川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

写真修業・鎌倉編(その1)

タミーの検査騒動でバタバタしていたのでアップしそびれていたが、
先日、梅雨の晴れ間を利用して、私はさくっと鎌倉まで写真修業の遠征に行っていたのだった。
最近、月に一回の割合でデジタル一眼レフの講習に通い始めたのだが、その撮影実習が鎌倉で行われたのだ。
実習といっても、北鎌倉の駅で集合、あとは適当に自分の好きなものを撮り、
最後にもう一度全員集合して解散→後日作品の講評、というフリーなスタイル。

そんなわけで、私がまず直行したのは円覚寺にある小津安二郎のお墓。



この墓所は映画好きにとっては聖地で、世界各国から多くの人がお参りしている。
ヴィム・ヴェンダースは『東京画』で小津映画の名カメラマン厚田雄春と訪れているし、
最近ではホセ・ルイス・ゲリンが『メカス・ゲリン往復書簡』というドキュメンタリーで撮影している。
ゲリン監督は「つるつるした墓石を蟻が登れそうで登れず悪戦苦闘する様子を延々と超クローズアップで撮る」
という相当マニアックなことをしているのだが、これがとてもスリリングで、なぜか全然退屈しない。

私は大昔『東京画』の字幕の下訳をしたことがあるにもかかわらず(監修は夫)
実はお参りするのはこれが初めて。
想像していたより、さらに一層さっぱりと潔いお墓だった。
お酒はたくさんお供えしてあったが、お花が枯れてしまっていたのがお気の毒。
どこかで買ってくればよかった。

この日は快晴で、時刻はお昼頃。御影石のほぼ真上から太陽が照りつけて、
普通に撮影すると、墓石の前面が黒くつぶれて有名な「無」の文字が見えない。
しかし露出を上げて撮ると、今度は上の写真のように、
周辺の砂利や石がハイキーになって調子が飛んでしまう。
うう~、難しいよお…。
こういうときはきっとレフ板を使うのだろうなあ、と思い当たるが時すでに遅し。

IMG_0364b.jpg

すぐ近くには木下恵介監督のお墓もある。
松竹大船撮影所の跡地は、いまは鎌倉女子大学の敷地になっているのだったか。

お墓を後にして、円覚寺の境内をさまよう。

IMG_0373b.jpg
↑「場所さえあれば人はどこにでも小銭を置いてしまう症候群」症例その1。

IMG_0398b.jpg
↑症例その2。サルノコシカケが偶然にも絶妙の位置に生えてきて、
お地蔵さまが片手にお賽銭用のお盆を捧げ持ったような形になっている。

IMG_0406b.jpg
↑池で亀Aが甲羅干ししているのをぼんやり眺めていたら、
背後からひと回り大きくて凶悪な亀Bがジョーズみたいに忍び寄ってお尻に噛みつき、
亀Aは「きゃい!」と叫んで逃げ、亀Bはその後釜に居座ってしまった。
いや、ただそれだけなんですが…。

それにしても、なぜ私は広大な敷地をもつ鎌倉の名刹にはるばるやって来たというのに
広角レンズで山門やお堂を撮らずに、お墓や小銭や亀ばかり撮っているのであろうか。

(後編につづく)


スポンサーサイト
  1. 2013/06/20(木) 22:24:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<写真修業・鎌倉編(その2) | ホーム | 健診の結果、良好!>>

コメント

abかめさん(サンゴじゃなく・・・?)

IZUMIさん、こんにちは。お天気悪くて、毎日のお散歩、大変じゃないですか。
一眼レフ講習、楽しそうですね。
>> 絶えず新しい体験を求めるという貪欲さ(家内は実は、それを非常に旺盛に持っている
↑ ポーランド~チェコの旅行記で、先生が仰っていた通りです!
小津さんのお墓、円覚寺にあったのですね。拝見出来て良かったです。こんなに爽やかな気持ちになれるお墓の写真、初めて見ました。お墓や史跡は写し方が難しいでしょうね。私は、上から3番目のお地蔵さんの写真が一番好きです。苔?の緑が背景と溶け合って美しいです。
亀さんは、「亀吉」とか「タケ」とかじゃなくA、Bなんですか(笑)。先生が、よく書評でお使いになる「脱臼」っていう感覚(←しかも必ず褒め言葉)、もしかしたら、普段IZUMIさんに感じていらっしゃるセンスじゃないか、なんて思ったりしましたよ!
>> 私は大昔『東京画』の字幕の下訳をしたことがある & 監修は夫 ← 凄い!!
  1. 2013/06/21(金) 12:28:25 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

出逢い

IZUMIさんと松浦先生との出逢いは『下訳時代』だったのですね!
  1. 2013/06/21(金) 14:53:41 |
  2. URL |
  3. ビス丸のファン #-
  4. [ 編集 ]

『東京画』の字幕

字幕の下訳をしたのは本当に大昔ですが、
そのころはすでに結婚していた記憶があります。
あのときもいろいろ小言をいわれたような気が…。
  1. 2013/06/22(土) 18:35:13 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/06/22(土) 20:31:21 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/274-6b7c07bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。