川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『テッド』を見て「クマのぬいぐるみ力」について考える

無題ted2

異例のヒットを記録しているらしい映画『テッド』を見た。

この作品、我が家から徒歩5分の映画館で上映しており、いつも閑古鳥が鳴いている劇場なので
「まっ、大丈夫だろう」と甘く見て上映開始ギリギリに行ったら、
いままで見たこともないほど大量のお客がつめかけていて、あやうく立ち見になるところだった。
恐るべし、クマのぬいぐるみ力。というか、私もそこに惹かれて見に行ったわけだが…。

どんな物語かというと、要するに「ドラえもん」にR15のツイストを加えたアメリカ版と思えば間違いない。
“アメリカののび太”みたいな孤独でオタクな少年が、8歳のクリスマスにもらったクマにテッドと名前をつけ、
「神さま、どうかテッドに生命を与えて僕の友達にしてください!」と祈ると、それが実現してしまう。
このあたり、ほとんど説明がないのが潔い。
「やあ、ぼく、テッド!」とニコニコしながらキッチンに入ってきたぬいぐるみを見て、両親は一瞬パニックに陥り、
「早く銃を持ってこい!」などと叫ぶが、少年の説明を聞くとすぐに納得して家族として迎え入れる。

ドラえもんと違うのは、このクマは何か素敵な発明をしてくれるわけではなく、
時とともに不良オヤジと化し、大麻を吸引したり、デリヘル嬢を呼んだりするようになること。
テッドはこうした数々の悪行によって、35歳になった飼い主(というか“友達”)のガールフレンドの機嫌をそこね、
家を出て自立することを迫られ、近所のスーパーで働きはじめるのだが…(写真上)

無題ted1

↑当然のように車の運転もするテッド。おそらく無免許。無茶な運転で他の車を破壊しまくる。
ちなみにこのクマのチャームポイントは、眉毛と、年を経たぬいぐるみならではのくたびれた素材感だと思う。

下品なジョークがあまり好きではない方にはまったくおすすめしないけれど、ブラックな笑いと80年代の映画ネタ満載で
(「トム・スケリット」とか『フラッシュ・ゴードン』とか言われても、すぐにピンとくる若者はあまりいないような気もするが)たいへん愉快な作品であった。

家路をたどりながら、あらためて「クマのぬいぐるみ力」について考えた。
この映画のヒットを見てもわかるとおり、クマのぬいぐるみは、侮れない観客動員力を秘めている。
ディズニーランドの入場者数を飛躍的に伸ばしたといわれる「ダッフィー」しかり、
ツイッターで4万人に迫るフォロワーを誇る「ファーファ」しかり。

ここはひとつ、日本映画も、クマのぬいぐるみ力をおおいに利用すべきなのではあるまいか。
ファーファが人生に絶望して鬱病になり、周囲の人を暗い気持ちにさせる『たそがれファーファ』。
あるいは、くまモンがふとした拍子にシリアルキラーに転じ、日本各地を逃亡して回る『悪熊』。

愉快なクマの映画を見て楽しい時間を過ごした帰り道、気が付くとダークな想念にふけっている私…。


スポンサーサイト
  1. 2013/01/24(木) 22:27:39|
  2. 動物の映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<iPad mini持参で台湾へ | ホーム | 好評につき、お蔵出し写真第二弾>>

コメント

R15って・・・。

IZUMIさん、こんばんは。毎日充実してますね。羨ましい。
テッド、観てみたいです。あのレ・ミゼラブルを抜いて、週末興行成績1位になってましたから。日本語吹き替え版を人気お笑い芸人の方が担当しているのも大きいとか。でも、英語バージョンの方も沢山入っているのですね。凄い!何と言っても、「R15」というのが、インパクトありましたね~。テディベアなのに、何で?と思いましたが、そういうことだったのですね。先生の感想も、ぜひ聞いてみたいです(ご本の執筆で、それどころではないでしょうか)。先生、ファイト!私、とっても楽しみにしてますから・・・。(←あまり、説得力のない励まし)
  1. 2013/01/25(金) 22:04:16 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

Re: R15って・・・。

夫はここ数日、旅行前に書いていく原稿で大忙しで、『テッド』は私ひとりでこっそり見てしまったのでした…
そういうわけで、もしかしたらしばらく更新をお休みすることになってしまいますが、その場合は帰国後にまとめて旅のご報告をします!
  1. 2013/01/27(日) 22:45:59 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

こんなぬいぐるみなら欲しい

仕事に疲れてR15並みの発言されたら、もう疲れも吹っ飛びそう。
日本なら、リラ○○マあたりか
または、可愛い猫の○ティちゃん。
動物がしゃべったら、無駄に駆除とかされないんだろうなぁ。なんて
我が家にはギャクは言わないけど
オスのパパハムスターが私を子供と
思っているのか、毎日毛づくろいしてくれます。私長女、子ハムオス弟
必ずさいしょは私なのです。
この仔たちが話してくれたら楽しいのに。我が家には何年かに一度
子煩悩なオスハムスターが現れます。
  1. 2013/02/01(金) 16:56:21 |
  2. URL |
  3. らんくす #S3oVS.8M
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/198-024d0f15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。