川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

再び撮影修業

孜々としてデジタル一眼レフの学習にいそしむ日々。
とにかく撮りまくることが大事らしいので、また井の頭自然文化園でひとり撮影実習。


今回はモルモットの「ふれあいタイム」に間に合った。
この時間帯は、こんな状態で飼育箱に山盛りになったモルたちを自由に触ってOK。
気に入った娘がいたら抱き上げて膝に乗せ、好きなだけモフモフしてもいい、という淫靡なシステムなのだ。

014b.jpg
♪さっきの手紙のご用事なあに~♪ と歌っている白ヤギさん。

030b.jpg
今日はゾウの花子さんにも会えた。
1949年に2歳で来日し、現在65歳の、国内では最も飼育期間が長いゾウさんである。
撮影しているうちに、昔、日本旅行の途中で我が家に宿泊したカナダの記号学の教授が
「動物園でゾウを見たい」と言い出して、夫と3人で多摩動物公園に行ったことを唐突に思い出した。
世界中どこに行ってもまず動物園に出かけてゾウを見るのが趣味の、ちょっと変わったお方であった。

061b.jpg

057b.jpg
リス二態。ピントやボケ具合など、この前より少しは進歩した気がする。

095b.jpg
カピバラさんたちの水浴シーン。
あの手この手で檻を消す努力をしたが、まだ檻の気配がなんとなく残っているのが惜しまれる。

前回は中途半端な引きの写真が多かったので、今日はクローズアップに力を入れてみた。
ううむ、望遠レンズで動物を撮影するのはおもしろいなあ…。
露出補正など課題は山積だが、今度は違う動物園に遠足しようと計画中。


スポンサーサイト
  1. 2013/05/28(火) 18:52:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ブツ撮りにも挑戦 | ホーム | ポーランド遠征>>

コメント

このヤギの写真は梅佳代氏よりテクニックが上だと思います。
  1. 2013/05/28(火) 19:03:37 |
  2. URL |
  3. tanaka #-
  4. [ 編集 ]

ナイスショットな写真ばかりですね!
特に、モルちゃんうじゃうじゃ感とカピバラさんが気に入りました。
これからも更に腕を磨いて、タミーちゃんやハナちゃんもバチバチ撮って下さいね!
  1. 2013/05/28(火) 20:15:12 |
  2. URL |
  3. ひろわんこ #-
  4. [ 編集 ]

goodです

なかなか良い感じです。 リスさんは、ああやっておネンネするのですね!カワイイです。今度は屋内の動物君たちを期待しています。
  1. 2013/05/28(火) 20:27:41 |
  2. URL |
  3. ビス丸のファン #-
  4. [ 編集 ]

リクエスト

動きの早い動物を連写で撮り、「これは、おもしろい!」という瞬間のも挑戦してみてください。
  1. 2013/05/28(火) 21:28:44 |
  2. URL |
  3. ビス丸のファン #-
  4. [ 編集 ]

とてもハッピーになりました。

素人に褒められても、嬉しくないかもしれませんが、IZUMIさんのお写真、本当にお上手だと思います。
短い間に、上達されましたね。驚きです。コメントが、また素晴らしい!もうおかしくておかしくて・・・。前のお写真の時もそうでしたが、ゾウさんでなく、不在の空間を敢えて撮るというあのセンス!素晴らしいです!「ふふ・・・」と笑いが出て、最後の頃には「わはは・・・」になっていました。今回も、最初の「寿司詰め」を見て「ひひ・・・」となり、ヤギさんのコメントで「いひひ・・・」、うちのネコのうたた寝の場面によく似たリスさん、と見て行くうちに「いっひっひ・・・」に。IZUMIさんの作品は、見る人をハッピーにする素敵なお写真だと思いました。今後も、どんどん成果を発表してください。期待しています!(まだ、腹筋が痛い。)
  1. 2013/05/28(火) 22:58:51 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

いい写真!

こんばんは!
写真がさらに進化してると思います!
檻の写り方とか動物のとらえ方とか確実に変わってます!
自分にしたらもうかなりすごい技術です!
さらなる進化に向けてファイトです!
  1. 2013/05/30(木) 22:13:40 |
  2. URL |
  3. ねこゆめ #1OPaO./E
  4. [ 編集 ]

ううん。。

先生の御著書、今日入手しました。落ち着いて
もう一度、読んでみますと、ダーウィンの偉大
な革新とか書いておられますね。だが、その一
方では、彼の仕事が近代的時間システムの構築
に決定的な影響を及ぼした。。とも考えておら
れる訳です。でもやはり、その論点はダーウィ
ンに対しては当たるまいと思えてしまいます。
客観的時間の観念は、それよりずっと昔から、
経験的に認知されており、時計の発達や暦の精
密化などが行われて来た。特に植民地主義の芽
生えと共に、重要課題とみなされた遠洋航海の
安全性への要求がさらに精密な時計(客観的な
時間の測定)の発明に繋がって行くので、さら
には、天文学上の謎をとく過程で、客観的時間
の概念が次第に成熟して行き、ついにはニュー
トンによって、力学の最初の粗描が描かれるに
到ることになる訳で、ダーウィンは既にほとん
ど確立された近代的時間意識の世界に棲んでい
る訳です。ビーグル号の航海自体が、正確な時
計の存在がなければ、まったく不可能なわけで
すからね。ですから、あそこでダーウィンを持
ちだすのはやはり少々おかしいと思います。
それにしても、(まだ少し読んだだけですが)
「波打ち際」という概念=イメージはたいへんに
美しいものだと思いますし、上記の点を除いて
はとても先生らしい美しい書物(=子猫のような
小宇宙)に仕上がっていると思います。
この御著書から、いろいろ勉強させてもらいた
いと思っています。乱雑乱筆、ごめんなさい。
 
  1. 2013/05/31(金) 14:34:19 |
  2. URL |
  3. ムルムル #5yrVOggo
  4. [ 編集 ]

励ましのお言葉、感謝です。

梅佳代さんと比較していただけるなんて恐縮至極です…
ビス丸のファンさんが仰るように、せっかく連写機能があるので、今度はぜひ疾走する犬に挑戦してみたいと思います。
ムルムルさん、夫の新しい本を丁寧に読んでいただいてありがとうございます!
  1. 2013/05/31(金) 18:56:11 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/259-50fb62b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。