川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さようなら、ハナちゃん

IMG_1409b.jpg

動かなくなったハナちゃんを見ているのに耐えられなくなってきたので、
業者さんを探して電話して、立ち会いの火葬をお願いした。

お別れを言ってから1時間10分後、
ハナちゃんは、真っ白な骨になってしまった。
数日前まで、タミーと一緒に庭を飛び回っていたのに。

昨日の朝から、心臓がバクバクするような胸騒ぎがしていた。
家から見て南西の方角が、理由はわからないがものすごく気になった。
ハナちゃんは絶対に、その方角のどこかにいるような気がした。

だから夫とタミーと一緒に、まっすぐ南西に向かって沢を下っていった。
その斜面に、白黒の小さな身体が横たわっているのが見えたときの気持ちは、
一生、忘れることができないだろうと思う。

頭は家の方角を向いて、背中をまっすぐにして眠るようにストンと倒れていた。

なぜ守ってやれなかったのか。
プライドが高くて気まぐれだけど、実は傷つきやすい、弱い生き物だったのに。

普通は猫の火葬は40分くらいで終わるのだけれど、
ハナちゃんは真っ白い骨になるまでかなり時間がかかった、
とこれまで数限りない猫の火葬に立ち会ってきた業者さんは言った。

骨の周りに、少しだけ黒い部分が残っている。
ガンにかかった猫や、血液の病気で死んだ猫によく見られる現象だという。
元気そうだったけれど、実は体内では病気が密かに進行していたのだろうか。
そういえば最近、ろくに健診にも連れて行っていなかった。

ごめんね、ごめんね、ハナちゃん。
ひとりぼっちで怖い思いをさせてしまって。
いまさら謝っても遅いけど、ごめんね。

自分もハナちゃんのように、ひとりで死んでいくことになるのだろうな、と唐突に思った。
そうでなければ、ハナちゃんとのバランスが取れない気がする。

深い悲しみに囚われたときの、あの時間の歪みがまた襲ってきた。
そういえば、昨日の夜からほとんど何も食べていない。
夫と一緒にビールを少し飲んだだけ。

ブログの更新なんてとてもできないと昨日は思ったけれど、
目の前に索漠とした「時間」のゴムのような塊が広がっていて、
何かしていないと頭がおかしくなりそうなので、こうして書き続けている。

タミーはきょとん、とした顔をしている。
これまで人の死も動物の死も見たことがないから、
ハナちゃんが突然死んだことを理解できないのだ。
いつものように散歩に行こうとはしゃぎ、ボールを投げてくれとせがむ。
でもその無邪気な様子は、むしろ救いのように感じられる。
タミーは「死」なんて、なんとも思っていないのだ。







スポンサーサイト
  1. 2013/10/06(日) 18:38:05|
  2. ハナちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15
<<夫です。ハナちゃんのこと。 | ホーム | ハナちゃんのこと>>

コメント

フレーフレーハナちゃん!!!

昨日から何度もハナちゃんの事・・・のブログを読ませて頂いていました・・・。
私の読み間違えなのではないか・・・という想いが不思議に何度も襲って来ていたからです・・・。
今日も最後にもう一度確認しなければ・・・と思い、
IZUMIさんのブログをクリックしたところ、ハナちゃんの可愛らしいお手手の写真が・・・。
IZUMIさん、本当にお辛い中、ありがとうございました・・・。
私達に最後のハナちゃん、ハナちゃんの可愛い肉球をお見せ頂き・・・。
静かに送られた事、本当に良かったです・・・。
私も今泣いています。
今朝から何度もハナちゃんの記事のカテゴリーを最初から最後まで拝見しています。

今度は空の上から先生やIZUMIさん、それからタミーちゃんをずっと見守ってくれますね!!!
フレーフレーハナちゃん!!!
フレーフレーハナちゃん!!!
  1. 2013/10/06(日) 22:21:26 |
  2. URL |
  3. まやてつ #FCWDJ4oA
  4. [ 編集 ]

いずみさん大好き!

