川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夫です。Back to Taipei!


↑夜の神農街(台南) 。古い商業地区が改造されてお洒落なストリートに。

「しかし、あれだね、台湾の魅力はまず、人間が良いことだね」
「みんなとっても親切で優しい。タクシーの運転手は勘定をごまかすなんて考えてもいないし」
「空気が尖っていない。ある程度裕福だからなのかな」
「穏やかで柔和よね」
「そこへいくと、インドネシアとかベトナムとかカンボジアとかは、
とにかくあまりに貧しくて、どこか空気にとげとげしいものが‥‥」
「台湾の人たちは日本人を歓迎してくれるしねえ」
「有難いね。まあ台湾は、明治初期には台湾出兵とかあったとはいえ、
日本は基本的には武力で征服したわけじゃなくて、清から割譲され、
半世紀支配して、敗戦でまた主権を放棄しただけだから」
「でも、ずいぶんひどいこともやってきたんじゃないの?」
「まあそうでしょうね。ただし、何万人も無意味に虐殺するといったことはしなかった」
「それをしたのは、むしろ日本が出て行った後に入ってきた外省人」
「2・28事件だね」
「悲情城市よね」
「それとの対比で、相対的に日本人への好感情が保存されているのかも」
「あと、日本はまあ、その50年間の支配の間にダムや道路を造ったり、
上下水道を整備したりもしているから」
「その反面、皇民化政策や搾取といったおぞましいことも‥‥」
「救われる気持ちになるのは、後藤新平というのがとにかく
立派な人だったらしいこと。人格も識見も行動力も」
「ところで、話は変わるけど台湾の人たちはよく食べるね」
「ちょこっとしたものを、屋台や何かでひっきりなしにちょこちょこ食べているわよね」
「それがまたみんな美味しいんだ」
「いいわよねえ、生活をめいっぱい楽しんでいる感じが‥‥」
「食への執着が強いところはきみに似てるね」
「今日はこれから台北に帰ってもう一泊で旅行は終わり。
最後の晩だから、また何か美味しいものを食べましょう」

image_20130205092829.jpg
↑夜の台南の街角。台北のような大都市とはまた少し違う、ひなびた趣き。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/05(火) 11:09:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<夫です。帰国しました。 | ホーム | 夫です。まだ台南に。>>

コメント

行ってみたくなりました。

先生、IZUMIさん、お元気ですか。毎日楽しみに拝読しています。昨夜は、東京や神奈川で突然の停電がありびっくりしました。(タイマーが切れたので、洗濯機や炊飯器を慌ててセットし直しました。)こちらは、これから雪で、積もるようです。
そういえば、台湾について殆ど知りません。毛沢東に敗れた蒋介石が移り住んだという教科書の記述を覚えている程度です。「空気が尖っていない。」という表現はいいですね。私もいつか、九份の阿妹茶酒館や安平の樹家に行ってみたいです。
007は中国本土では検閲されカッとされたと聞いて残念に思っていたのですが、台湾ではどうだったのでしょう。
お体くれぐれも大切に。楽しい旅になりますよう、お祈りしています(食べ過ぎ注意。でも、二日酔いに優しい「おかゆ」などもありそうですね?)。
  1. 2013/02/05(火) 14:13:26 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/208-58dae0f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。