川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『おおかみこどもの雨と雪』について、狼の視点で考える



常軌を逸した暑さのため、しばらく失神していたので、ブログの更新を怠ってしまった。
いまこうしていても、明らかに体温より外気温のほうが高い。
砂漠がルーツで、犬や人間よりは暑さに強いハナちゃんですら、こんな状態↑だ。
昨日の夕方のスコールといい、日本は間違いなく熱帯化している。
ハクビシンどころではない、奇天烈な熱帯の生物が庭に出現する日もそう遠くない。

しかし、タミーや夫のようにクーラーで冷やした部屋に息をひそめて引きこもっているわけにはいかない。
先日見た『おおかみこどもの雨と雪』について、煮え煮えの頭でがんばって考察してみようと思う。

imagesCAI5MW00.jpg

現在、大ヒット中の本作の評判をネットで検索してみると、
アニメとしてのクオリティの高さについては大方の感想が一致するものの、
ストーリーや脚本に関しては、絶賛派から懐疑派まで、かなりトーンの異なる意見が散見される。

「おおかみおとこ」に出会って恋におち、「雨」と「雪」という二人の子どもをもうけた主人公のハナが、
パートナーを亡くし、田舎に引っ越して子育てを始める…というのが大まかなあらすじ。
懐疑派は主に、「子育ては一人でできるものじゃない」「なぜ主人公はあんなに孤立無援なの?」と、
シングルマザーの描き方に不満を感じているようだ。

実を言えば私も、最初はヒロインの過酷な労働と孤立に、同じ女性として若干の違和感を感じた。
なにしろこのお母さんは、ヒトでもありオオカミでもある2人の子どもを育てながら(つまり手間は通常の二倍)、
廃屋同然だった田舎の一軒家をたったひとりで修繕し、畑を耕してジャガイモその他を収穫し、
家事全般をこなし、そのうえパートで働くのである。断言するが、私だったら3日もたないと思う。

しかし、よく考えると、この孤立無援ぶりにはそれなりの理由がある。
このお母さんはただの人間の子どもを育てているのではない。
二人の子どもは、半分は野生のオオカミだから、興奮すると四足の獣に変身し、本能にかられて狩りもする。
オオカミと暮らしている人間を支援するのは、実際問題、なかなか難しいと思う。

マーク・ローランズの『哲学者とオオカミ』(白水社)を読むと、オオカミと暮らすのがどんな感じかよくわかる。
『哲学の冒険』などのベストセラーもあるこの哲学者は相当な変人で、20代の終わりに、オオカミと同居を始める。
肩の高さ90センチ、体重68キロに成長したオオカミは、留守番をさせると家を文字通り破壊してしまうので、
大学にも連れて行き、教室の隅に座らせておく。退屈してくるとオオカミは遠吠えを始める。



この人は筋金入りの人間嫌いで、自分もその一員である「サル」の邪悪さ、計算高さに嫌悪を感じ、
オオカミの「今、ここ」だけを生きるシンプルなあり方に魅せられて、次第に人間社会と没交渉になっていく。
オオカミが11歳で死んだときは、しばらくショックで立ち直れなかったらしいが、
その後、ひとりの女性に出会って父親になり、社会復帰を果たした経緯があとがきに書かれている。

つまり、一回「人間を捨てた」状態にならなければ、オオカミと暮らすことはできないのだ。
『おおかみこども~』のヒロインは、ある意味、孤独な生活を選ぶしかなかったのかもしれない。
「雨」は11歳、「雪」は13歳で自立していくのだが、これも動物の寿命を象徴しているようで興味深い。

ちなみに、『おおかみこども~』で私が最も感動したのは、一面の雪原を親子3人が駆け回る場面。
私が思うに、この世の最高の幸福のひとつは、何もかも忘れて犬と一緒に雪のなかで遊ぶことである。
その無垢な多幸感が見事に表現された名シーンに、思わず涙がこぼれた。



スポンサーサイト
  1. 2012/07/27(金) 16:25:05|
  2. 動物の映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<川の光2、いよいよ佳境に! | ホーム | 隅田川と落語>>

