると知っているのだ。

「象徴的な言語だ…」と私と夫はそのたびに感心しているのだが、ただの犬バカ、というか犬奴隷だろうか…

bestbook01


スポンサーサイト
  1. 2011/12/17(土) 23:59:24|
  2. 動物の本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2011年動物本ベスト5 その②『グーグーだって猫である』 | ホーム | 『川の光2 タミーを救え!』100回記念>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/41-8adb53ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。