川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夫です。タミーのダークサイド(続き)。



お暑うございます。
夫です。またしてもお邪魔しております。
先日はつい興奮しすぎて中断を余儀なくされ、ご迷惑をおかけしました。
この暑さでは原稿も書けませんので、
今日は拙宅の駄犬の性格上の「暗部」につき、もう少々筆を費やしてみたいと思います。

タミーのダークサイドその2──「かげひなたがある」
他人のいる場面といない場面で態度がコロッと変わる。人間にもいますね、そういう人が。
何かの拍子でそういう振る舞いが露見すると、実に感じが悪いですよね。

タミーはいつも機嫌よくニコニコしているように思われがちですが、実は、
ときどき野太い声で恫喝的に吠えることがあります。お隣りの敷地を人が出入りするような場合です。
すぐさま言っておきますが、このこと自体を「かげひなた」と難じているわけではありません。
こういう「無駄吠え」行為は、まああまり良い振る舞いとは言えないものの、
犬としての務めをそれなりに果たそうとしているのだ、とわたしたちは好意的に解釈し、容認してきました。
「やっぱり、防衛本能があるんだね」
「自分の家族のテリトリーを守ろうとしてるのね」
「ぼくらを外敵から護ろうとして、一生懸命なんだよ。健気なやつじゃないか」
といった具合に。

ところで、ある日私は、ついうっかり鍵を忘れて外出し、玄関から入れないので庭に回り、
伸びほうだいの草むらを踏んで、ガサゴソ大きな音を立てながら、敷地に入っていきました。
きっとタミーが侵入者に気づき、騒々しく吠え立てるだろうな、と思いながら。
ところが、キャンもクーンも、いっさいありません。
完全な沈黙しかありません。
ガラス戸の前まで来て、私の姿が初めて見えるようになったとき、
奥の方でこっそり外の様子を窺っていたらしいタミーが、ようやくおずおずと出てきました。
私だとがわかると、やっと安心したようにガラスの向こう側でしっぽを振りはじめました。
こういう体験が何度か繰り返され、ようやく判明したのは、
タミーは独りぼっちでいるときには、家の奥にひっそりと隠れていて、
表で何が起ころうと、テリトリーの境界を誰が侵犯しようと、
誰にも気づかれないようにじっと息をひそめているのだ、という事実でした。
こいつ、実は、とても怖がりの、弱虫の、意気地なし犬だったのです!

では、私たちが在宅しているとき、あんなに恫喝的に、ウウウ……バウッ、バウッ、バウッと
居丈高に威嚇する振る舞い(地獄の番犬ケルベロスもかくやとばかりの、
物凄い吠え声と唸り声を上げるのです)は、いったい何なのか。
防衛本能でも何でもなく、私たちを護ってくれようとしているわけでもなく、単に、演技だったのです。
『マールのドア』の著者も書いていますが、いやあ、犬っていうのはたいへんな「演技派」なんですよ。
「ぼく、役に立つ番犬なんだよ! 四六時中、うちを守っているんだよ! 
ちょっとでも不審なことがあったら、いつでもぼくが大声で知らせるよ! 
何者も何事も、ぼくの細心で注意深い監視の目をのがれることはできないぞ!
怪しいやつは、ひと思いに噛み殺してくれるわ!
ぼくが目を光らせているかぎり、大丈夫、お父さんもお母さんも安心して暮らせるよ!」

つまり、タミーの吠え声は、外へ向かっての威嚇ではなく、
「私と家内へ向けての自己アッピール」だったのでした。
タミーは実に、そんな「かげひなたのある」犬だったのでした。

実際に空き巣か何かが入ってきたら、バウバウ吠えるどころか、
誰にもそうするように、しっぽを振りながらすりよって、
「やあ、こんにちは! ぼく、タミーだよ! ぼくはあなたのことが大好きさ!」
と愛想よく挨拶してしまうに決まっています。
そういう犬っていったい、いかがなものでしょう……。
スポンサーサイト
  1. 2012/08/28(火) 13:05:06|
  2. タミー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<宮沢賢治の悪い動物たち | ホーム | 高円寺阿波おどりを見物>>

コメント

うちのわんこも似たようなところありますね。
庭で豆を乾燥させている時鳩が来るのですが、
人の気配が無い時は全く鳩を追っ払いません、見ているだけです。
  1. 2012/08/28(火) 14:24:35 |
  2. URL |
  3. 遼 #dPE4wBkA
  4. [ 編集 ]

とても優しいわんこちゃん

完全に鳩の味方です。

人の気配がある時は、

「危ないよ、人が来たよ!」

と鳩に知らせてあげてるんですね。
  1. 2012/08/28(火) 21:09:46 |
  2. URL |
  3. わいこ #-
  4. [ 編集 ]

