川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『七人の侍』を見直してみた



WOWOWで「黒澤明監督全30作品ハイビジョン一挙放送」という壮大な企画が始まり、
第一弾が『七人の侍』だったので、3時間半の大作なのについ最後まで見てしまった。

やっぱりこれは、何度見ても名作だと思う。
見る時期によって好感を抱くキャラクターが違うだけでなく、
その都度、新しい発見があり、新しい見方ができるのがおもしろい。

昔は、私も御多分にもれず、宮口精二が演じるストイックな剣の達人、久蔵がお気に入りだった(写真右端)。
寡黙で一見コワモテの個人主義者だが、芯は優しい、という必殺キャラだ。
『七人の侍』で好きな登場人物のアンケートを取ったら、間違いなく上位に食い込むのではないか。

今回見直してみて、ぐぐっと存在感を増したのが、五郎兵衛(稲葉義男/左端)と平八(千秋実/左から4人目)。
物静かでおだやかで、笑顔がなんともしれず良い五郎兵衛と、
武術の腕は「中の下」だが、飄々としていてその場を和ませる平八。
どちらもオトナの苦労人で、組織における自分のポジションをわきまえて行動する。
こういう登場人物に好感をもつようになった私も、少しは大人になったということか。

ちなみに『川の光2』のマクダフが救援チームの再会に感激して
「ううむ、『七人の侍』と言おうか、『荒野の七人』と言おうか…」と感慨をもらしているが、
『荒野の七人』はご存知のように『七人の侍』のリメイク。
虫が7名を演じるピクサーの『バグズ・ライフ』に至るまで
数多くのリメイクや翻案があり、映画界に与えた影響は計り知れない。
スピルバーグの『プライベート・ライアン』を見て
「うわ~『七人の侍』が本当に好きなんだなあ…」と思った人も多いのではないか。

ところで、『川の光2』の救援チームを『七人の侍』に
仮にあてはめてみるとこんな感じだろうか?

勘兵衛(志村喬)=マクダフ
菊千代(三船敏郎)=ビス丸
勝四郎(木村功)=チッチ
七郎児(加東大介)=タータ
平八=マルコ
五郎兵衛=リル
久蔵=キッド

久蔵=キッドがちょっとこじつけのような気もするけれど、まあ「遊軍」的な存在ということで。
マクダフには官兵衛のほかに「やるべし!」と野武士討伐の決断を下す村の長老も少し入っているかもしれない。

しかし、もうこの作品に関してはネタバレもないだろうから書いてしまうが、
野武士との壮絶な攻防戦を経て、この七人のうち、生き残るのは三人だけなのだ。
『川の光2』ではそんな事態にはならないことを切に願う。



スポンサーサイト
  1. 2012/08/13(月) 22:20:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<夏バテのタミーよりお知らせ | ホーム | 残暑をのりきる方法>>

コメント

嫌です

生き残るのが3人だけなんて嫌です。
でも、ずっと気になってというか・・・引っかかってる一節があって。心配してます。
みんな幸せになーれ!!
  1. 2012/08/14(火) 22:39:58 |
  2. URL |
  3. ペペ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/08/15(水) 00:32:40 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: ハッピーエンドやで~

> 『川の光2』はハッピーエンドやと思います。ビス丸は直紀の家族の一員になるって。タミー達はキラキラ輝く川のほとりに行くんやて、絶対に。

ビス丸のファンさん、こんにちは。対応が遅くなり申し訳ありません。
ブログやっているくせに技術的なことがあまりわかっていないのですが、とりあえず削除しておきました。
私も、救援チームは誰も傷つかずにハッピーエンドだと信じてます!
  1. 2012/08/15(水) 09:13:03 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございました。

ご迷惑をおかけしました。コメントの投稿に不慣れですみません。新聞小説を毎朝楽しみにしています。だから休刊日は終日、脱力感そのもの。休刊日はやめてくれ~
  1. 2012/08/15(水) 11:26:39 |
  2. URL |
  3. ビス丸のファン #-
  4. [ 編集 ]

七匹のサムライ

この前のコメにも書きましたが、絶対ぜったい哀しいエンディングはイヤです・・・。
先生に一番影響力がある(と思われる)IZUMIさんのお力でなんとか、なんとか誰一人欠けることなく幸せになってほしい!!とお伝えくださいませ。
そして勝手なお願いですが、できれば第3弾としてふるさとの森に帰ったキッドが危機に陥り、タミーをはじめとして「七匹のサムライ」が再集結、縦横無尽の大活躍・・なんてどうでしょうか?

私も「七人の侍」先日見ました♪
本当に何回見ても素晴らしいですよね!
何かで読みましたが、アメリカでは冷静なリーダーとして志村喬に一番人気があり、フランスではクールな宮口精二が一番人気だそうです。なんだか国民性が出ていて面白いですよね。
それにしても志村喬や三船敏郎など往年の名優を見てつくづく思うことはもうああいう顔の、存在感のある日本人はいなくなったなぁ・・・ということです。
みんなキレイになりスタイルも良くなったけどぺらぺらな感じになってしまった・と。



  1. 2012/08/15(水) 12:25:15 |
  2. URL |
  3. りり #1wIl0x2Y
  4. [ 編集 ]

では、先生は?

IZUMIさん、その後お体の調子は如何ですか。今日も暑くなりそうですが、くれぐれもお大事になさって下さい。IZUMIさんの健気な姿に、先生も「僕がこうして安心して仕事が出来るのも、君のお蔭だよ」(←先生も、暑さで多少ダメージを受けている?)と自慢の料理でねぎらって下さることでしょう。(すみません、脚色してしまいました・・・。)
IZUMIさんは、周囲をきめ細かく観察し、常に冷静な判断が出来る方とお見受けいたします。私は、初めて映画館でこの映画を観た時、志村さんしか見えていませんでした。リマスター版の何度目かのリバイバルだったと思いますが、前から二番目ぐらいの席で観ていて、戦いの場面(馬が攻め込んで来て始まる)に大興奮し、スペクタクルというのは、CGじゃなくこういうのを言うのだと思ったことを覚えています。そういえば、この映画、途中で休憩があるんですよね!
7匹に当てはめられた役者さん、まさにぴったりだと思いますが、因みにIZUMIさんからみると、先生はどなたに当たるのでしょう?ぜひ、お聞かせ下さい。
  1. 2012/08/16(木) 09:08:07 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

Re: 七匹のサムライ

りりさんこんばんは。哀しいエンディングには、おそらくならないはずなのですが、
なにしろ作者が少々ひねくれておりますので、最後までわかならい…そんなサスペンスも含めてお楽しみいただければ…。

往年の名優の顔については、まったく同じことを感じました。
顔がその人を物語っているので、よけいなセリフはいらないんですよね。
  1. 2012/08/17(金) 23:05:07 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

Re: では、先生は?

あきさん、こんばんは。ここ数日、抗ヒスタミン剤漬けで使い物になりませんでしたが、
本日、ようやく復活しました…。

>因みにIZUMIさんからみると、先生はどなたに当たるのでしょう?

本人に聞いたところ、「勘兵衛に決まっているじゃないか」とのことですが、
私は常日頃から、彼と対話していると、向こうがボケ、こっちがツッコミという感覚なもので、
なんとなく平八も少し入ってるんじゃないかと疑ってます…
  1. 2012/08/17(金) 23:09:27 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/136-fb26d02d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。