ハナちゃんの小さな手と肉球を見せてくださって、ありがとうございます。ハナちゃんがバイバイして、手を振ってくれている様な気がして、泣けてしまいます。ハナちゃんの可愛い小さな手の肉球、愛しくてたまりません。添えられた小さな白い野の花。我が家のねこたちは三才と四才で、車の事故でした。私の不注意でした。十年近い昔です。何かしていないとおかしくなりそうという気持ち、とてもよくわかります。私も、しばらくはうわのそらでした。のどが、詰まってしまって、食べ物が、食べれませんでした。でも飲み物だけは、ちゃんととってくださいね。眠れてますか?つらい秋になってしまいましたね。これからは、心の中に、いつも一緒にいてくれますよ。思い出しさえすれば、タイムトリップすれば、目をつぶれば、いつでも会えるんですよ。ハナちゃんとの、過去という泉の中のエピソードは、汲みつくすということは、ありません。思い出せば思い出すほど、あふれ出てきてくれます。そして沢山のいずみさんの写真の中のハナちゃん。浸透圧の得意のハナちゃんですもの、きっと、浸透圧で、話しかけてくれますよ!思い出へのタイムトリップ、はじめは、かなしみの渦中、思いきり悲しんで、ないてないて、真っ暗だと思ったトンネルの向こうにちゃんと出口があって、過去という、かけがえのないステージで、ちゃーんと、ハナちゃんに、出会えますよ!遠く離れているいるけれど、私たちは、一緒に川の光を求めている、川の光の仲間なんですもの、、、、、、いずみさん大好きですよ!大きな大きなハートマークを、お届けします。先生の大きな胸の中で、涙が枯れるまで、泣いてください!涙は、きっと、おふたりを、すこしずつ元気にしてくれます。ハナちゃんも、それが、一番嬉しいかもしれません、、、、、、大好きなお父さんとお母さんですもの。おやすみなさい。ハナちゃんと、夢で会えますように、、、、、、、!
  1. 2013/10/06(日) 23:00:09 |
  2. URL |
  3. アロマポット #3l8pHDnU
  4. [ 編集 ]

ハナちゃん、どうか安らかに。

いつもblogを拝見していました。
ハナちゃん...突然のことで本当に驚いています。
長い時間を共有し、そして辛い現実に直面しなければならなかった
お二人の心中お察しします。

同じ愛犬家、愛猫家として、
タミーの病気が判明したときの先生の悲痛な更新には涙が溢れてとまらず、
そしてこの度の悲しい知らせに、
小学生のとき飼っていた猫を成す術もなく亡くし、
この子はうちで飼われて幸せだったのかなと埒のあかない思いに捕われて
呆然と過ごしていたことを思い出しました。

後悔の念と悲しみが癒えるには時間がかかると思いますが、
でも、内田百閒の「ノラ」とは違い、
ハナちゃんが最後にお二人のもとに戻ってきたことには
きっと意味があると思います。
ハナちゃんの存在を骨になるまで見届けてあげられたことが、
いつの日かお二人の救いになりますよう...。

これからもずっと、タミーとハナちゃんのファンです!
  1. 2013/10/07(月) 00:18:29 |
  2. URL |
  3. blanche #3nPGsrr2
  4. [ 編集 ]

ハナちゃんのことばかり

今日はハナちゃんのことばかり考えています。

いつもマイペースなハナちゃんが、
最後になってそんなに慌てて、
お空の向こうに何か楽しいことでも見えたのかな…。
ご家族はもちろん私たちもさみしいけれど、
そうだったらいいな、と願っています。

小さくて、弱くて、儚くて、
でも偉大な存在ですね。
かわいいお手々を見ていたら、
やっぱりそう思います。
  1. 2013/10/07(月) 00:47:29 |
  2. URL |
  3. inocco #BRwvxaDM
  4. [ 編集 ]

