川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハナちゃんのこと

ハナちゃんが死んでしまいました。

なかなか家に戻らないので、夫とタミーと捜索に出かけたら
渓谷に下る斜面の草地で動かなくなっていました。
もう息をしていませんでした。

家に抱いて帰って、体をきれいに拭いてやりました。
どこにも外傷はありませんでした。

死因を調べてもらいたいと思って軽井沢の動物病院に電話をかけまくりましたが
「当院ではそういうことはやっていませんので」とすべて断られました。
解剖なんかしなくてもいいんです、外側から分かる範囲で調べてもらえれば、と食い下がっても駄目でした。
でもよく考えたら、解剖しなければ本当の死因はわからないのだろうし
そんなことをしたって、ハナちゃんが帰ってくるわけではありません。

おそらくは突然、心筋梗塞とか心臓麻痺のようなことが起きたのでしょう。
これまでは病気ひとつしたことがない、元気な猫だったのに…

まだこれが現実だとは思えません。
もう少し待っていれば、このまえ家出したときのように「ニャア」という声がして帰ってきて、
足に頭をすりつけてご飯をねだるものだと思い込んでいました。

写真を掲載しようと思ったのですが、涙があふれてきて、とても選ぶことができません。

思えば私たちは、本当にひどい飼い主でした。
犬を飼ったことも、引っ越しも、すべてハナちゃんには辛いことだったに違いありません。
3月にタミーの病気が発覚してからは、タミーにかかりきりで、
ハナちゃんは頭がいいし自立しているから大丈夫、と安心しきっていました。
軽井沢に来たのを機に、どんなに嫌がっても外には出さずに、そのまま家猫にしてしまえばよかった。
そうすれば、こんなことには絶対にならなかったのに…。

ごめんね、ハナちゃん。本当にごめんね。
なんてかわいそうな目に遭わせてしまったのか。

あとちょうど一ヶ月で10歳でした。
本当に賢くて、手がかからない猫でした。

なんだか頭のなかがぐちゃぐちゃで、ものがちゃんと考えられません。
しばらくブログ更新やコメントへのお答えもできないような気がします。申し訳ありません。


スポンサーサイト
  1. 2013/10/05(土) 19:45:22|
  2. ハナちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<さようなら、ハナちゃん | ホーム | お留守番の一日>>

コメント

涙が止まりません・・・

先生・IZUMIさん、先程ブログを拝見したばかりでしたが、今日最後にもう一度と思い、クリックしました。
ナントコメント書かせて頂いたら良いのか、分かりません・・・。
私も涙が止まりせん・・・。
どうかご自分達をお責めにならないでくださいね・・・。
きっとハナちゃんも望んでいません・・・。
今度はお空のお星様になって、皆さんを見守ってくれるはずです・・・。
  1. 2013/10/05(土) 20:19:06 |
  2. URL |
  3. まやてつ #FCWDJ4oA
  4. [ 編集 ]

涙が止まりません・・・

先生・IZUMIさん、先程ブログを拝見したばかりでしたが、今日最後にもう一度と思い、クリックしました。
ナントコメント書かせて頂いたら良いのか、分かりません・・・。
私も涙が止まりせん・・・。
どうかご自分達をお責めにならないでくださいね・・・。
きっとハナちゃんも望んでいません・・・。
今度はお空のお星様になって、皆さんを見守ってくれるはずです・・・。
ハナちゃんのご冥福心からお祈り申し上げます・・・。
  1. 2013/10/05(土) 20:20:46 |
  2. URL |
  3. まやてつ #FCWDJ4oA
  4. [ 編集 ]

ショックです…悲しい…

今、ブログを見てただ驚くばかりで、ショックで言葉もございません。ハナちゃん、もうお家に帰っているかしらと思ってブログを見ましたのに、あまりにショックで悲しくて…。先生とIZUMI様のお悲しみを思うと本当に胸がつまります。ただただハナちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
  1. 2013/10/06(日) 01:02:55 |
  2. URL |
  3. k@s #sYI06w5Q
  4. [ 編集 ]

ご冥福をお祈りいたします

あまりに突然の悲しい出来事に言葉も見つかりませんが... どうかご自分たちを責めすぎないで下さい。
短くてもハナちゃんにとって軽井沢の生活はそれまで思いもしなかったパラダイスだったかもしれません...
このブログで素敵な猫のハナちゃんと出会えて私も嬉しかったです。
ハナちゃん、忘れないよ!
今はただハナちゃんのご冥福を遠くからお祈りしております。
  1. 2013/10/06(日) 02:10:30 |
  2. URL |
  3. vio #YlatNgdA
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/10/06(日) 10:15:45 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

