川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アートな夫婦の映画

台所に夫がつつつっ…と音もなくやってくる。
そして忙しく働く私の背後に亡霊のように立ちつくし、何度も大きなため息をつく。
やがて彼は原稿が書けない(正確には書く気になれない)自らの窮状について哀れっぽく訴えはじめる。
「今度という今度は、ぼくはほんとうに駄目になってしまったのかもしれない…」
この間、とくになにか手伝ってくれるわけではない。
「このままいくと来月の『S潮』に空白のページができてしまう…」
私は冷蔵庫からマリネしておいた鶏の骨付きもも肉(夫の好物)を取り出しオーブンにセットする。
「ぼくはM君(担当編集者さん)に土下座して謝らなければならないかもしれない…」
私はじゃがいもを火にかけ、ホウレンソウを水に浸して洗い物にかかる。
そんな私の背中に、畳み掛けるように弱音を吐き続ける夫。
「きみもこんな男とずっと一緒にいて、さぞかし気持ちが塞ぐことだろうよ…」

ほんまに気が塞ぐわ。

家にいるとずっとこの調子でたいへん鬱陶しいので、気分転換に近所のバウスシアター
(5月末に閉館という悲報が…)に映画を見に出かけた。
たまたま上映していたのは『キューティ&ボクサー』というドキュメンタリー。
いろいろありながらも40年間一緒にいるアートな夫婦の話だった。

無題

映画はブルックリン在住のアーティスト篠原有司男(80歳)と
その奥さんの篠原乃り子(59歳)の日常を淡々と追いかけていく。
生活の細部と過去の映像から、この奥さんが相当に苦労したことが伝わってくる。
19歳で21歳年上の破天荒な前衛芸術家と結婚し、半年後に妊娠。
いつしか実家からの仕送りは途絶え、夫はアルコール依存症に。
いまも暮らしは楽ではなさそうで、家賃は滞納しているし、天井からは雨漏りがするし、
40歳を目前にした一人息子もアルコール依存症になりかかっている気配…。

しかしこの夫婦、アートのことだけ考えて生きてきたためだろうか、たたずまいが清潔で美しい。
ふたりとも年齢を超越して人間として可愛らしく、なんともいえず魅力的なのである。
乃り子さんいわく「(結婚生活は)ものすごく大変だったけど、もう一度やるかと言われたら、やると答える」。
そうなんだろうなあ。私なんてまだまだ修業が足りないなあ。

とにかく、とても面白いドキュメンタリーだったので、もう公開は終わってしまいそうだけれど、
DVD化されたらぜひご覧になることをお勧めします(とくに既婚者の方)。
私がなぜか好きだったのは、飼い猫を洗うシーン。
こんなにおとなしく洗われる猫は初めて見たかも…。




スポンサーサイト
  1. 2014/03/07(金) 22:21:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<長い間、ありがとうございました | ホーム | このごろのわたくしたち>>

コメント

イズミさんって。。

関西の方だったんですか?
不謹慎ながら、笑ってしまいました。。
そうですよねぇ。この日記のおかげで「○潮」への
連載の先生の意気込みを知られてしまいましたもの
ねぇ。期待感の重圧に押し潰されそうなリアル先生
のドキュメント。でもこうなったら、ツツイヤスタカ路線
で破天荒に暴走するしかないんじゃないでしょうか。
・・あるいはアンドレ・ブルトン路線の自動書記路線
で。いままでにない作風が開けるかも。
とにjかく文壇的フレームなんかぶっ飛ばすいきおい
でお願いします。
  1. 2014/03/08(土) 09:36:44 |
  2. URL |
  3. ムル #-
  4. [ 編集 ]

ハリセンペインティング!

はじめまして!


『Cutie and the Boxer 』 とても面白そうな映画ですね。


去年の「九份に行ってきました」というブログを読ませていただいて以来、

その手があったのかと「ハリセン」をさっそく作り、

夫の頭をバシバシとしばき倒してストレスを発散する日々ですが、

(いい事を教えて下さって、いつかお礼を言わねばとずっと思っていました!
ほんとにスカッとしますね!! 笑 )

この篠原氏のボクシングペインティングを見て、

ハリセンペイティングでもやってみたくなり、

変な創作意欲(?)がムクムクとわいてきました!

ああ、試してみたいッ! DVD化されたら是非見たいです。


それから。。。おとなしく洗われる猫ですか?

よろしければこちらをご覧下さい。
  v-155
http://www.youtube.com/watch?v=M7SHhby3v_A#t=56

こちらも併せてどうぞ。
  v-155
http://www.youtube.com/watch?v=QXc-Jfs3sds



では。。。


  1. 2014/03/08(土) 09:57:08 |
  2. URL |
  3. フェル博士 #ajCLRenQ
  4. [ 編集 ]

・・あのう

前にも書きましたけど、このムルっていう精神寄生体のやつは設定が「嫌がらせキャラ」なんです。
宿主のほうはいたって小心な臆病者なんですがね。
宿主のほうは松浦先生をとても尊敬しているのです。だから、ムルの放言は見逃してやってください。。(これは、ムルが書いています。臆病者の宿主はたいへん無口な奴ですので。)
  1. 2014/03/08(土) 23:13:39 |
  2. URL |
  3. ムル #-
  4. [ 編集 ]

あ、そうだ。。

松浦さん、回想録、自伝、私小説みたいの書くのはどうですか。みんな、松浦さんの人生にすごく関心を持っているんだから。幼年期からずっと、大学退官、あるいは紫綬褒章受賞(でしたよね?)にいたるまでの松浦さんの人生の軌跡って、多くのひとが関心持ってることだもの。ぜひ、それをお書きになれば、どうでしょう。
  1. 2014/03/09(日) 10:28:54 |
  2. URL |
  3. ムル #-
  4. [ 編集 ]

いつも応援しています。

IZUMIさんの後ろをついて回る先生のお姿、本当に可愛らしいです。IZUMIさんの文章が素晴らしいので、まるで映画の台本(カット割りの)でも見ているかのようです。先生のところも、ぜひ、いつかドキュメンタリーを。でも、そんな可愛らしい姿は、作品のどこからもうかがえず、堂々として刃のように鋭いのが素晴らしいです。これをお書きになる前に、「ぼくはもう・・・」「生まれて来なければ・・・」などとおっしゃっていたとは、とても想像できません。プロって、やっぱり凄い!肩で風を切って歩くようなその後ろ姿に、思わず、また黙ってついて行きたくなってしまう私です(?)。先生、例え雑誌に穴があこうと、ファンはいつまでも待っているので、全然大丈夫ですよ。(←なんて言うと、編集者の方に申し訳ないですが、でも、そのくらい楽な気分で書いて下さいという意味です。)先生の作品を楽しみにしているファンは沢山いますので、将棋のソフトもいいですが(←図星?(笑))、そろそろ、私たちのお相手(作品を通じて)もよろしくお願いいたします。先生、頑張って下さい!
  1. 2014/03/09(日) 14:37:22 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

大爆笑です

今夜、トーク&サイン会の時、
思い出し笑いしそうです。
  1. 2014/03/10(月) 12:58:58 |
  2. URL |
  3. くみたん #fwkSvwQ6
  4. [ 編集 ]

関西人?

ムルさん、私は東京生まれなんですが、
時々妖しい関西弁になってしまうのです。
フエル博士さん、おとなしく洗われる猫のみならず、
お湯につかるのが趣味の猫もいるんですね…
  1. 2014/03/11(火) 16:27:26 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/377-62c3b9b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。