ハナちゃん、どうぞ安らかに…

信じられなくて、うまく言葉が出てきません。
ごめんなさい。。。

  1. 2013/10/07(月) 08:54:11 |
  2. URL |
  3. qoomom #-
  4. [ 編集 ]

ひとりじゃない

こういう時は辛くて悲しいに決まっているのに、昨日は偉そうなことを書いてしまいました。IZUMIさん、本当にごめんなさい。昨夜、何度も目が覚めました。過去に経験した、頭や胸に重い塊を抱えたようなあの感じ・・・。今飼っているこの子との別れが来た時、私もとても正気ではいられないと思います。この子に十分にしてあげられたのかという後悔は、飼い主さんなら、誰でも思うことだと思います。でも、飼い主だったらどの子も可愛いというのは事実だし、もし、ハナちゃんが病気だったら、IZUMIさんは、ハナちゃんに同じようにしてあげていた筈です。ハナちゃんは本当に幸せだった、ずっとブログを拝見していた私はそう確信しています。どうか、ご夫妻の心がいやされますように。昨年から今年にかけて、家と実家の家族が同時に病にかかった時に、このブログや「川の光2」、そして先生の詩に励まされたのですが、作品の中の動物たちが、そして先生の言葉が、ご夫妻を勇気づけてくれますようお祈りしています。IZUMIさんは、一人じゃないですよ。だって、こんなに大勢のファンがいるのに・・・。死ぬ時は、確かに一人かもしれませんが、それは誰もが同じこと。「さようなら、オレンジ」でも、家族があっても人間はひとり、とありました。自分の足でしっかりと立って生きていく覚悟は必要ですが、それが分かった時、主人公は、女友達にしっかりと支えられ、決してひとりではなかった筈です。
  1. 2013/10/07(月) 09:43:51 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

第六感

ハナちゃんとIZUMIさんは第六感でつながっていたのだと思います。胸騒ぎがして気になる方角に行きハナちゃんを発見。別荘に移住してきて約三ヶ月しか経っていない土地で、行方不明のハナちゃんを闇雲に探し出すのは、至難の技だと思います。それを迷いもなく辿り着けたとは、第六感としかいいようがありません。動物は自分の死期を感じとっても、外敵から身を守るために動き続けるものらしいです。死期が近づくと体温が上昇するので涼しい所を求めて、外へ出て行くこともあるそうです。
IZUMIさん、自責の念にかられ、あまり自虐的にならないでくださいね。松浦先生が悲しがられると思います。少しずつでもいいから何か摂らないと身体に障りますよ。
ハナちゃんの写真を、松浦先生とお二人で見ながら思い出話をしてあげてくださいね。少しずつ気持ちが落ち着いてくると思います。ご夫妻に、こんなにも悲しみの涙を流してもらえるハナちゃんは、本当に幸せニャンコです。
  1. 2013/10/07(月) 12:10:19 |
  2. URL |
  3. ビス丸のファン #-
  4. [ 編集 ]

タミーは自分の役割を演じているのです。ハナちゃんにこっそり頼まれたのでしょう。あたしがいなくなっても、いつものあんたでいてね。いなくなるってなあに?タミーのまあるい目が見つめます。そのうちわかるよ。ハナちゃんの後ろ姿は元気ないみたいです。でもタミーには、ハナちゃんが家出したって最後に読んだとき?って思いました。ハナちゃん寂しいのって。でも愛してるって、いつも囁いていたよね。足跡に楽しかったって。タミーはいいこだから、あたしの分の命をあげるよ。哀しまないで、あたしはいつもそばにいるからね。もう痛くもつらくもないよ。ありがとう。お父さんお母さんタミー。人間は無力です。
  1. 2013/10/07(月) 12:27:26 |
  2. URL |
  3. クーフーリン #-
  4. [ 編集 ]

ハナちゃん ありがとう

IZUMIさん 先生 とてもおつらい時にありがとうございます

先生を知りIZUMIさんを知り タミーちゃんを知りハナちゃんを知り
直接お会いしたことはないけれど 今とてもつらいです
ハナちゃんありがとう とても好きでした 
可愛いハナちゃんありがとう 安らかにねむってね
みんなを守ってね ありがとう ほんとうにありがとう