猫生、犬生

第一声は エッ でした。
うちにもたろ(犬) はな(猫) がいます。
猫が嫌いなたろが 不思議にも散歩の帰りに拾った子猫がはなでした。はなは人間不信ですが、犬は好きなようで、たろの犬友達とも鼻を突き合わせています。散歩にもついてきます。犬化した猫です。
たろは里子で引き取り、そのたろに逢わなければ、はなも死んでいた事でしょう。今も家の近くの公衆トイレに子猫が二匹います。たろが怒るのでどうしようもありません。かわいそうですが・・・
死んでゆく事は自然のことですが、そばについていられなかった事が悲しいです。でも ちゃんとハナちゃんは帰ってきたのだと思います。お二人に会うために。
  1. 2013/10/06(日) 10:17:38 |
  2. URL |
  3. コマダム #-
  4. [ 編集 ]

私たちも忘れません

IZUMIさん、先生、大丈夫ですか。一体何があったのでしょう。そんな、そんな・・・。胸がつぶれそうです。そんなに、ご自身を責めないで下さい。病気だったのかもしれません。うちの前の猫も、突然発症して、2カ月後に病院で死にました。飼い主さんの元で最後まで元気な姿でいられたハナちゃんは、幸せだと思いますよ。軽井沢で一夏過ごせたじゃないですか。きっと、ハナちゃんは喜んでいると思いますよ。タミーちゃんが、最後の夏を用意してくれたのかもしれないじゃないですか。失礼な表現になっていたら、すみません。でも、最後の楽しい夏は、いつまでもご夫妻の心の中に刻まれたのではないでしょうか。ハナちゃんのためにも、辛い思い出ではなく、楽しい思い出にしてあげて下さい。IZUMIさん、先生、何も出来ませんが、ファンはいつもお傍についています。悲しみ、私たちも引き受けますから、どうか分けて下さい。ハナちゃんは、ファンの心の中にいつまでも生きています。ご無理は禁物ですが、落ち着きましたらファンへのメッセージ、お待ちしています。IZUMIさん、負けないで!
  1. 2013/10/06(日) 10:26:38 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

悲しいです。
タミーさんの治療の結果がとても嬉しい結果で、私共も喜んでいるうちに、不意打ちで、そんな、という気持ちです。

自分だったらどうするか……と考えると、やはり、
「最後まで、苦しみはなかったのだ」と考えて、それを寄す処にするかもと思います。

外傷がないのでしたら、なにものかに襲われたのではなく、仰るように突然の変化が起きたのでしょう。
最後の最後まで、家族に自身が苦しんでいる姿を見せず、家族が苦しんでいるのに何もできないという苦しみを誰にも与えなかったハナちゃんはIZUMIさんが書かれておられた通り自立した猫だと思います。

このブログのファンですが、半年でも一年でもそれ以上でも、心の負担になるようでしたら、当たり前のことですが気兼ねなくお休みなさってください。
  1. 2013/10/06(日) 12:23:38 |
  2. URL |
  3. みえ #-
  4. [ 編集 ]

ハナちゃん、安らかに

大変驚き、まさかと思いました。家族同然のハナちゃんの突然の死に、ご夫妻の悲しみの深さはどれほどでしょう。
ハナちゃんはキリッとしたお利口な猫だったから、ご夫妻の愛情は十分に伝わっていたはずです。そして、ハナちゃんが見つかった場所は、別荘に移住してから見つけた『お気に入りの場所』だったのではないでしょうか?もしかして、タミーちゃんがハナちゃんを見つけたのですか?猫などは自分の死期を察知すると身を隠す本能があると聞いたことがあります。
ですから、ご自分を責めたりなさらないでくださいね。
「ハナちゃん、一生懸命生きたね、可愛らしさをありがとうね。お疲れさま。安らかに眠ってね」
  1. 2013/10/06(日) 14:11:45 |
  2. URL |
  3. ビス丸のファン #-
  4. [ 編集 ]

ハナちゃん…

どうしよう…私も動揺しています。
先生といずみさんのお気持ちを思うと、ほんとうに言葉もありません。

どうか、ひどい飼い主だったなんて、そんなふうに思わないでください。
ハナちゃんは全部ちゃんと分かっていて、
「しょーがないわねえ」っていって受け入れていたと思います。
ハナちゃんの今までのお写真が、それを物語っています。

ハナちゃん、きっと突然のことでびっくりしたね。
でも見つけてもらって、おうちに帰ってこられてよかったね。

心からご冥福をお祈りします。
  1. 2013/10/06(日) 14:13:17 |
  2. URL |
  3. inocco #BRwvxaDM
  4. [ 編集 ]