コメント

共感しました

こんにちは。
通りすがりのモノです。おっしゃることが凄くよくわかります。

まあ私は多少?と思っても、『そういうモノなのだろう。』と違和感をぬぐってしまうタチなのです。

何に共感って、雪原を走り回るシーンに予想以上に感動したモノですから。あの三人の『ワオ~ン』は最高でした。
TVでのこの映画の紹介番組では、宮崎あおいさんが『雨、目を開けて!』の収録をやっていました。もうその時点でウルウルです。

オーディションで花が決らなくて細田監督が、『花のイメージは宮崎あおいさんだから宮崎あおいさんに頼もう。』と聞いたスタッフは、『今まで費やした時間は何だったんだ!?』状態だったそうです。運良く宮崎あおいさんがOKして完璧な作品になりました。

  1. 2012/07/27(金) 19:02:26 |
  2. URL |
  3. heso&momo #ZMUMkWGc
  4. [ 編集 ]

こんばんは

暑いですね・・・
今日はこちら北海道も暑かったです・・・
せっかくの土用の丑なのに、暑さに慣れてない身では鰻を買いに行く気力もなかったです。

「おおかみこどもの雨と雪」、私も観たい作品です。
IZUMIさんの考察を読んで、さらに観るのが楽しみになりました。
  1. 2012/07/27(金) 19:27:27 |
  2. URL |
  3. まゆろあ #-
  4. [ 編集 ]

キッドに共感

今日も「川の光2」読みました。
豊かな自然の中で育ったキッドが大都会の川や海の光景も捨てがたいって思う気持ちが何だかわかる気がします。
私もたまに東京に行くとそんな思いがして心がワサワサします。
タミー救出隊のメンバーが再び合流する日が近づいているのか・・・期待が高まります。
タミーが無事救出される頃には民子ちゃんもこの暑さから救出されてますね。
明日の朝刊も楽しみにしています。
  1. 2012/07/27(金) 22:00:46 |
  2. URL |
  3. ペペ #-
  4. [ 編集 ]

リセット

IZUMIさん、こんばんは。毎日暑いですね。お元気でお過ごしですか。
因みに、うちの猫も、ハナちゃんと同じ格好になっています。
> 一回「人間を捨てた」状態にならなければ、オオカミと暮らすことはできないのだ。
これ、深いですね。でも、逆に考えれば、全て捨てれば、どんな環境でも順応出来るということですね。
「おおかみこども」は、子供向けのアニメという訳じゃなかったようで・・・。最近のアニメは、大人が見た方がいいものが沢山ありますね。実は、私、ポケモンで泣いたことがあるんですよ。ジブリでも泣かなかった私が、「ルカリオ」で号泣。それ以来、子供は私と映画を観てくれなくなりました・・・。
  1. 2012/07/28(土) 19:27:13 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

狼は一夫一妻

ご無沙汰してすみません。
この映画観たいのですよ。
狼とシャチは大好きで、昔観た
オルカ←恐怖映画にされてますが…
シャチに惚れ、狼の生態に惚れ
我が家には、何故か、壁に狼のつがいの写真がかざってあります。でっかいのです。(笑)
なかなか観にいけないですが
予告編だけでも、涙しそう。

川の光は、キッドかっこよすぎ!
猛禽類が、優しく二匹の兄弟を
掴むのは凄いテクニックが!!
まさに、ヒーロー。
王子なんですね。キッドは。
もうすぐ合流出来る…みんなに
また涙で始まる朝です。
  1. 2012/07/29(日) 10:01:31 |
  2. URL |
  3. らんくす #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

「おおかみこどもの雨と雪」、私も気になっていました。
見てみたいと思います。
今朝の「川の光2」とても感動しました。
と同時に終わりが近づいていると思うと寂しくも感じました。

年々暑さが厳しくなりますね。お身体に気をつけてお過ごしください。
  1. 2012/07/30(月) 12:42:04 |
  2. URL |
  3. 鈴木まゆこ #-
  4. [ 編集 ]

皆様、お体に気を付けて

まだ7月だというのに、この暑さは本当に異常ですね…
『おおかみこどもの雨と雪』は、どうやら大ヒットを続けているようです。
いろいろ突っ込みどころもあるのですが、とにかく雪のシーンが素晴らしいので、一見の価値ありです!
  1. 2012/07/31(火) 22:05:34 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/131-eaed8d8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。