川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猫登り



台所で洗い物をしていると、背後で不穏な気配。
そしていきなり脚に無数の小さなピッケルを打ち込まれたような激烈な痛み。
そうだ、奴らがやってきたのだ…
あの戦慄の仔猫軍団が…

まだ高さ40cm以上の棚やカウンターには飛び乗れない仔猫たち。
しかしそこはやはり猫、どうしても高いところに行きたい。
そこで、利用できるものはなんでも利用しようと、人間の体を次々とよじ登ってくる。

これが痛いのなんの。
ジーンズならまだいいのだが、パジャマだったりするともういけません。
3対の鋭い爪が肌に食い込み、思わず悲鳴を上げずにはいられない。
「痛い! 痛い! お願い! やめてぇええええ! いだだだだだっ!」

叫んでいたら夫が困惑した顔でやってきた。
「あのね」
「なに? あっ痛!」
「その痛みは僕もよ~くわかるんだけどね」
「あ~肩の上に乗っちゃった…」
「きみがそうやって絶叫していると、まるで僕がDV夫みたいじゃない?
ご近所に疑われると困るから、登られても耐えて。ね。ね。ね」

たしかにこれは、疑われても仕方がない状況だ…

というわけで、急遽、仔猫用のキャットタワー導入を計画中。

スポンサーサイト
  1. 2014/10/04(土) 10:00:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ハナちゃん一周忌 | ホーム | 仔猫列伝>>

コメント

思い出しました。
洗顔時も危険なんです。少し前かがみでいると、一気に駆け上ってきます。
背中は傷がいっぱいでした。
懐かしいです。
  1. 2014/10/04(土) 13:35:32 |
  2. URL |
  3. コマダム #-
  4. [ 編集 ]

登ってるのは、フーちゃん?

普通に、読んでましたら、松浦先生の
DV発言のところで、大爆笑しました(笑)
IZUMIさん、先生のために、痛みに
耐えてくださいませ。
  1. 2014/10/04(土) 18:37:38 |
  2. URL |
  3. くみたん #fwkSvwQ6
  4. [ 編集 ]

物語や映画には「3匹」が多いですよね!

痛みに耐えながらも、お顔は笑顔なんでしょうね~。
どんな仕打ち(?)を受けても、うるうるした瞳(前回のフーちゃんのような)で見つめられたら、全てを許してしまうことでしょう。
トンちゃんったら、先生の本を下敷きにするなんて、早くも大物の片りんが垣間見えますね。
先生の少年の心に一番近いのは、トンちゃんかな。
でも、外観でいうと、先生に一番似ているのは、知的な雰囲気を漂わせるののちゃんかと・・・。鼻筋なんて、そっくりですよ!
1か月も一緒にいると、やっぱり別れは辛くなりますよね。
動物好きな方に聞くと、1匹から2匹へのハードルはちょっと高いけれど、それ以上は2匹も3匹も4匹ももう一緒なんだとか・・・?(←悪魔の囁き?)
私も、この3匹の物語をずっと見ていたいな~、なんて・・・(すみません、無責任なリクエストで)(笑)。
  1. 2014/10/04(土) 21:55:40 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

はじめまして。
子猫に登られるの痛いですよね。

一時期7匹いたので、両足に2匹ずつとか登られて…ちょうど弱っていたのか傷が膿んで、足の付け根にグリグリができて、猫ひっかき病と診断されました。

150センチくらいの高さのキャットタワーは元々キッチンカウンターの後ろに猫たちのキッチン見物用に置いてあったのですが、子猫らは、そのキャットタワーから背中に向かって飛びついてきますから、あまり解決策にはならないと思います。

一時期だけなので試練に耐え抜いてください。
  1. 2014/10/08(水) 06:14:51 |
  2. URL |
  3. にゃんまろ #TbNutMZo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/385-43e9fea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。