川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

犬の鼻を愛す

幸田文の『どうぶつ帖』に、「私のすきなどうぶつ」という短い文章がある。
子供むけに『どうぶつえんあんない』(どこかの動物園の広報誌?)に掲載されたものだが、
ライオンは顔はこわいがお尻が小さいところがいい、どんな猛獣にもどこかかわいいところがある、
などと述べたあとで、こう指摘している。

「でも、いったい動物のからだのうちで、どこがいちばんかわいいでしょう。
それは、はなのあたまとあしのうらではないでしょうか。
動物はけものといわれるほどで、からだじゅう毛が生えていますが、
毛の生えてない鼻のあたまと、あしのうらは、とてもかわいい形をしています」

これを読んだ私は、ウイウイ人形のように激しくうなずいた。常々、同じように感じてきたからである。
犬猫は、体のどのパーツもかわいいけれど、どこか一カ所をあえて選ぶとすれば、
猫は「肉球」、犬は「鼻」ではないだろうか。

いやがるハナちゃんに無理をいって、閉じた瞼の上にひんやりした肉球を押し当ててもらうときの、あの快感といったら。
いっぽう、犬の鼻は、有機的なブロンズの彫刻作品みたいで、眺めているだけで畏敬の念が湧いてくる。

どうしようもない犬鼻フェチの私は、ついにその魅力を讃える詩まで作ってしまった。

「犬の鼻に寄す」

熱烈な恋人たちも 謹厳な学者たちも
人生の黄昏には 犬の鼻に惹かれる
主人同様しっぽり濡れて 情報収集能力に長け
人間の百万倍の感度を誇る 黒々とした鼻

科学の友にして快楽の友
視覚の不備を補い 脳にダイレクトに信号を送る
もし取り外して装着することが可能なら
冥界のエレボスも自分の鼻と取り替えただろう

犬が「ぷひゅひゅひゅひゅ」と寝言を言い
果てしない夢のなかにまどろんでいるうちは
孤独なスフィンクスのように乾いているが

ひとたび犬が目覚めるや 一筋の光線のように
透明な鼻汁が絶え間なく分泌して
神秘的な器官は 星座のごとく輝くのだ

(参考文献:ボードレール「猫」)

nose01

↑タミーは鼻自慢。この見事なツヤ、そして存在感に注目していただきたい。


スポンサーサイト
  1. 2011/11/24(木) 00:08:36|
  2. タミー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ドリトル先生再読 | ホーム | Z公園にて>>

コメント

こんばんは。
80話の最後で号泣しました、私。
川の光2はいろんな掲示板で話題になっていて、
私のように泣いちゃった方がたくさんいらっしゃいましたよ。
ああ、タミー・・・。
動物好きにとっては泣かずにいられない展開ですね。

けれども81話と82話で今度は爆笑しました。
チッチとタータには申し訳ないんですが、
マクダフ氏とビス丸のやり取りがおかしくって。

顔の周りの毛が白くなってきたり、
鼻の色が薄くなってくると、
本当に寂しい気持ちになりますよね。
確実に私たちよりも早く、年をとっていってしまいますものね。
タミーさんの鼻は真っ黒で適度に湿り気もあって
良い感じに見えます。
うちの犬も、触るとしっとりして
ひんやり冷たかったことを思い出しました。
  1. 2011/11/24(木) 18:55:24 |
  2. URL |
  3. AUGE #ILjPVbG2
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

いつもコメントありがとうございます!

タミーは6歳になっても黒々とした鼻が自慢なのですが
そのうち年齢で追い越されるのかと思うと寂しいです…。

川の光2、そんなに話題になっているのですか?うれしい。
反響をリサーチしてみようと思います。
  1. 2011/11/24(木) 21:35:27 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして、読売新聞で小説「川の光」を毎日楽しみに読んでいます。ネットで検索してこちらのブログにたどり着きましたのでコメントさせていただきました★
本当に動物同士があんな風に会話をしていたら…と思うと嬉しくなってしまいますね。

これからも楽しみに読ませていただきます!

タミーちゃん、とっても可愛いですね!
  1. 2011/11/25(金) 23:56:23 |
  2. URL |
  3. まゆ #CfxtJkkI
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

はじめまして、コメントありがとうございます!
動物って、たまに本当に話してるとしか思えないことがありますよね。
これからもお時間のあるときにお立ち寄りください。
新聞連載もよろしくお願いします!
  1. 2011/11/26(土) 11:02:18 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/31-815ffd60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。