川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大雪の朝、白黒猫はダイオウイカの夢を見るか?

雨が雪に変わったと思ったら、あっという間に銀世界が出現した東京・吉祥寺の朝。
雪景色に浮き足立っているタミーを連れて、近所の公園へ繰り出す。



それにしてもこの犬は、なぜこんなに雪が好きなのか。

P1050167b.jpg

ああ雪だ…これこれ、これだよ、この感じだよ…

P1050168b.jpg

ああ、雪がきもちいい! きもちいいよ!

雪にまみれて幸せいっぱいのタミー。
私はといえば、ヒートテックとセーターとフリースと防水パーカを重ね着し、長靴を履いて、
越冬隊のような装備で出かけたのに、30分もすると体がどうしようもなく冷えてきた。
「そろそろ帰ろうよ~」と催促してみたが、犬は雪に夢中で、全然言うことを聞いてない。

家に帰ると、ハナちゃんがストーブの前でぬくぬくしながら、
昨晩見たNHKスペシャル『世界初! 深海の超巨大イカ』の興奮を反芻していた。

P1050140b.jpg

「ハナちゃん、なんだかポーズがいつもと違う」
「ダイオウイカの真似をしてたの。似てる?」
「そういえば、目がちょっと似てるかも…」
「それにしても素敵な生き物よね、ダイオウイカって」
「イカに共感を覚える猫って、あんまりいないと思うんだけど…」
「獲物を捕獲する素早い触手の動き、優雅な身のこなし、そして鋭い眼光…」
「孤独の影を漂わせてるところは、なんとなく猫に通じるものがあるね」
「あのひとは厳しい深海をサヴァイヴする、ハードボイルドな単独者なのよ…。
私、これから一生、ダイオウイカさんについていこうと思う」
 
“ついていく”と言われても…なんだか意味不明。

私はNHKの番組では、世界初の動くダイオウイカの映像はもちろんだが、
プロジェクトを仕切っていたダイオウイカの第一人者、窪寺恒巳博士に注目した。
公式プロフィールでもイカ・タコの重要性について熱く語り「イカとタコは海のスーパースターです」と言い切っている。
「人間がいなくても生態系に問題はないが、イカとタコがいないと生態系は支障をきたす」というのが持論のようだ。
とにかくイカとタコが好きでたまらない博士なのである。いいなあ。

スポンサーサイト
  1. 2013/01/14(月) 13:16:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<こんど出るお父さんの本 | ホーム | 『フランケンウィニー』で心に傷を負う>>

コメント

積もりましたね

IZUMIさん、こんにちは。雪ですね。この降りでは、お散歩大変だろうなと思って覗いたら、あらまあびっくり。しっかりお散歩しているじゃありませんか!銀世界を独り(一人と1匹?)占めですね。雪やこんこの童謡通り、タミーちゃん、雪に大喜びだったようで・・・。家に戻ってからが、大変じゃなかったですか?
ダイオウイカ、見逃してしまいました。残念!前回ご紹介の本は、こちらの市の図書館に微生物など2冊が入っていたので、借りてみようかと思っています。図書館に行ったついでに文芸誌の2月号をめくってみましたが、棚にないものもあり、個人的に興味をひかれる作品にはめぐり合えなかったのですが、すばるの丸山眞男さんのインタヴューのテープ起こしが面白かったです。昭和天皇崩御の頃のものですが、制度化された民主主義について。「学問のすゝめ」が明治期や戦後になぜ受け入れられたかなどの例にもなるほどと思わされました。戦後、奥さまが妊娠中で疎開させたお話とか大学にいた時、圧力がかかったお話とか、そういう背景をうかがい、初めてこれまで読んだ著作が血の通ったものになった気がしました。
P.S:Gグローブ賞(←すみません、間違えてました)、「アルゴ」でしたね。まだ見てないので、DVDになったら借りてみようと思います。
  1. 2013/01/14(月) 15:09:03 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

確かに。。

ダイオウイカの番組があることを知ってとても観てみたかった。やはり、良かったですか。。地デジ化の一方的な「強行」には、腹立たしいものがあったし、勢いでテレビ試聴も止めてしまったが、NHKがいい仕事をして来たのも確かだし、そろそろ地デジという奴と妥協すべきなんですかね。顔のみえない総務官僚の自己満足には、今でもムカつくんだが。
  1. 2013/01/15(火) 01:04:55 |
  2. URL |
  3. ムルムル #5yrVOggo
  4. [ 編集 ]

大雪と大イカ

こんばんは!今日は確か天気予報では、雪は山沿いだけで雨と言っていたはずが、比較的早い時間に、雪に変わり、みるみるうちに白い世界に様変わり!珍しく結構積もりびっくりしました。タミーちゃんのはしゃぎよう微笑ましく拝見いたしました!明日の朝のつんつるてん具合がいささか心配です。
昨夜のNHKスペシャル・ダイオウイカはすごかったですね!とっても不思議なものを見た感じです。ハナちゃんが魅了されるのもわかる気がします。すごい目で潜水艇を見ていましたね。何だか宇宙人でも見たような気分でした。まさに未知との遭遇ですね。そういえば、昔は宇宙人ってタコ星人でしたよね?イカやタコって「未知なるもの感」が強いんですかねぇ。それに深海も宇宙も漆黒の世界ですしね。
IZUMIさんのおっしゃるとおり国立科学博物館の窪寺博士、とても興味深い人物ですよね。40年もイカやタコの研究をしているとは!スミソニアンのチームやナショナル・ジオグラフィックのチームもダイオウイカの撮影に挑戦していたというから快挙ですね。暗黒の深海で、マッコウジラとダイオウイカが闘っているなんて驚きました。クジラって、オキアミとかプランクトンとかを食べているのかと思っていましたし、マッコウクジラが深海まで潜るなど知らなかったことばかり。何でも昔、ダイオウイカとマッコウクジラの闘いに決着がつかないうちに、マッコウクジラが息つぎをするために、ダイオウイカもろとも海面まで浮上してきたところをソビエトの捕鯨船が目撃し、ダイオウイカはマッコウクジラに食べられちゃったのだけど、そのマッコウクジラはその捕鯨船の乗組員に捕獲されたとか。つまり人間が一番こわ~いということですね!
7月に国立科学博物館で開催される「深海」展、ダイオウイカや深海ザメ等の標本が展示されるらしいので見に行こうと思います。
  1. 2013/01/15(火) 02:16:46 |
  2. URL |
  3. k@s #sYI06w5Q
  4. [ 編集 ]

関係のない。。

ひとり言を書き込んでしまい、すみません。
近日出る予定という「明治の表象空間」、
とても楽しみです。
  1. 2013/01/17(木) 12:38:06 |
  2. URL |
  3. ムルムル #5yrVOggo
  4. [ 編集 ]

ダイオウイカ

すごかったですね!
最後に、何を思ったか急にふっと餌を放して、深海の闇のなかに去って行った、しゅっとした立ち姿(まさしく宇宙人的な)が強く印象に残りました。
オンデマンドでも見られるみたいですよ>あきさん、ムルムルさん

「すばる」に丸山先生のインタビューが載っていたのですね。読んでみようかな。
  1. 2013/01/17(木) 21:15:01 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/194-0a1c5099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。