川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DVDで見る犬映画①『ウェンディ&ルーシー』

尖閣諸島に今度は日本人が上陸、中国各地で反日暴動が起きている残暑の夏。
そんな不穏な国際情勢をよそに、『川の光2』の動物たちは江東区の片隅をちょろちょろして
ささやかな計略をめぐらしたり、遠吠えしたい気持ちをぐっとこらえたりしている。
そのスケールが極度に小さな感じが、かえっていとおしい。

私は夏バテですっかり体力を消耗して、都心の劇場にすらたどり着くのが困難なので、
もっぱらレンタルDVDで映画を見ているのだが、そんななか、心に残る犬映画の佳作に出会った。
タイトルは『ウェンディ&ルーシー』。2008年製作の劇場未公開作品で、最近DVD化されたばかり。



ウェンディは廃車寸前のホンダ・アコードに乗って、犬のルーシーと一緒に旅をしている。
所持金は残り500ドルほど。夜は犬と一緒に毛布にくるまって車の中で寝る。
どうやらアラスカまで行って、缶詰工場で働こうと思っているらしい。
ところがオレゴン州の小さな町で車が故障し、ドッグフードも底をついてしまう。
スーパーで小さなパンと犬用の缶詰をポケットにしのばせ、店を出ようとしたウェンディは店員に制止される。
「ドッグフードも買えないような人が犬を飼うべきじゃない」などと説教された挙句、
警察署に半日拘留されて戻ってくると、つないでいたはずの犬の姿がどこにも見えない…。

WLimages1.jpg
↑ルーシーを演じたのは監督が飼っている犬だそうで、実にイイ顔をした雑種。
ベースはレトリバー系のようだが、半立ちの耳なのでテリア系も入っているかもしれない。
(ちなみに、完全な垂れ耳犬の飼い主として、私は以前から、
この「半立ち耳」というやつに、強いあこがれを抱いている…)

孤立無援のウェンディは必死になって犬を探しまわる。
とぼとぼ歩いていった5キロ先の動物収容所にもルーシーはいない。
車は整備工場に預けてしまったので公園で野宿していると、半分頭がおかしい男がやってきて
意味不明の独り言を言って去っていく。
パニックに陥ったウェンディは、唯一の避難場所であるガソリンスタンドのトイレに駆け込んで気を鎮める。

典型的な低予算インディーズ作品で、上映時間もわずか80分。
「なにこの退屈な映画…」と思う人もきっといるだろう。
でも、あまり予算が潤沢でない一人旅をしたことのある人なら、
この停滞したロードムービーの身を切るような旅情に共感できるのではないだろうか。
ガス・ヴァン・サントの映画が好きなら、絶対に好きなはず(ガス・ヴァン・サント組の俳優も何人か脇役で登場)。
主演のミシェル・ウィリアムズの痛々しいたたずまいが、アメリカ北西部の空気感に溶け込んでいる。

そして結局、ウェンディとルーシーはどうなったのか…は言わずにおくが
犬は不幸にはならないし、かすかな希望を残したエンディングであることだけはお伝えしておきたいと思う。





スポンサーサイト
  1. 2012/08/20(月) 11:23:53|
  2. 動物の映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<テレビ出演顛末記 | ホーム | 夏バテのタミーよりお知らせ>>

コメント

面白そうですね!

祝復活!IZUMIさん、こんにちは。何だか、前よりずっとお元気そうですね。
IZUMIさんの映画紹介、いつもとても楽しみにしています。ミシェル・ウィリアムズさんの映画ですか!ワンちゃんの活躍(?)や結末を知りたいのは勿論ですが、その二人(一人と一匹)が出ているというだけでも十分観る価値ありそうですね。この女優さんは、本当に化けましたよね。私は、「ウーマン ラブ ウーマン」が最初でしたが、ボーイッシュで初々しい感じだったんですよ。それが、「彼が二度愛したS」、「マリリン」などと、どんどん円熟した大人の女性になって行って・・・。今調度やっている「テイク・ディス・ワルツ」も観たいところですが・・・。DVDを探すのも、どうやら子どもの夏休みが終わってからになってしまいそうです(すみません)。
話は変わりますが、先生、明日の収録頑張って下さいね!
  1. 2012/08/20(月) 18:02:26 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます!

ミシェル・ウィリアムズがお好きなら、これは断然おすすめです!幸薄な感じが堪能できますよ。
  1. 2012/08/21(火) 23:54:02 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

『ウェンディ&ルーシー』見ました!

はじめまして。

川の光日記もツイッターでのつぶやきも
密かに楽しみに読ませていただいております。

おススメのDVD、コレ絶対おもしろそう!、と直感で早速借りてきて観ました。
いやー、もうこれ大好きです!!
見終わったばかりなので、まだ静かな余韻を反芻wしてます。
今は犬を飼ってはいませんが、こどもの頃にいた犬がルーシーに少し似てる(思い込みかも)のでいっそうきゅんとします。
ミシェル・ウィリアムズが「ルーシー!」と呼ぶ声がまだ耳に残ってます。

こういう作品が好きな人、多分いると思いますのでこちらのブログも映画のこともツイッターでつぶやかせてください。
また紹介される作品待ってます。

  1. 2012/08/23(木) 15:39:49 |
  2. URL |
  3. ベニチガヤ #-
  4. [ 編集 ]

Re: 『ウェンディ&ルーシー』見ました!

ベニチガヤさん、こんにちは。そういえばツイッターでよくお見かけするような…
映画が気に入っていただけたみたいで嬉しいです!
あまりにも地味なので、公開が難しかったのはわかるような気もしますが…
  1. 2012/08/23(木) 17:48:05 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

遅ればせながら・・・

『ウェンディ&ルーシー』、拝見しました。ラスト、切なかったですね~。泣いてしまいました。私なら、どうしたかな・・・?ウェンディについての説明も特になく、音楽もなく、登場人物もごく僅かで、淡々と進んで行くのですが、何をやっても上手くいかない展開に、ぐいぐい引き込まれて行きました。唯一、警備員さんとの触れ合いには、ほっとさせられました。ミシェル・ウイリアムスは、笑顔がチャーミングなのに、「憂い」を帯びた表情も、またいいですね。「テイク・ディス・ワルツ」の時も思ったのですが、ふくらはぎがとても美しかったです。軽井沢から戻られましたら、また映画紹介、楽しみにしています。
  1. 2013/08/16(金) 13:55:26 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

ウェンディ&ルーシー

そういえば去年の夏にDVDを見て感想を書いていたんでしたね。
ほとんど何も起きないような映画ですが、なかなかいいんですよね~。
軽井沢に来てからは、映画やDVDを見る機会がぐっと減ったのがちょっとさみしいです。
TSUTAYAディスカスを試してみようかと検討中です。
  1. 2013/08/18(日) 16:13:08 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/138-1f8582ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。