川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アニメ『川の光』を見直してみた

夫が青白い炎に包まれながら、一心不乱にキーボードを叩いている。
その姿は、あたかもトライアスロン競技で3種目めのランに入り
体力がやや消耗してきた孤高のアスリートのようだ(BGMは「炎のランナー」)。

そんな夫を後目に、差し迫った締切のない優雅な私は、ふと思い立って、
久しぶりにアニメ『川の光』を見直してみることにした。

oyako.png
↑巣穴で丸くなって眠るお父さんとチッチとタータ。シックな色調と背景の緻密な描写に目を奪われる。

アニメ『川の光』がNHK総合で初めて放映されたのは2009年6月。
その後、何度も再放送され、DVDにもなっているし、海外の映画祭でも数々の賞を受賞しているらしい。
なにしろこれは、TVアニメとは思えないほど豪華なスタッフ・キャストで作られた、贅沢きわまりない作品なのだ。
監督は平川哲生さん、演出協力は『クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲』の原惠一さん。
美術監督は『もののけ姫』や『時をかける少女』の山本二三さん。

さらに驚愕すべきは声優陣。山寺宏一さん(お父さん)、折笠富美子さん(タータ)、
金田朋子さん(チッチ)、平野綾さん(タミー)、大塚昭夫さん(グレン)、田中敦子さん(ブルー)。
声優さんに詳しくない私ですら、すごい人たちが集結しているのがわかる。
『攻殻機動隊』シリーズのファンなら、草薙素子(田中さん)、トクサ(山寺さん)、バトー(大塚さん)の
主役3人が思いがけない役を演じているのにびっくりするだろう。

夫と私は、放映前にNHKでの試写室のスクリーンで見せていただき、感激のあまり涙ぐみ、
夫は涙ぐんだ状態のまま上映後に皆さんにご挨拶をするという過酷な試練にさらされた。
試写にはチッチ役の金田朋子さんもいらしていて、打ち上げでお話することができたのだが、
「こんな声の人が、本当にこの世にいるのか…」と驚嘆したのも鮮烈な思い出である。
なんでも、あるときカツアゲされそうになって、「やめてください~♥」と訴えたら
あまりにも可愛らしく人間離れした声に相手が度胆を抜かれて、助かったという伝説があるそうだ。

アニメタミー
↑「ぼく、タミー。本当は、女の子なんだよ!」実物よりかなりスマートでキュートなタミー。

今回見直して、キャラクターデザインの素晴らしさ、背景の美しさ、
言葉で説明せずアクションで語るセンスのいい演出に、感激を新たにした。
1年かけて読売新聞の夕刊に連載された小説だから、すべてを映画化するのは無理なわけだが、
省略の仕方が実に的確だし、かと思うと、映画だからこそ可能な場面がさりげなく加えられていたりする。

どの場面も好きなのだが、以下の2つが今回新たに「萌え」を感じたシーン。

chicchiandsuzume.png
↑溺れそうになっているところを助けられたスズメのひなと、チッチが並んで語り合う。
金田朋子さんのチッチと、鈴木晶子さんの仔スズメがともに悩殺ヴォイスで、愛くるしさに悶え死にしそうになる。 

animeglenandtata.png
↑図書館に住む詩人ネズミのグレンとタータが、天井から図書館の人間たちを見おろしながら、
ちょっと哲学的な会話を交わす。
「静かだね…」
「本が人間を静かにさせているんだ」
「なぜ人間は本を読むの?」
「…こわいんじゃないかな、死ぬことが」

こういう場面と、スリリングなアクション場面の緩急のリズムもまたいいのだ。
バスから脱出するお父さんがトム・クルーズばりのすごいアクションをこなすシーンや、
バスの天井に一瞬、川の光がきらめくシーンは見逃せない。

というわけで、『川の光2』の読者でこのアニメを未見の方は、機会があったらぜひ見てみてください!
 