大好きなハナちゃん

ただもう、驚いて、悲しくて、つらくてたまりません。ハナちやん大好きなのに、、、、、。ブログの中で、大好きなハナちゃんに、出逢えました!ハナちゃんは、いつも、私を、元気な明るい気持ちにしてくれました。少しくらい嫌なことや、辛いことがあっても、ゆったりのびのびと、幸せな空気の中にいるハナちゃんの姿に、会えると、もうそれだけでぬくぬくとホッコリした、優しい気持ちになれました。先生と泉さんとタミーちゃんというかけがえのない家族に、出逢えたハナちゃんは、本当に幸せな時間を、この世で過ごせたんですもの、、、、、。どの写真の中にも、至福の時が詰まっています。大好きなハナちゃんに、出逢えたことこそが、かけがえのない幸せです。この幸せに比べる様に、幸せが深ければ深いほど、別れはたえがたいです。どうぞ、まぶたが、はれるにまかせて、思いきりないてください。私も、ないています。逢ったから別れがある。逢えた上に、こんなにも、愛されたハナちゃんは、本当に、しあわせなしあわせな一生でしたね。家の中で、一番暖かな場所や涼しい場所、斜めにさしこむ午後の日差し、美味しいごはん、優しくなでてもらうこと、一人でぶらりと草の匂いをかぎながらの外を散策すること。大好きなハナちゃん、この世に、生まれてきて、大好きな家族に、逢えて本当によかったネ!大好きなハナちゃん、ありがとう! どうぞどうぞ、お元気で。私たちは、みーんな仲間なんですよ!ゆっくり元気になって下さい!ゆっくりまってます!
  1. 2013/10/06(日) 15:08:20 |
  2. URL |
  3. アロマポット #3l8pHDnU
  4. [ 編集 ]

いつものようにここをあけて見てみたら、心臓がどきっとしました。
うちもゴールデンと猫がいます。
この子たちが亡くなったらほんとにどうしようと思うくらい、家族の一員です。

うちの猫も10歳を越えていて寝てばかりで かまってちゃんの犬に比べると存在感が薄くなっていますが、それでもまたかけがえのない家族です。

ハナちゃんは半分外猫になって 山の生活を楽しんで寿命を全うしたんだと思います。
そして ご夫婦に見つけられてきれいな身体で帰ってきたのですから。

どうぞご自身を責めないでください!

また 落ち着かれたらご夫婦やタミーちゃんのご様子をお伝えくださいね。




  1. 2013/10/06(日) 15:22:23 |
  2. URL |
  3. よしこ #NkOZRVVI
  4. [ 編集 ]

おつらい気持ち、お察しいたします

もう、言葉が見つかりません。
いまは、ハナちゃんが、天国で安らかに、
そして、幸せに暮らしてほしいだけです。
ハナちゃんに、外傷はなかったんですよね?
猫は、死ぬ時は、自ら、死に場所を探して
そこで、ひとりっきりで、死ぬそうです。
例外もありますが。
ハナちゃん、お父さんとお母さんに
見つけてもらって、よかったね!
ハナちゃんのご冥福をお祈りいたします。
  1. 2013/10/06(日) 18:34:15 |
  2. URL |
  3. くみたん #fwkSvwQ6
  4. [ 編集 ]

みなさまへ

温かいコメントやメール、ありがとうございます。
個別にお返事するだけの余裕がまだないのですが、
動物を愛している皆さんのコメントだけに、
ひとつひとつの言葉が心にしみます。
  1. 2013/10/06(日) 18:39:31 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

昨日のお昼過ぎ、ブログの様子が変だったので何かが‥と感じてましたが、胸さわぎ以上の出来事だったので、昨日から心臓のドキドキがおさまりません。
ハナちゃんを見つけた時の気持ちは一生忘れない‥‥‥IZUMIさんのお気持ちを思うと胸が締め付けられます。先生とIZUMIさんの大切な大切な家族ハナちゃんの事、本当に言葉がみつかりません。
今は、ご自分を責めておられますが、泣いて泣いて、責めきった後はハナちゃんとの素敵な思い出を思い出して下さい。そしてまた責めて泣いて‥‥。そうして時間が少しずつ癒してくれる、そう思います。
大切な家族、愛犬や愛猫を喪った喪失感や後悔は、いつまでも消える事はないし、お二人にとって今は悲しみの真っ只中でしょうけれど、ゆっくりとゆっくりとハナちゃんが愛したIZUMIさんと先生に戻ってきて下さい。
聡明で気品があり、いつもブログで楽しませてくれたハナちゃん、素敵な時間をありがとう。安らかにお眠り下さい。
  1. 2013/10/06(日) 20:48:09 |
  2. URL |
  3. mocha #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/10/08(火) 11:10:30 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/317-fd0a1f5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。