川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月の朝



こんな夢を見た。
私は昔みたいに雑誌の編集者で、なかなかやってこないインタビュアーを待っている。
目の前には村上春樹が座っている。
ここはいまは取り壊されてしまった丹下健三設計の旧赤坂プリンスホテルのティールームらしい。
私は、ああこんなにお待たせして申し訳ないなあ、それにしても相変わらず保坂和志さんにそっくり、
などと思いながら話の継ぎ穂として
「残念でしたね、ノーベル賞」と話しかけてみる。
すると村上氏は目の前に置かれた幕の内弁当を箸でつつきながら
「可哀想でしたね、猫」と答える。
なんでこの人はハナちゃんのことを知っているんだろう。
「ところで幕の内弁当っていうのはね、サンドイッチにするのが一番うまいんですよ」と村上氏。
そういう彼の顔はいつのまにか真っ黒に日焼けして、さらにどんどん焦げていき、
やがて発火するセルロイドのフィルムみたいに燃え上がっていく。
ああ燃えてしまう、と手を伸ばしたところで目が覚めた。

冬の朝、こんな悪夢を見て目が覚めると、足の上にハナちゃんがずっしりと乗って
体を圧迫している、ということがよくあったっけ。

寝ぼけまなこで庭を眺めると、植えてもらった白樺のてっぺんに朝日が当たっている。

この10日間、たくさんの温かい言葉と励ましをいただいたことを思い返す。
たとえ最期があまりにも突然で気の毒すぎたにせよ、
数えきれないほどの猫が毎日、この地球上で生まれてはひっそりと死んでいくなかで、
多くの人に記憶され、愛されたハナちゃんは幸せものだ。
皆さん、本当にありがとうございます。
私たちのショックは少しだけ和らいできました。
喪失感が癒えるまでには、もうちょっと時間がかかると思いますが…。


スポンサーサイト
  1. 2013/10/14(月) 09:11:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<そして人生は続く | ホーム | 夫です。ハナちゃんのこと(続き)。>>

コメント

日だまり

はじめまして。


泉さんの静かに語られる一言一言が胸に響きます‥


秋の日 日だまりを見つけては ハナちゃんを思っています。ゆっくり少しづつお心が癒えていかれますようにお祈りしております。

  1. 2013/10/14(月) 10:46:02 |
  2. URL |
  3. なぎ子 #-
  4. [ 編集 ]

無理せずゆっくり・・・

おはようございます。植樹された白樺、美しいですね。これから、どんどん大きくなって行くことでしょう。3本というのが、また素晴らしいです。立体的ですし、何かを包み込んでいるような感じです。ハナちゃんが、ずっとここでご夫妻を見守っていてくれることでしょう。
くれぐれもご無理をなさいませんように。悲しいのは当たり前で、傷が癒えるのには時間が掛ります。半年ぐらい経っても突然涙が出たり、家の中にいても、その子がドアの隙間に立っていたり、横切ったりする気配がしていました。何も出来ませんが、松浦家のお幸せをいつもお祈りしています。落ち着きましたら、ハナちゃんのこと、また聞かせて下さい。
※「川の光2」には、先生の手描きのイラストは入らないのでしょうか。もし、どこかに描き留めておいたハナちゃんのイラストがありましたら、ぜひ、挿入して欲しいです。
  1. 2013/10/14(月) 11:09:11 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/10/14(月) 14:55:53 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

またまた良かったです・・・

先日の先生のお話には涙涙でとうとう何も書く事が出来ませんでした・・・。
IZUMIさんも同じ想いでいらっしゃる事は十分承知しておりますが、たとえ悪夢であろうとも、夢を見られる様になった事、少しだけ安心いたしました。
ハナちゃんはこれからもいつもタミーちゃんと一緒に先生とIZUMIさんの傍にいます。
今朝また急にこちら三島でもグッと冷え込む朝を迎えました。
軽井沢の朝はもっと冷え込むかと思います。
どうぞお体大切になさってください・・・。
川の光2・・・楽しみにしております。
また川の光外伝の様にハナちゃんが登場するお話お聞かせ頂けたらな~と思います。
  1. 2013/10/14(月) 15:37:10 |
  2. URL |
  3. まやてつ #FCWDJ4oA
  4. [ 編集 ]

ご無理なさらないで

喪失感は簡単にぬぐえるものではありませんよね。
私も、かつて愛犬をなくしたとき、2、3年はふとしたときに思わず涙が!ということがありましたよ。
10年がたち、さすがに思い出し泣きはなくなりましたが、
何か楽しいことがあったりすると「ここにあの子もいたらなあ!」
なんて思ってしまいます。

ハナちゃんはきっと、ご夫妻が哀しみから解き放たれることを望んでいるはず…
でも今は…無理をなさらず、時間にまかせる
それでいいと思います。
  1. 2013/10/14(月) 21:24:57 |
  2. URL |
  3. inocco #BRwvxaDM
  4. [ 編集 ]

ルチアの物語

朝日の当たる、白樺の木・・・・・すっきりとした立ち姿の中に、ハナちゃんの姿も重なって見えるような気がしてしまいます。目には、見えなくなってしまっただけなんですよね。「川の光外伝」のルチアの物語を読んで、眼の前に今いないけれど、出会える方法、心の中で、出逢うという方法、、、、、そのころ、とてもつらいつらい別れのただなかにいた私にとって、ルチアの物語は、もうひとつ別の出会い方を教えていただけた、かけがえのない物語です。夜になって、お月様の照らす、白樺の木も、美しいでしょうね!ハナちゃんのイラストに、ハナちゃんのお話に出会えたらいいのにな~と私もひそかに、思っています。川の光外伝の中にハナちゃん、生きてます!
少しずつですが、時間はつらいことを、癒してくれます。松浦フアミリーは、これからも、ずーっと、四人家族ですよ。心の中に、ハナちゃん生きてるんですもの。
  1. 2013/10/14(月) 23:29:50 |
  2. URL |
  3. アロマポット #cwni/qVg
  4. [ 編集 ]

こんにちは

先生 IZUMIさん 
たくさんの思いをお話しいただきありがとうございます

すこしづつ回復されていくことを願っております

これからますます寒さが厳しくなっていくことと思います
お身体大切にしてください

  1. 2013/10/15(火) 12:47:06 |
  2. URL |
  3. まゆこ #-
  4. [ 編集 ]

Rest in peace

はなちゃんが旅立っていたとは、知りませんでした...。
猫の国で、あったかくしていることを祈ります。
いずみさんも、あったかくしてくださいね。
  1. 2013/10/19(土) 00:29:35 |
  2. URL |
  3. ishizuayako #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/322-1eefdd12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。