川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昭和の犬



直木賞を受賞した『昭和の犬』を読んだ。

この作家を読むのは初めてだが、なにしろタイトルがあまりにも魅力的である。
犬飼いとして非常に興味をそそられてアマゾンで検索したら、kindle版が出ていて、ついポチってしまった。
さすがは電子書籍、瞬時にダウンロードされ、iPad miniであっという間に読了。

主人公の柏木イクは昭和33年、滋賀県生まれ。彼女の5歳から49歳までが、8編の連作で綴られていく。
父親は気難しくて家族に厳しく、夫と心が通わない変人の母親も、娘に冷たくあたる。
だがそんな家にも、なぜかいつも犬がいた。
やがて逃げるように家を出て東京の大学に進学したイクだったが、
間借り先の家でも、さまざまに問題を抱えた家族、そして犬を目撃することになる。

カバー写真の犬が、クローズアップでなく引きで捉えられているのと同様に、
小説のなかでも、犬は主役ではなく、遠景にいる脇役だ。
しかし彼らは、うまくいかない家族の隙間を埋める存在であり、
飼い主の葛藤や寂しさや、時代に踊らされる軽薄さを映す鏡でもある。

私は本格的に犬を飼ったのはタミーが初めてで、
この小説の語り手のように、実家で次々と犬を飼っていた記憶もない。
だから昭和30~40年代の田舎の町における犬の飼い方の描写はとても新鮮だった。

「鎖でつないでおくわけでなし、予防注射をするわけでなし、朝と夕に残飯を与え、
犬の名を自分が好きなものに定めて、気が向けばその名を呼ぶ。
それだけで「飼っている」のである。だから、あたりの道を犬がよく歩いていたし、
「飼っている」犬がよく犬捕りに捕まえられたりした」


主人公の家に最初にいた「トン」という犬などは、近所の人たちを噛みまくって問題になるが、
それでも放し飼いのままで、菓子折りを持ってあやまりにいく程度で済んでしまう。
犬がいなくなると飼い主はいちおう残念がるが、すぐに次の犬がやってくる。
そのころの犬はほとんどが雑種。おそらく寿命もあまり長くなかっただろう。

主人公が成長して東京に出てくると、コリー、シェットランドシープドッグ、マルチーズ、ポメラニアンなど、
その時々の流行りの犬たちが登場して、リードでつなぐことが義務づけられ、
犬小屋で外飼い→室内飼いへと進化していく。その対比もおもしろい。

私がいちばん好きだったのは主人公のお父さん。
シベリア抑留で辛酸をなめた経験からか、感情のコントロールができない難儀な人なのだが、
なぜか犬からは即座に信頼され、どんなに凶暴で噛み癖のある犬でも瞬時になだめてしまう。

虚実ないまぜではあるけれど、かなり自伝的と思われるこの作品の核心は、
本当はこのお父さん、サディスティックなお母さん、および主人公がそんな家族関係から受けた
生涯癒えない傷なのではないだろうか。最近流行りの短編連作という形式の縛りがあるため、
その部分はあまり掘り下げずにさらっと軽快にまとめた感があり、ちょっともったいない気もした。
とはいえ、犬を登場させながらセンチメンタリズムに陥らないのはとても好感がもてた。
(最後に出てくる「マロン」という犬をめぐるエピソードでは、つい犬への愛が爆発してしまった感はあるが…)

それにしても、淡々と生きそして死んでいく昭和の犬たちに比べると、タミーのなんと過保護で甘ったれなことか。



(引き続き水彩風アプリにハマり中。いろんなタッチを選べるのだが、これは「イラスト風」)

スポンサーサイト
  1. 2014/01/21(火) 20:41:54|
  2. 動物の本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本日の球根 | ホーム | すごいアプリ発見>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/361-9141184e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。