川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人間にとって成熟とは何か

ある雑誌の『Forever Young』という特集の取材をさせていただいたのがきっかけで、
このところ、人間にとって成熟とは何なのか、ずっと考え続けている。

日本では、若さは絶対的な価値をもっているし、実際に年齢の割に若く見える人が多い。
50代なのに30代に見える方法を紹介した本がベストセラーになったり、
アンチエイジング雑誌が創刊されたりしている。

ところが、欧米では、「若い」は必ずしもいい意味ではないらしい。
「未熟」「青い」「まだ人間としてできていない」的なニュアンスがまず先に立つようなのだ。

そういう観点で、わが同居人(1954年生まれ)の日頃の行動を見直してみると…


公園に行けばブランコに夢中になり、

P1050055.jpg
幼児用の乗り物で楽しく遊び(壊れないかとハラハラした)

P1050037.jpg
西荻窪の駄菓子屋さんで入手した「親子ガエル」がマイブームである(定価100円)。

はっきり言って、「若い」より「幼稚」という言葉がふさわしい。
こんなことでいいのだろうか。
こういう人がいるために日本はいつまでたっても成熟できず
「幼少の帝国」(©阿部和重)の段階にとどまっているのではないだろうか。

とはいえ、親子ガエルは思いのほか楽しいので、追加でもうひとつ購入して、夫婦で遊ぶ予定。

P1050039.jpg
横から見るとこういう感じ。ポンプで空気を送りこむとジャンプする。
100円にしてはコストパフォーマンスが異様に高い。

P1050044.jpg
おとうさんって、こどもだね!(いつになくキリッとしているタミー)



スポンサーサイト
  1. 2012/12/08(土) 16:17:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人間にとって成熟とは何か2 | ホーム | 『007 スカイフォール』で、人生50年について考える>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/180-e5170c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。