スポンサーサイト
  1. 2012/08/07(火) 22:38:40|
  2. 川の光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<残暑をのりきる方法 | ホーム | ほっとひと息の週末>>

コメント

IZUMIさん、こんばんは。このところ、朝・夕涼しくて助かりますね。お仕事の方は、捗りましたか?
昨日の昼に観た映画「青いドレスの女」で、調度山寺さんが、デンゼル・ワシントン役の吹き替えをしておられましたが、落ち着いた感じでよくマッチしていました。山寺さんは、コメディー系の方がお得意なのかもしれませんが・・・。声のいい方って、確かに憧れますよね。でも、先生もとてもいいお声でしたよ。高くて穏やかで・・・。あんな声で詩なんか朗読されたら女性は「イチコロ」でしょう。目覚ましの声にしたいぐらいですが、でも、先生の声は心地よくて、一生起きられないかもしれません。
夫が、週末出張に行ったのですが、おみあげにホテルで朝配られた読売新聞を持って帰って来てくれました。普段は「みあげ」と称して、自分の酒のつまみのような物しか買ってこないのですが、初めて褒めてあげたい気持ちになりました。タミーの足に、チッチとタータがしがみついているイラストに胸が熱くなりました。今後の展開に大いに期待しています。先生、お体に気をつけて執筆頑張って下さい!
  1. 2012/08/09(木) 22:25:57 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

私もDVD見ました!

キッズステーションでも何度か放送されているようですね。スカパーに入っていなくて見られないのが悔しいので、DVDを買っちゃいました。
先日、「一部地域を除いてETVで再放送される」と聞いて、「あ、早まったかな」と思いましたが、東京は「一部地域」に入っていたので、残念なようなよかったような複雑な気分でDVDを見ました。

私のいちばん好きな、アニメオリジナルのシーンは、染料のツボに飛び込もうとしたチッチに、ブルーが
「あなたのお母さんは賢くて立派なネズミだった(はず)」
と諭すところです。

小説の方で、あとからタータにブルーを紹介されて、「僕、猫に触っちゃった!」とはしゃぐチッチも好きなんですけど。

DVDの特典映像で、松浦先生のお姿も拝見しました。川の光2のラストまでに燃え尽きないように、お身体大切になさってください。
  1. 2012/08/10(金) 12:26:14 |
  2. URL |
  3. Miyukikko #-
  4. [ 編集 ]

Re: 声

あきさん、こんばんは。今日はまた暑さが戻ってきてしまいましたね。
私はアメとムチみたいな今年の夏に、へばりかけています。
声を褒めていただいて、夫は喜んでおります!
  1. 2012/08/10(金) 23:36:29 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

Re: 私もDVD見ました!

Miyukikkoさん、こんばんは。DVD買っていただいたんですね。ありがとうございます!
挙げていただいた場面もそうですが、アニメのオリジナルで、いくつもいい場面がありますよね。
私はタータが図書館の水飲み器に耳を押し当てて水の音を聴く場面なんかも好きです。
  1. 2012/08/10(金) 23:40:08 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

アニメに心が踊り

IZUMIさん、こんにちは。
川の光がアニメになると知って
動く、チッチ、タータの姿に
感動してしまいました。
バスの中のハプニングも
原作でわかっているのかな、ハラハラしてしまって…川の光2や
外伝がアニメなり、多くのかたに
みてほしいですね。
  1. 2012/08/13(月) 10:02:44 |
  2. URL |
  3. らんくす #S3oVS.8M
  4. [ 編集 ]

Re: アニメに心が踊り

らんくすさん、こんばんは。
本当に『川の光2』も、どなたかがアニメにしてくださるといいんですけどね。
個人的には細田守監督希望。
アクションもあるし、東京横断だし、なかなか良い題材だと思うのですが…。
  1. 2012/08/13(月) 23:07:39 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/134-7ca6763f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。