川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高円寺阿波おどりを見物

夏バテのため、最近すっかり引きこもり気味だった私たちだが、
たまには外気に触れなければ!と急に思い立ち、高円寺で開催中の「阿波おどり」を見に行った。



このお祭りが毎年、高円寺で行われているのは知っていた。
でも、同じ中央線沿線エリアに住んでいながら、なぜかこれまで一度も見物したことがなかった。
実際に体験してみて驚いた。舞台になるのは高円寺駅周辺の全域。
2日間(今年は8月25,26日)で100万人が集まり、1万人が踊る狂乱の一大イベントだったのである。

P1030189.jpg

17:30ごろ高円寺駅に着くと、地響きのような太鼓の音が聞こえてくる。
「は~い、立ち止まらないで矢印に沿ってどんどん移動してくださいね~」との誘導のもと、
人混みにもみくちゃにされて青梅街道方向に南下していくと、
脇の車道を次から次へと阿波おどりの「連」が踊り狂いながら通過していく。

P1030183.jpg
P1030184.jpg
↑衣装が個性的であでやか。女性の踊り手は下駄でつま先立ちする離れ技を平然とやってのける。

P1030193.jpg
↑太鼓の迫力ある低音がとにかくカッコいい。これぞジャパニーズ・グルーヴ。

夫とふたり、汗をだらだら流しながら、茫然と見入ってしまった。
「右手と右足、左手と左足が連動してるんだね…」
「日本の踊りはあれが基本なんだよ。“ナンバ”っていうやつだね」
「ここにタミーが飛び入り参加したらどうかしら…」
「“どうぶつ連”?」
「ハクビシンや猫なんかと一緒に踊ってたら可愛くない?」
「足もとを見ると、小さなハッピを着たネズミもいてね…」

暑さと太鼓のリズムで頭がぼんやりして、馬鹿話しかできなくなってきたので、
ハイになって浮かれ騒ぐ見物客の波に運ばれながら帰路についた。

P1030197.jpg
↑「冷やしきゅうり」というネーミングで売られていた謎の食べ物。要するにただのきゅうりなのだが…。

P1030198.jpg
↑ガード下で待機していた「水玉連」と「いろは連」の人々。

いやあ~楽しかった。そのうち本場の徳島にも行ってみたいものだ。
とりあえず来年はまた高円寺で、桟敷席というものがあるのがわかったので、
あらかじめチケットをゲットして、座ってビールでも飲みながら見物しようと思う。





スポンサーサイト
  1. 2012/08/25(土) 23:08:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<夫です。タミーのダークサイド(続き)。 | ホーム | 書庫を取材される>>

コメント

阿波踊り

IZUMIさん、お元気ですか。今日も、暑くなりそうですね。
徳島は夫が初めて職にありついた場所で、5年ほどいました。町の色々な場所で踊りの練習が始まると、ああ、また夏が来たなと感じます。当日は、本当に凄い人です。市役所前などの演舞場の桟敷席なら、座ったまま有名連を観られるので(ビールなどを片手に・・・)楽ですが、体力があれば、連について町中をぐるぐる回る(「流し」という)のもまた楽しいです。「にわか連」なんていうのもあって、観光客の方々も飛び入りで踊っていますよ。踊らにゃ損、損、ですからね。粋で色っぽい「女踊り」も素敵ですが、私は女性が踊る「男踊り」が好きです。徳島にいたのにどうして踊りを習わなかったのか、それが何よりの心残りです。お体くれぐれも大切に。お仕事に趣味に頑張って下さい。
>> 私はあくまでも黒子に徹しようかかと・・・ ← そりゃあ、あんまりですぜ、おかみさん!
  1. 2012/08/26(日) 09:56:55 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

阿波おどり

いいですねえ!踊ってみなかったのですか。我が家も阿波おどりが大好きで、いつか本場で見たいのですが、夫の職業上(石屋さん)、お盆は出かけられません。以前、徳島の阿波おどり会館に行ったことはあるのですが、1万人はすごいなあ。高円寺なら、いけるかも。神楽坂でもやってますよね。来年こそはいってみよう。
  1. 2012/08/29(水) 15:37:27 |
  2. URL |
  3. ishizuayako #-
  4. [ 編集 ]

Re: 阿波おどり

徳島には素人が飛び入りできるシステムがあるらしいのですが、高円寺ではどうしたらいいかよくわからなくて、ただ茫然と見ているだけでした。
高円寺でもかなりの迫力ですよ!来年はぜひ!
  1. 2012/09/01(土) 01:26:21 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/141-9373111a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。