川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

この夏のわたくしたち

八ヶ岳で涼んだのもつかのま、東京は9月中旬を迎えても、まったく気温が下がる気配がない。
「日差しがなんとなく秋の気配…のような気がする…わよね?」などと自分に言い聞かせてみたが、
やっぱり、どう考えても、これはまだ秋とはいえない。
ええかげんにせえよとおかしな関西弁で誰にともなく怒ってみたくなるほどの暑さが続いている。


↑ボール遊びをしても、すぐに息が切れてしまうタミー。

hanachan.jpg
↑遠い目で秋の訪れを待ち焦がれるハナちゃん。

この夏、我々一家は、そろってエアコン依存症になってしまった。
午前中、まだ気温があがらないうちにそそくさと家事その他を済ませると、
あとはみんなで一斉に、冷房をきかせた部屋にひきこもる。
夫はコンピュータチェスと対戦する合間に仕事をし、
私はひたすら本を読み、タミーとハナちゃんは昼寝をするのである。

ある意味、集中できる環境なので、夫はこのところものすごい勢いで
『川の光2』の続きを書きまくり、ほぼ完成に漕ぎ着けつつある様子。
最終回が10月28日と決まっているので、最後まで一度書いてから、細部を調整する作業が必要なのだ。
「ううっ…ビス丸…」などと、書きながら肩を震わせたり涙ぐんだりしていたので、
どうやらラスト30回ほどは、かなりの盛り上がりを見せるらしい。乞うご期待。

アマゾンをポチることだけが楽しみとなってしまった私は、
ポール・セローの分厚い旅行記を2冊続けて読破した後、話題の『屍者の帝国』と『青い脂』を続けざまに読み、
『コルヴォーを探して』『穴掘り公爵』などのエキセントリックな公爵・男爵ものにハマる一方で、
『未完のファシズム』に触発されて日本の1930年代関係の書物を漁り、北一輝の評伝読み比べ大会を実施し…
と、酷暑のなか、乱読としかいいようのない読書生活を送ってきたために、
いまでは脳のメモリが『青い脂』の舞台となった2068年の“中国化したロシア”と同じくらい混乱をきわめ、
「りプス・老外!」(←2068年に流通している意味不明の国際的罵倒語)などと呟きながら
今日もまたコナン・ドイルの評伝や武田泰淳の短編集などを衝動的にポチってしまい、
アマゾン奴隷への道をまっさかさまに転げ落ちていくのであった…。

みなさま、最近読んだ面白い本があったら、ぜひ教えてください…。

スポンサーサイト
  1. 2012/09/15(土) 23:30:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<猫の民主主義? | ホーム | 昭和な玩具を大人買い>>

コメント

IZUMIさん、お元気ですか。昨日までは、本当にどつきたくなるような暑さでしたね。ハナちゃんの納まり方(根性!)が可愛いです。
最近読んだ面白い本は、「川の光 外伝」に決まってますが、IZUMIさんにご紹介するにも、あまりにもレベルが高過ぎて難しいです。
「イギリスのある女中の生涯」なんていうのは、どうでしょう?実際に女中をした人から聞いた体験談なのですが、彼女の女中としてのリアルな感想は勿論、イギリスの社会や世界情勢なども見えて興味深かったです。徳岡孝夫さんというジャーナリストの方の翻訳です。見たら、アマゾンにもあるようです。既に読んでいたらすみません。
着物関係の図鑑なんか、どうですか?そんなに高くないですよ。弓岡勝美さんの「着物と日本の色」「帯と模様」はお勧めです。色や模様の由来なども詳しく解説されています。読書で目が疲れた時にでも・・・。あまり素敵なので、私は母にも贈りました。
それから、実は、私は先生の朝日の評伝を読んでから、伊坂幸太郎さんの本を読み始めたのですが(遅い!)、ベストセラーや映画化された本なども殆ど読んで、一番面白かったのが「バイバイブラックバード」でした。もしまだでしたら、ぜひ。主人公は、しょうもない男の人なんですが、私もやっぱり、こういう人に弱いんです。繭美さんとの関係も奥深いです。
DVDなら、ちょっと古いですが「レッドバイオリン」は?私は、ジョニーデップの「ナインスゲート」の後に観たので、コレクターの世界にどっぷり浸ってしまいました。
  1. 2012/09/16(日) 10:21:58 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

ええかげんにせえよ

私が「ええかげんにせえよ」と言いたくなるのは地下鉄サムでして・・・
「ビス丸を幸せにしたってぇなー」と先生にお伝えください。
タミーとハナちゃんには「この暑さももうちょっとの辛抱やでぇー」とお伝えください。
  1. 2012/09/16(日) 11:00:22 |
  2. URL |
  3. ペペ #-
  4. [ 編集 ]

