川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お待たせしました。質問へのお答え第一弾



こんにちは、タミーです。
きょうは、「はろいーんのかぼちゃ」を買ってもらったんだよ!
いままでは「あれは製菓業界の陰謀だから」とかいって買ってもらえなかったの。
でもぼく的には、容器よりなかにはいってるかぼちゃのおかしのほうに興味があるんだけどね。

ところで、みなさんにいただいた質問で、お父さんにインタビューしてきたよ!
ちょっと長くなっちゃったので、今日は第一弾ね。

『川の光2』Q&A その1 登場キャラクター&エピソード編

Q 登場人物のネーミングが皆はまっていると思いますが、何となく思いついた名前なのか、
悩まれるのか? (ペペさん)
Q 登場人物?のネーミング、私も気になりますね。 (ひろわんこさん)

A 名前はあまり悩まず、直観的につけます。
昔は凝りに凝ったりしていたんだけど。不思議ですが、どんな名前でも、しばらくたつと、
ずっと前からその名前だったとしか思えなくなるものです。人間と同じです。
マクダフはウエストハイランドテリアとシーズーのミックスだからスコットランド風にしたいとか、
ビス丸(ビスマルク)はドイツ系、といったなんとなくの方向性はありました。
ぼくが好きな名前はカラスの「カアスケ」。だって、あいつ、「カアスケ」以外の何ものでもないでしょ!

Q マクダフはなぜあんなに賢いんですか? (遼さん)
Q みなさん書かれていますが、マクダフはどうしてあんなに賢いのでしょうか?
どんな犬生を送ってきたのか… とっても気になります。
「物語には出てきていないけど、実はマクダフって○○」みたいな裏話があれば、ぜひ教えていただきたいです!(inoccoさん)
Q この物語の中で先生が一番思い入れのあるメンバーは誰ですか? (まゆろあさん)

A ふっふっふ…マクダフの前半生は、謎に包まれているんですよ。できれば謎に包まれたままにしておきたいなあ。
ぼくが一番思い入れのあるキャラクターはやはりマクダフです。偉いやつですよね。
どの動物にも、ちょっとずつ自分が入っていますけどね。
地下鉄サムやマルコにも、けっこうぼく自身が投影されているかもしれません。

Q マクダフは結局フラっと出て行ったけれど、タミーちゃんの家をベースに暮らすのでしょうか。
ビス丸は直樹君の家までの道中は大丈夫だったのでしょうか。
そしてタミーたちと再会の機会はあったのでしょうか。
どなたかが言っていらしたけれど、ビス丸はお父さんになったのでしょうか。(Marikoさん)

A う~ん、こういう質問には、マクダフの前半生と同じように「謎に包まれている」とお答えするしかない。
逆にいえば、リルが言っていたように「世の中なんでも起きる」というか…。
ただ、ビス丸は直樹の家まで、おそらくかなり苦労したでしょうね。またレインボーブリッジを渡って、
あのルートを帰って行ったわけですから。途中で迷ったり…丸三日くらいかかったんじゃないでしょうか。
直樹の家にたどりついたときは、痩せこけてお腹がぺこぺこだったはず。

Q 私はココとナッツ夫婦がかなり好きなのですが、あの奇妙な喋り方はどうやって思いついたのでしょうか?
先生とIZUMIさんの普段の会話の中にヒントはあったりするのですか?( Rさん)

A あのひとたちは「外国人」ですから、ちょっと変なしゃべり方にしたかったんです。
それから、あのころちょうど『外伝』の中の「緋色の塔の恐怖」を並行して書いていて、
擬古文に凝っていたので、その影響もあるかもしれません。
(夫との普段の会話は、ココナッツ夫妻とはあまり似ていない…と思いますが、
ハタから見たらどうかはよくわかりません…IZUMI)

Q マクダフやビス丸には、具体的なモデルがいたのでしょうか? (あきさん)

A いえいえ、どの動物にも具体的なモデルはいません。この物語でモデルがいるのはタミーだけ。

Q タミーの「先生」は作者ご自身がモデルでしょうか?
なんとなく挿絵の先生と実在の先生の雰囲気が似ているように思えるのですが。
作中の「先生」はどうやら独身みたいですが、もし奥さまがいらっしゃるのなら登場しないのはどうしてですか?
もし独身なら、そこになんらかのIZUMIさんの思惑があるのでしょうか(笑)? (りりさん)

A いいえ、あの「先生」はぼくがモデルではないし、ぼく自身とはかなり違います。
彼の専門は哲学で、離婚して独り暮らしをしています。ちょっと浮世離れした性格の中年男。
(『川の光 外伝』中の「犬の木のしたで」という短編でもう少し詳しいことがわかります。)
『哲学者とオオカミ』というすばらしい本(これはお勧め!)を書いたマーク・ローランズという
変人の哲学者がいますが、なんとなく彼に近いイメージでしょうか。
タミーが飼われている家を、ホームドラマに出てくる絵に描いたような家族にしたくなかったので、
ああいう飼い主になりました。
(私の思惑はまったくありません! IZUMI)

Q タミー救出隊のメンバーを7名としたのは、IZUMIさんのブログで書かれていらしたように、
七人の侍や荒野の七人のイメージもあるのでしょうか? (匿名希望さん)

