川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タミーが先生と感動の再会!



本日の『川の光2』は記念すべき連載400回目。
そしてついに! ついに! タミーが飼い主の先生のもとに帰還した。

これがどんなにすごいことか、飼い主の立場になってみるとわかる。
おそらく先生はタミーを見つけるために、ありとあらゆる方法に訴えたであろう。
街角に張り紙をして歩く姿は、『川の光2』でも描かれていた。
動物の保護施設も探しただろうし、フォロワ―が多い愛犬家の糸井重里さんなどにお願いして、
ツイッターでタミーの情報と写真を拡散したかもしれない。
しかし、手がかりはいっこうに得られないのだ。
街でゴールデンレトリバーを見かけるたびにハッとし、夜は心配のあまり眠れない日々が続く。

心配が絶望に変わろうとしていたある朝、庭に突然、奇蹟のように舞い降りてきた愛犬。
私ならまず、自分は悲しみが高じて、ついに幻覚を見始めたのかもしれないと思うであろう。

夫によると、先生との再会が400回というキリのいい数字になったのはまったくの偶然。
連載は412回で完結予定で、この後は一種の「長い長いエンドクレジット」になっていくらしい。

ビス丸をはじめとする救援チームのメンバーたち、あるいは倉庫に残されている動物たちの運命はいかに?
残り12回の新聞連載、引き続きご声援を願いします!

P400.jpg

ほんとうによかったね!


スポンサーサイト
  1. 2012/10/16(火) 11:14:24|
  2. 川の光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<皆さま、ありがとうございます。 | ホーム | 最果ての村の犬>>

コメント

こんにちは

タミー、先生本当に良かったですね。
感動の再会に朝から、涙を流しながら読ませていただきました。
ビス丸にマクダフ、タータ、チッチ それにマルコ、キッド 倉庫の皆も幸せになれますように。

  1. 2012/10/16(火) 12:20:44 |
  2. URL |
  3. 鈴木まゆこ #-
  4. [ 編集 ]

良かったです

初めて投稿させていただきます。
こんなすてきなブログ、今日初めて気付きました。
IZUMI様、ありがとうございます。
今日の朝刊、私も涙ながらに読みました。本当に、タミーが先生の元に帰れて良かったです。
明日の朝が楽しみですが、皆先生の元で楽しく暮らすという結末でしょうか・・・??
そしてビス丸があの心優しい少年の所に行く決心をしてくれたのもうれしいです。
少年のお母さんが許してくれると良いのですが。
「川の光2」を読ませていただき、子供の時に大好きだった「グリックの冒険」や「冒険者たち」を思い出しました。
我が家にも犬と猫(捨て猫で引き取り手が見つからなかった猫)がいます。みんな、考え深そうな目で私を見ますが、何にも考えていないのだろうと思っていました(猫は自分の名前を考えているのでしょうけれど)。
でも、きっと考えているんですね。
今、アゲハチョウの幼虫をたっぷり飼っていますが、あの不思議な生命に感激を覚えます。
実は一番何もできないのは人間ではないかと思ったり…。
全ての命あるものが幸せな人生を全うできることを願ってやみません。
  1. 2012/10/16(火) 13:51:34 |
  2. URL |
  3. MK #nQtplrq.
  4. [ 編集 ]

よかった!

はじめてコメントさせて頂きます。
連載が始まってから 毎朝、目が覚めるのが楽しみで いそいそと布団からでては郵便受けに配達されている新聞を広げて 川の光2を夢中で読んでいます。あと少しで 完結ですね・・・動物たちが幸せになれる予感に感激反面、この物語が終わってしまうことの寂しさで 涙がこぼれています

素敵な物語と そして冒険の展開にいたたれない時に このブログの存在に癒されていました。
先生、IZUMIさん 本当に素敵なひとときをありがとうございます!
  1. 2012/10/16(火) 13:51:51 |
  2. URL |
  3. GON #-
  4. [ 編集 ]

演技派!

IZUMIさん、こんにちは。
いや~ん。感動の場面が、実物で見られるなんて思ってもいませんでした。これだから、IZUMIさんのブログは見逃せませんね!
先生の茶目っ気が大好きです。今日も、マイナス5歳!ああ、先生が王子様に見える。私も、誰かさらってくれないかしら?(←かなりの重症。しかも、誰も救出には来ないのに)

  1. 2012/10/16(火) 14:03:32 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

初めまして

ついにコメントの決心がついたので
勇気を出してコメントいたします

毎度感動とハラハラの連続ですが
今日は私も朝から泣いてしまいました

もう連載も残り少ないのですね
でも希望が見えてきたのでもう安心です
  1. 2012/10/16(火) 15:23:47 |
  2. URL |
  3. 奈緒 #kkLh3Uos
  4. [ 編集 ]

再会!

