川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タミーの脱走癖



先日カワウソの本をご紹介したら「私もカワウソに拭かれてみたい」との反響が。
ちなみに上の写真は、タミーが人間を拭いているところ。
濡れるとエキサイトする犬なので、シャンプーのあとは、こうやって人間を拭いたり、
ソファを跳ね回りながら拭きまくってカバーをぐしょぐしょにしてしまったり、いつも大騒ぎだ。

ところで、このところ夫によってダークサイドが次々と暴かれているタミーが、
最近、また新たな悪癖に染まりはじめた。「脱走癖」である。

きっかけは、空模様が不安定だったある日の夕方、雷恐怖症が高じて、網戸を鼻先でこじあけて脱走したことだ。
あっという間の出来事だったが、このときは現場を目撃していたので、すぐに追いかけてなんとか連れ戻した。
だが、自力で工夫すれば外に出られることを知ってしまったタミーは、
映画『暴力脱獄』のポール・ニューマンのごとく、不屈の意志で脱走を試み始める。

第一回脱走事件の数日後、夫と私がビールなど飲みながら夕食をとっていると、玄関のチャイムがピンポン鳴った。
なんとなく悪い予感がしてドアを開けると、そこにはなんと、警官に連れられてニコニコ笑っているタミーの姿が…。
私たちが何も気づかずのんびり食事していた20分ほどの間に、網戸を破って脱走し、
近くの駐車場で寝そべっていたところを捕獲されたらしい。
近所の方が通りかかって「あの家の犬では?」と教えてくださったのだそう。
幸いどなたにも迷惑はかけず、警察官の方がおせんべいを出して呼んだらおとなしくお縄になったらしい。
しかし、官憲のお世話になってしまうとは…非行少女の親になった気分である。

その後も隙あらば脱走しようとするので、この暑いのに一階の大きな窓はしばらく締め切ることにした。
ここ一週間ほどは見張りながら網戸に戻しているが、ついにあきらめたのか、脱走する気配がないので、
引き続き警戒しながらも一応ほっとしている。

公園でよく会う小型犬エリックのおじいちゃんによると、昔の犬は放し飼いで、
帰宅するころを見計らって迎えに来てくれたそうだ。
いまは犬が一歩外に出ると、すぐさま補導されてしまう。
そう考えると、我が家で一番自由なのはハナちゃんかもしれない。
猫専用ドアから勝手に出入りできるし、いつどこに出かけても、誰にも文句を言われないのだから。

P1030209.jpg

ちなみにハナちゃんのモットーは、ジョン・ロールズが『正義論』で提唱した自由の第一原理
「各人は基本的自由に対する平等の権利をもつべきである。その基本的自由は、他の人々の同様な自由と
両立しうる限りにおいて、最大限広範囲にわたる自由でなければならない」だそうである…。

スポンサーサイト
  1. 2012/09/06(木) 12:07:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<八ヶ岳で遊ぶ | ホーム | ニホンカワウソを悼む>>

コメント

どや顔タミーちゃん!

IZUMIさん、こんばんは。そちらは、雨、大丈夫ですか?
タミーちゃん、得意顔ですね~。こういうの、どや顔とか言うんじゃなかったでしたっけ?可愛いです。洗うのも大変そうですが、拭く、じゃなかった、拭かれるのも大変そうですね。いい運動、どころか、お疲れになることでしょう。スポーツの種目になりそうですね(目指せ、金メダル?)。
うちの猫も、住宅事情で室内飼いになりましたが、何度か脱走しました。網戸を開けてしまうので、ガムテープで固定しているのですが、それでも、爪で破ってしまいます。追いかけると逆効果なので、待つしかないのですが、出ていった場所を開けておいて、敷地に入って来たところで「こらっ!」と大きな声を出すと慌ててそこから入って来ます(←いけないことをしたという自覚はあるようだ)。小心者で頭が悪いところも、飼い主によく似ています。
  1. 2012/09/06(木) 21:27:57 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

夏が過ぎるとデビューする学生?

あらら
タミーちゃん、脱走ですか。
しかも、お巡りさん同伴で帰宅とは…。
夏によくデビューしてしまう学生みたいですね。
脱走はだめですよ。
そんな私は屋根と塀をつたって、自分の部屋に
よく帰宅したけど…。タミーちゃんはこんな
悪い人間になってはいけません。

しかし、ドヤ顔してますねー。
  1. 2012/09/07(金) 14:22:27 |
  2. URL |
  3. らんくす #-
  4. [ 編集 ]

ウチのわんこの脱走

ウチの子の脱走劇を話させてください。
以前数ヶ月訓練士さんにお世話になってました。
近所の河川敷でお友達のわんちゃんたちとノーリードで遊ばせてあげたかったのと、何か災害が起きた時を想定してのことでした。
訓練開始すぐにその訓練士さんは昔ながらの体罰を使って訓練する方だと分かって、続けようかどうしようか悩みましたが、契約してしまってるし・・・ってことで、結局訓練最終日に。
タミーちゃんと同じくよその人もそよのわんちゃんも大好きな子ですが、その訓練士さんのことは最後まで嫌いでした。
そして、訓練最終日に訓練中に大脱走。
訓練士さんは「あんな犬もう帰ってこなくていい。捨ててしまえー」と逆切れ。
その一時間後くらいに無事に自力で家に帰ってきました。体中ひっつき虫だらけにして・・・
心配しつつも「でかしたー、よくあの訓練士さんから脱走してくれたー」と思いました。
  1. 2012/09/07(金) 22:16:41 |
  2. URL |
  3. ペペ #-
  4. [ 編集 ]

タミーのドヤ顔が

注目を浴びておりますが…
ちょっと甘やかしすぎてしまったのではないかと最近反省しています。
脱走も、私たちがあわてふためいて追いかけるのを一種のゲームとして楽しんでるような気が。
でも、ぺぺさんのわんちゃんの脱走には快哉を叫びたくなりますね。
  1. 2012/09/09(日) 11:11:35 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/145-7f4812b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。