A これは、ブログに書かれている通りです。このほかに『黄金の七人』というイタリア映画もあって、
こちらも意識していました。7という数字はいろんな意味でちょうどいいバランスなんでしょう。
実を言えば、映画としてはむしろロバート・アルドリッチ監督の
『特攻大作戦』(原題はDirty Dozen、これ、面白いですよ!)が頭にあったので、
12匹にしたかったんですけどね。『七人の侍』同様、こちらも最後の決戦でばたばた斃れていくんだけど。
しかし12匹の動物はあまりに多すぎて…。

Q 印象的だったのが、タータとチッチがスカイツリーに間違って行ってしまうシーンです。
しかも開業に沸いている時期にぴったりでしたので、すごくタイムリーだね、と話していました。
これは、この時期に合わせて登らせようと最初から目論んでいらしたのでしょうか?(南さん)

A いいえ、これはまったくのなりゆきというか、偶然です。
地下鉄に乗って間違った行先にたどり着いてしまうというアイデアが先にあって、
そこがスカイツリーだったら面白いんじゃないかと。
『川の光2』は、全体で1か月くらいの出来事で、季節的には、おそらく4月ごろの話なんです。
スカイツリーはたしか5月開業でしたよね。今年の4月はまだ開業前だから、
ひょっとしたらこれは、2013年4月の話なのかもしれません。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/30(火) 23:30:02|
  2. 川の光
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
<<『川の光2』 Q&A 第二弾 | ホーム | 『川の光2』、堂々完結!>>

コメント

ビスやん♡

おはようございます。
先生のお答え読ませていただきました。
タミーの先生は離婚して一人暮らしという設定なんですね。タミーがいなくなった時、家族で大騒動とかが無かったので・・・今、分かりました。
ビスやんは先生3日も掛かったんですね。
東京の地理は分からないのでビスやんがとにかく猛ダッシュで直樹君のお家にきっと向かったんだろうなとは思っていましたが、丸3日とは・・・
そこまで読んで今朝も号泣ですぅ。
連載が終わってから寂しい朝をですが、こうしてこちらにお邪魔させていただくとまだまだ続いているようで・・・なんか、少し嬉しいです。
うちの黒ラブ、名前は因みに福゜丸(ぷくまるです)よりもシェパードの男の子はもう一回り大きいですし、お昼間はお利口に隠れて、夜猛ダッシュしたんでしょうね。
おなかもペコペコで・・
先生、時折少しづつ何かみんなのお話を書いてくださると嬉しいです。
先生、IZUMIさん、本当にブログありがとうございます。
  1. 2012/10/31(水) 09:41:03 |
  2. URL |
  3. もーちゃん #WSuM4XVo
  4. [ 編集 ]

回答ありがとうございます。

IZUMIさん、先生こんにちは。
お忙しい中、ご丁寧な回答、本当にありがとうございます。抽選で選ばれたら答えていただけるのかと思っていたら、一つ一つ丁寧にお答えいただいていて、とっても感激です!先生、優しい・・・。(早くもうるうる)
キャラクターのモデルは、特にないとのことでしたが、文字として読んだものが、一つの世界になって、登場する動物たちが、まるで生きているかのように感じるのですから、やはり作家の方はすごいですね。引き出しが沢山ないと、やはり、こうはいかないでしょう。また、早く先生の想像する世界に酔ってみたいです。
家族が病気にかかり、ようやく先ほど図書館で新聞を読んで来ました。やっぱり、ビス丸と直樹君の再会のところは、涙なくして読めませんでした。その後、「治ったんだぁ・・・。よかったぁ」と呟いて顔をあげたら、向かいの席の紳士に笑われました。
今日行ったお蔭で、30日の連載を終えてのコメントも拝読出来ました。それから、朝日時評にあった「おかくしさま」と「狭小邸宅」も読んで来ました。前者はコミカル、後者は重い感じでしたが、どちらも、心にぐりぐりと「痛み」を感じさせられるもので、面白かったです。次回も楽しみにしています。あ、質問の回答も!
  1. 2012/10/31(水) 14:43:22 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

読ませていただきました!

読んでいてとてもおもしろかったです。
今回のQ&Aだけでも
自分の知らないことがたくさんわかったし、
質問し忘れていたこともあって
なんだかすっきりしました。

ひとつひとつ丁寧で感激です!!

第一弾だけでもブログにこんなにたくさん

すごいです!
さすがです!

次回もたのしみにしています。
(次は自分のがでるかな?)

いつも思いますが
いい写真がとれてますね。
とくにタミー、ハナちゃんが!
  1. 2012/10/31(水) 16:52:59 |
  2. URL |
  3. ねこゆめ #1OPaO./E
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

質問の答えありがとうございます。
そして、タミーちゃんのいつもながらのカメラ目線の可愛い写真。
心なしかちょっと女の子らしく見えました。
でも、内心は「写真なんか撮っとらんと、はよお菓子くれー」なんでしょうかねー。。。
  1. 2012/10/31(水) 21:59:41 |
  2. URL |
  3. ペペ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/167-11f9fe1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【お待たせしました。質】

こんにちは、タミーです。きょうは、「はろいーんのかぼちゃ」を買ってもらったんだよ!いままでは「あれ
  1. 2012/11/02(金) 15:16:09 |
  2. まっとめBLOG速報

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。