朝から母に川の光2がすごいことになってるよ!と言われパッと見たらタミーさん達が先生と再会しているではありませんか!
もうもう本当に長い旅でした。
正直タミーさんが可哀想でどうなるのだろうと毎回読んでて思ってましたがやっとスッとしました。
あと12回も楽しみです!
  1. 2012/10/16(火) 17:14:43 |
  2. URL |
  3. みもっち #-
  4. [ 編集 ]

ふふふ♪

感動のあまり連投失礼します。

ついに、ついに・・感動のクライマックスがやってきましたね。先生の号泣の姿ももちろん感激しましたが、私はタミーの声を限りの遠吠えに涙が流れました。ずっと辛さに耐えていたタミーの気持ちを思うともうもう・・。

「ひっそりたたずむ何匹かの動物」・・・これも今までの苦労を思うとその気持ちの静謐さに泣けます。
あぁ明日からいよいよ最後に向かっていくんですね。なかなか覚悟が決まらない(馬鹿な女と笑ってくださいませ)。

ところで1枚目のタミーさん・しっかりカメラ目線で「お母さん、こんな感じでいいの?」って言っているようで微笑ましいですね。おりこうさん!!
  1. 2012/10/16(火) 22:12:48 |
  2. URL |
  3. りり #1wIl0x2Y
  4. [ 編集 ]

おかえり、タミー

本当によかった。涙でいっぱい。タミーちゃん、今までよく頑張ったね・・・とか、書きながらもまた涙。
まだまだ書きたいことはいっぱいあるけど、とりあえずは先生もタミーちゃんも今夜はぐっすり眠ってねー。
私もちょっと祝杯あげてぐっすり眠らせていただきます。
明日からの一話一話も大切に読ませていただきます。
  1. 2012/10/16(火) 22:51:38 |
  2. URL |
  3. ペペ #-
  4. [ 編集 ]

よかった!

残念ながら連載新聞を購読していないので、いつもブログを拝見しながらストーリーを自分で想像しているだけでしたが、このIZUMIさんの文章を拝見しただけでいろいろな思い出が重なって胸がいっぱいになって泣きました( ; ; )
タミーちゃん、本当によかった。
松浦先生のご本を読む時、私はいつも「あ〜、もう終わってしまう…」とすこし悲しい気持ちで最後の頁を開くのですが、でも読後の幸福感の大きさがそれを上回ります♪
今回もきっと、すてきな、すてきな、余韻をひくエンドクレジットが用意されているのではないでしょうか? 単行本が本当に待ち遠しい!
そしてIZUMIさんのブログも愛と知的刺激に満ちて本当にすてきです♪
ご自身のご興味の向くまま、どうか続けて下さいね。

  1. 2012/10/17(水) 12:50:24 |
  2. URL |
  3. vio #YlatNgdA
  4. [ 編集 ]

あぁ、帰ってきてくれた

再会した朝の新聞は
涙が止まらず‥‥まわりでそっと
たたずむ動物達。
ビス丸にもみてもらいたい気持ちと
いや、彼はあれで。と納得する私。
また、目を腫らして出勤してしまいました。
いよいよラストなのですね‥‥
チッチとタータは、お父さんの所まで、また長い旅になってしまうのでしょうか?
みんなが再会することは‥‥なんて
違う意味でソワソワしながら
朝をまっています。
みんな幸せになりますように。

おかえりなさい
タミーちゃん
  1. 2012/10/18(木) 08:48:38 |
  2. URL |
  3. らんくす #S3oVS.8M
  4. [ 編集 ]

感動しました!

とうとう・・

我が家に帰ってきましたね!!

涙で字が 霞んで読めませんでした・・

私もみんなと一緒に救出を手伝った気持ちになってます>

ビス丸君は無事に直樹君に再会できたのでしょうか

連載も残り少なくなり・・寂しいです!
  1. 2012/10/18(木) 09:51:44 |
  2. URL |
  3. JIN #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/160-97362daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。