川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミニ京都旅行

IMG_2659b.jpg

このところ毎月のように京都造形芸術大学に招かれている夫に同行して、真冬の京都に行ってきた。

IMG_2640b.jpg

ついでに建仁寺両足院で開催中だったミヒャエル・ボレマンスの特別展を見学。
通常は非公開の塔頭の茶室を使って、いま東京の原美術館でも個展が行われている注目の画家
(ベルギー出身)の墨絵を2点展示していた。
「なんだかよくわからない作業に従事している人間」をモチーフにすることが多いアーティストで、
この掛け軸でも、花を持つ手の謎めいた表情が印象的である。

IMG_2652b.jpg

建仁寺の襖絵「雲竜図」のちょっとお茶目な龍。高細密デジタル複製が常設で公開されている。



祇園の裏通りを歩いているときにジミーをホテルに忘れてきたことに気が付き、パニックに陥る夫。
ジミーとは彼のかわいいiPad miniの名前。最近、夫はすっかりジミーに依存しており、
一瞬でも手元にないと、お皿に水がなくなった河童のようにしおれてしまう。
別に株価をチェックしたり緊急のメールをやりとりしているわけではなく、
ひたすら将棋ソフトでコンピュータ相手に戦っているだけなのだけれども。

ジミーは原稿の執筆を妨げる大きな原因になっているように見受けられるので、
近々私の管理下に置いて「一日1時間まで」と定めようかと思っている。まるで小学生の母親みたいだが。

東京に戻って代官山の蔦屋書店のサイトを見たら、ミニトーク&サイン会の詳細が発表されていた。↓
http://tsite.jp/daikanyama/event/003323.html

この書店で本をお買い上げいただいて整理券をゲットすることが参加の条件のようなので、
すでにご購入済みの方や地方在住の方のために、ミニトークの内容は私ができるだけ忠実に採録し、
追ってここでご紹介しようと計画しております。




スポンサーサイト
  1. 2014/02/24(月) 14:45:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<発売日! | ホーム | 『川の光2』の見本届く!>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/02/24(月) 15:42:42 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

やっと来てくれました!

待ちに待ったこの日がやってきました なんだか手が震えてしまいました ハナちゃんを思いながら大切に読ませていただきます
姪っ子にもプレゼントするつもりです
先生 IZUMIさん素敵な物語をありがとうございます
  1. 2014/02/24(月) 22:17:25 |
  2. URL |
  3. なぎ子 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/373-dc2ac011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。