  1. 2013/10/07(月) 12:32:59 |
  2. URL |
  3. まゆこ #-
  4. [ 編集 ]

ハナちゃんは天空でお父さんお母さんタミーをみていますよ。大丈夫あたしがタミーの命を長くしてもらったからね。ひとりで死んだけど、愛していたから心配しないで。日常はやってくるから、みんな頑張ってね。ハナちゃんは天空でいっぱいいっぱいの仲間と一緒です。家出したって帰るおうちがあって幸せだったし、だから哀しんだ後にはタミーを抱きしめてあげてください。ハナちゃん。優しい気持ちをありがとう。ずっとずっと忘れないからね。うちの子達と仲良くしてね。ちいさき戦士ハナちゃん。やすらかに。
  1. 2013/10/07(月) 12:47:35 |
  2. URL |
  3. クーフーリン #-
  4. [ 編集 ]

追伸

病気だと分かった場合、病名や治療法がはっきりしていればいいですが、万が一そうでない場合は、辛いものです。うちの猫の場合は、病名も治療法も分からぬまま2か月間、インターフェロンを打ち続けましたが、どんどん衰弱して行き、言葉では言い表せないほど苦しく切ない気持ちでした。あれで、果たして良かったのだろうかと今でも思います。ハナちゃんのことは残念で辛いですが、前の日まで元気というのは、飼い主さん想いのハナちゃんだからこそのなせる業という気がします。吉祥寺であったら、ハナちゃんだけが知っているお気に入りの場所で亡くなっていたかもしれず、そうしたら、もう見つからなかったかもしれませんし・・・。IZUMIさんの元に戻って来るなんて、全てが奇跡のように思えます。ハナちゃん、優しいね。本当に偉かったねと言ってあげたいです。勿論、物凄く残念であることには変わりないのですが・・・。IZUMIさん、どうか、ちゃんとお食事をとって、ゆっくり休んで下さいね。また、いつか、私たちにハナちゃんのお話し、聞かせて下さい。
  1. 2013/10/07(月) 18:34:00 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

訂正

7/31から別荘でしたね。約三ヶ月は間違っていました。すみません。
  1. 2013/10/07(月) 21:34:41 |
  2. URL |
  3. ビス丸のファン #-
  4. [ 編集 ]

とても悲しいです

IZUM様、大切なご家族の一員をなくされ、お辛いのにブログ書いて下さってありがとうございます。かわいらしいハナちゃんのおてての写真、ぐっと胸につまります。お写真見た途端に泣けてしまいました。単なる1ファンに過ぎない私のような者でさえ、あまりにショックで言葉もございません。病気が密かに進行していたのでしょうか?ハナちゃんが天国に行ってしまうなんて…。ハナちゃんが天国で幸せに過ごしてくれることをお祈り申し上げます。ハナちゃん、天国からお二人とタミーちゃんを見守ってくれているはずです。どうかゆっくりとゆっくりと悲しみを癒して下さい。
  1. 2013/10/07(月) 22:53:14 |
  2. URL |
  3. k@s #sYI06w5Q
  4. [ 編集 ]

悲しいですね。

なんとコメントしたらよいのか言葉が見つかりませんが、泣きたい時は我慢しないで泣きましょう。ハナちゃんのことが我が家のネコ達と重なって、亡くなることを想像しただけで涙がこぼれます。
ハナちゃんは幸せだったと思いますよ。
家ネコにしていたら…っておっしゃっていましたが、我が家のネコ達は家ネコなので外に出して自由にさせた方がいいのかな?
って思う事があります。
あまりご自分を責めないで下さいね。
これからもブログ楽しみしてます!
  1. 2013/10/08(火) 01:59:24 |
  2. URL |
  3. fujiko #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/10/08(火) 23:46:50 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/318-6efe3d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。