川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ある初冬の晴れた日に

夫の頭上に、またしても灰色の雲が厚く垂れ込めている。

新聞で連載中の『川の光2 タミーを救え!』のほかに、
文芸誌から依頼された小説の締め切りも迫っているのである。

なかなか書き出せず煩悶し、パソコンの将棋ソフトを
思い切り低能なレベルに設定して打ち負かしては「空しい…」と嘆息する姿は、
SF『銀河ヒッチハイクガイド』に登場する鬱病ロボット、マーヴィンさながらだ。

以下、夫との会話。

「あのね、僕はさ」
「?」
「本当は、生まれてこなければよかったのかもしれないね」
「ああ、また締め切りの季節なのね」
「こんなに苦しい思いをするために、僕は生まれてきたのかなあ」
「あるいはそうなのかもしれないね」
「…否定しないんだね」(衝撃を受けている)
「いや毎月繰り返されるやりとりだから、たまにはマンネリを解消しようかと」
「ところで、今日新聞を読んだらさ」
「?」
「東野圭吾のニュースが載っていたよ」
「そんな記事あったっけ?」
「昨年秋に文庫本で出した小説が、100万部を突破したんだって」
「ああ、『白銀ジャック』でしょ?」
「そしてそれを、今度は“愛蔵版”として単行本でも刊行するんだって」
「なんだかものすごく余裕を感じさせる話だね」
「まるで別の惑星に住んでいる作家のようだね」
「……」
「……」

そんな鬱々とした飼い主たちをよそに、ハナちゃんとタミーはのんびり昼寝…。

nikki01
スポンサーサイト
  1. 2011/11/17(木) 23:33:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ワイズマン『動物園』の衝撃 | ホーム | 哀しみのスローロリス>>

コメント

文芸誌に!

毎日楽しみに拝読しております!文芸誌に
依頼されている小説、どちらの文芸誌なのでしょうか?!
松浦先生の小説、ほんとうに大好きなので
教えてくださると嬉しいです!松浦先生にフランス語を第3外国語で習った主人ともども(私はフラ語、阿部先生に習いました!)、心待ちにしております。どうか「うまれてこなければ」なんておっしゃらないように、と思っているファンがここにもいることをお伝えしたくコメントしました!
  1. 2011/11/18(金) 19:44:41 |
  2. URL |
  3. amanamour #-
  4. [ 編集 ]

Re: 文芸誌に!

はじめまして、コメントありがとうございます!
主人の小説ですが、来月発売の新潮と群像にそれぞれ
各一編、短編が掲載される予定らしいのですが、
まだ苦しんでいるようです…

  1. 2011/11/19(土) 08:48:31 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

生まれたからこそ

こんなに立派な作家さんが「生まれてこなければ。。。」なんて考えてるなんて、思いもよりませんでした。e-451
生きてこられたからこそ、すばらしい作品が次々と発表され、ファンの皆さんが心待ちにしているのです。
ああ、それがプレッシャーなんですね。e-441
でも、そういうのは抜きにしても、私は青葉でタミーちゃんご家族にお会いできて、とってもラッキー&ハッピーですよ。e-343
かくいう私も(大した作家ではありませんが)このところ、一体何から手を付けていいのか、ちょっとパニクってます。e-443
  1. 2011/11/21(月) 22:06:15 |
  2. URL |
  3. クッキーママ #MOASoAvQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/28-1105cea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。