おすすめの本

 izumiさま、こんにちは。

北一輝関係だと、↓のものがおススメです。

『北一輝―日本の国家社会主義 (1973年) 滝村 隆一 』
http://www.amazon.co.jp/北一輝―日本の国家社会主義-1973年-滝村-隆一/dp/B000J9G088/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1347766100&sr=8-1

めちゃ古い本ですけど、これ一冊で北一輝の思想はもとより、当時の民族国家社会主義、およびマルクス主義者
からみた北一輝像などもわかります。

あるいは、こんなのでしょうか。

『天に響く歌―歌姫・本田美奈子.の人生 』
http://www.amazon.co.jp/天に響く歌―歌姫・本田美奈子-の人生/dp/4847017234/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1347766693&sr=1-1

七年前に亡くなられた歌手、本田美奈子さんの伝記です。
丁寧に取材、調査されており、たいへん読みやすいです。
人生に前向きになりたいと思うときに読めば、たいへん励みになります。

それと、近いうちに私の書いた本が出るかもしれません。
私の職業が、いちおうライター件翻訳家なもので…。
西洋史にかんする入門書ですが、そうした分野は、
先生のほうが私などより、ずっとお詳しいでしょう。
ですが、もし出版の運びとなれば、お知らせいたします。

  1. 2012/09/16(日) 12:51:30 |
  2. URL |
  3. ろんろん #-
  4. [ 編集 ]

ビス丸に何が?

「ううっ…ビス丸…」とはどういうことなのか?ビス丸ファンとしては大変気になるところです。推理したいと思います。
野良犬として犬生を全うしたいと言うマクダフの願いを叶えてやるためビス丸はマクダフを希望する、とある場所に連れて行く。 ビス丸はマクダフとの永遠の別れが悲しくてたまらなくなりマクダフの名を呼び続け、涙を流しながら遠吠えをする。マクダフとの長旅を回想しながら、いつまでもいつまでも…マクダフと今回の長旅でやっと親友レベルにまで仲良くなれたのに、いやビス丸はマクダフを尊敬さえしていた。それなのに…
  1. 2012/09/17(月) 12:11:20 |
  2. URL |
  3. ビス丸のファン #-
  4. [ 編集 ]

IZUMIさんこんにちは。横浜のゴールデン飼いのRです。
この夏は本当に暑く毎日のお散歩もままならなかったので、何度もゴールデンを川やプールに連れて行きそれはそれで楽しかったようです。泳ぎも大分上達しました♪

さて、お勧めの本と言うかDVDと言うか……私がこの夏はまったのがご存知コナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズと英国BBC放送のドラマ『SHERLOCK』です。
このドラマはシャーロック・ホームズやワトソン医師達が現代で暮らして居たら……というものです。そして各話それぞれ原典のシャーロック・ホームズをモチーフにしてます。それがもうまことに上手いこと現代風にアレンジされていて随所で「おおおぉ!こう来たか!」って感じで膝を打っちゃいます。DVDと原典を交互にみて咀嚼すればする程面白さがこみ上げて来ました。
もしまだご覧になっていないのであれば、是非是非みてみてください!
  1. 2012/09/18(火) 13:08:05 |
  2. URL |
  3. R #OARS9n6I
  4. [ 編集 ]

Re: 本

「イギリスのある女中の生涯」!メモメモです。私は基本的にイギリス贔屓なので、これ、すごく興味あります。『レッドバイオリン』は昔見て、面白かった記憶があるのですが、ほとんど忘れてしまっているので、再見しようかな。
  1. 2012/09/18(火) 14:11:15 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

Re: ええかげんにせえよ

そうですよね…サムには私もええかげんにせえと言いたくなる点が多々あります。
しかし夫はこのフェレットがなぜかとても気に入っている様子。
性格的に少し似たところがあるのかもしれません…
  1. 2012/09/18(火) 14:13:40 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

Re: おすすめの本

> 『北一輝―日本の国家社会主義 (1973年) 滝村 隆一 』
北一輝のマイブームが続いているので、読んでみようと思います。
松本健一・渡辺京二・松本清張ととりあえず3冊評伝を読んだのですが、人物像が微妙に違っていて面白いですね。

西洋史の入門書! すごいですね! 刊行されたら教えてください。
  1. 2012/09/18(火) 14:17:02 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

Re: ビス丸に何が?

こんにちは、ビス丸の物語の展開予想、とても興味深く読ませていただきました。
どうなるんでしょうね? 私にも教えてくれないので謎です。
個人的には、マクダフとの友情は、いい感じで続いてほしいのですが…
  1. 2012/09/18(火) 14:20:22 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

英国BBC放送のドラマ『SHERLOCK』、いいですね!なにしろイギリス贔屓なもので、
そして最近『屍者の帝国』『コナン・ドイル』と立て続けにシャーロック・ホームズ関連の本を読んだので、
ぜひ見てみようと思います。
これ、『裏切りのサーカス』にも出ていたカンバーバッチの出世作ですよね?楽しみ!
  1. 2012/09/18(火) 14:23:01 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/148-f2af7d60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。