主演女優賞をあげたい・・・

先生こんにちは、お元気ですか。タミーちゃんのお話の続き、楽しみにしていました。
>> そういう犬っていったい、いかがなものでしょう……。
 いやぁ~、たまらなく可愛らしいです・・・(笑)。「ぎゅーっ」と抱きしめてあげたくなりました。

 本番じゃないから気を抜いているんですよ。本当の危機が迫ったら、必ず勇姿を見せてくれることと・・・(多分)。先生の前でいいところを、なんて、憎めないどころか、泣けちゃうんじゃないですか?
 それよりも、鍵を忘れて庭の草を踏み分けている先生の姿は、ファンとして悲しいものがありますね(←嘘です。そんな先生が益々大好きになりました)。まさか、それは、地雷を踏み(IZUMIさんの逆鱗に触れ)、締め出された訳じゃないですよね・・・。
 類は友を・・・、いえ、朱に交われば・・・でしたっけ?ペットというものは飼い主に似てしまうのでは???うちの猫も、毎日飼い主そっくりの間抜けぶりを発揮しております。
 ご活躍を心からお祈りしています。先日のテレビ素敵でしたよ!またお目にかかる機会がありますように。 
  1. 2012/08/29(水) 09:18:59 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

追伸:その3は、いつ読めるのでしょう?

先生、続きを「ものすご~く」楽しみにしていますからね。カワイイタミーちゃん、ハナちゃんに、よろしくお伝えください。あ、カワイイ奥さまにも!
何だかちっとも涼しくなりませんが、お体くれぐれも大切になさって下さい。あ、鍵の携帯も忘れずに・・・。
  1. 2012/08/30(木) 18:01:43 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

こんばんは

楽しみに待ってました(笑)

今回の件は家族以外の人で試してみたことはあるのでしょうか?
もしかしたら、足音で先生だと気づいていたけど、いつもと状況が違うので戸惑っていただけかもしれませんよ。
どうして玄関からじゃないんだろう?と冷静に状況を観察していたとか・・・(笑)

とにかく、いつものタミーちゃんの写真からは先生や奥様への愛が溢れてますよ。
すごく良い写真ばかりですから。
タミーちゃんへの愛も溢れてるからですね(笑)



  1. 2012/08/30(木) 22:43:54 |
  2. URL |
  3. まゆろあ #-
  4. [ 編集 ]

お誕生日、おめでとうございます!

たびたび、すみません。
奥さま、お誕生日だったのですね。おめでとうございます!きょうは、パーティーでしょうか?
29日掲載の朝日の「文芸時評」拝見しました。
川上さんの作品、調度図書館で読んで来たところでした。前に短編集があったと知らず・・・。ぜひ、読んでみたいと思います。小山田さんの「ディスカス忌」も面白そうですね。時評、次回も楽しみにしています。
ご家族皆さんで素敵な一日をお過ごしください!
  1. 2012/08/31(金) 11:44:40 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

タミーちゃんは可愛い

侵入者への威嚇は頑張って家族を守ってるってアピールを、家族はちゃんと受け止めてくれてるって知ってるんじゃないんでしょうか。
それにしても、「川の光2」もあと二ヶ月ですよね。
くどいようですが。。。タミーちゃんが早く無事救出される事を願ってますが、毎朝の楽しみが無くなるのも・・・そのふたつを天秤にかけるとすれば、どうかなー??
昨日登場したおもちゃの数々。
「リリヤン」がものすごく懐かしかったです。
存在すら忘れてました。子供の頃はまりました。
思い出させてくれてありがとう、マクダフ、マルコ。そして松浦先生。
  1. 2012/08/31(金) 21:27:09 |
  2. URL |
  3. ペペ #-
  4. [ 編集 ]

タミーを擁護していただき、感謝です

母によると「人がいないときは省エネしてるんじゃないか」とのことですが…
それにしても、マルコがマッチを擦れるとは…もう動物じゃないだろお前、とツッコミを入れたくなってしまいますね…
  1. 2012/09/01(土) 01:29:56 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

人間並みの知識

確かに、最近のマクダフとマルコの台詞は人間並みですね。マクダフの「ほう、そりゃあ、面白い」っていうのは、ボヤ騒ぎを起こして警察沙汰を狙っているんでしょう。しかし、いつ、どうやって、どのタイミングで花火に着火させるのか?もしかして、鳥達に『火』(火のついたタバコの吸い殻?)を調達させるのか?
いや、その前にタミーを脱出させないと…う~ん、スリル満点。ワクワクしますね~
  1. 2012/09/01(土) 15:19:35 |
  2. URL |
  3. ビス丸のファン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/142-3098e1d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。