川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

隅田川と落語

『川の光2』で、ネズミたちが隅田川を下ろうとしているちょうどそのとき、
WOWOWで立川談春の「文七元結」を見ていて、ハタと気が付いた。
この噺は、まさにいまチッチとタータとマルコの3匹がウロチョロしているあたりが舞台ではないか。

最近「落語」と「地図」がマイブームの私。
川の光にも動物にもあまり関係がないのだが、
そんなわけで今回は「文七元結」話にお付き合いのほどを…。

歌舞伎にもなっている有名な人情噺なので、ご存知の方も多いと思うが、
「文七元結」は、左官の長兵衛が、日本橋の鼈甲問屋、近江屋の手代の文七に、
自分の娘が吉原に身を沈めて作った50両をあげてしまう、という噺である。
文七は、水戸屋敷に掛取りに行った50両をなくしてしまい、吾妻橋から身投げしようとしていたのだ。

このふたりの主要人物の行程を地図に書き入れてみるとこうなる。

bunnsichi3

の行程が長兵衛さん。吉原(現在の台東区千束4丁目)で娘の身代金を受け取り、
本所達磨横丁(現在の墨田区東駒形1丁目)の長屋に帰る途中、
吾妻橋にさしかかったところで、欄干から身を投げようとしていた文七さんに出くわす。

の行程が文七さん。小梅の水戸屋敷(現在の墨田公園)で50両を受け取り、
日本橋横山町の近江屋まで帰ろうと、枕橋(タータたちもくぐったと思われる
隅田川との合流点近くの北十間川にかかる橋)を通りかかると、怪しい男にぶつかる。
ふところを確かめると金がない。
絶望して吾妻橋から飛び降りようとしていたところを長兵衛さんに助けられる。

噺のメインの舞台は、暮れも押し迫り行きかう人もない夜の吾妻橋。
いくら自殺を止めるためとはいえ、娘がわが身を犠牲にして作ってくれた50両を、
なぜ見ず知らずの男にポンとくれてやってしまうのか。
「普通、しないよね、そんなこと…」というこの行為に、いかにして説得力をもたせるか。
そこが落語家の腕の見せ所になる。

あれこれ聞き比べてみた。いちばん丁寧に演じているのは、やっぱり六代目圓生。
圓生の長兵衛は、50両をあげてしまう前に「30両にまからないか」などと散々迷う。
その路線を引き継いで、より艶っぽく、くすぐりも増やして演じているのは志ん朝。
どちらも名人芸なのだが、このふたりの解釈だと、
「長兵衛が江戸っ子で善人だから惜しげもなく50両あげてしまった」というニュアンスになる。

いっぽう、立川流の解釈は少し違う。
談志によると、長兵衛は別に善人ではなく、身投げすると言い張る男から逃げたい一心で
後先考えずに大金を投げ出してしまった、という分析になる。
弟子の談春は、この解釈をさらに発展させて、
「博打で身を滅ぼしかけている長兵衛による最後の大博打」として演じているような気がした。

ついでに、長兵衛が吉原から吾妻橋まで家路をたどるくだりの地の語り
「大門をそこそこに、見返り柳を後に見て、
道哲を右に見て、待乳山聖天の森を左に見、
山ノ宿から花川戸、左へ曲がる吾妻橋」
この名調子を地図上で再現してみた。

1chobee

吉原の見返り柳
道哲 吉原の遊女の投げ込み寺として知られた西方寺。現存せず。
道哲という名前の住職がいたのでこう呼ばれたとか。
待乳山聖天 「まつちやましょうでん」と読む。現在もこの場所にあるお寺。
山ノ宿 江戸時代の町名。現在は花川戸1,2丁目に併合されている。
吾妻橋

この調子ですっかり落語にハマっているため、このところ話し言葉が
「するってえと何かい?」とか「てやんでえ、このすっとこどっこい!」とか
どこか嘘くさい江戸っ子調になってしまい、夫をうんざりさせている私であった…。


スポンサーサイト
  1. 2012/07/23(月) 19:52:57|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<『おおかみこどもの雨と雪』について、狼の視点で考える | ホーム | 猛暑が一段落する>>

コメント

これはおもしろい!

地図シリーズの続編に期待します!
  1. 2012/07/23(月) 23:35:35 |
  2. URL |
  3. ぷくしゅ #n/07SYMc
  4. [ 編集 ]

男前

きょうは、また暑くなりそうですぜ、おかみさん!(←使い方、合っていますか?)
お金が元の話は、曽根崎心中や三人吉三(きちざ)などもそうですよね。でも、話を地図でなぞってみるという発想自体がありませんでした。IZUMIさんは、男脳ですね。きっと、男前な人なのだろうなと想像しています。私は地図の読めない女脳で、学生時代は国会図書館に行くのに迷子になり(何度も行った筈なのに)、ようやく辿りついたら中で迷子になるくらいで・・・。私も続編を希望します(出来たら画像もお願いします)。暑さが戻って来たようですが、お体くれぐれも大切になさって下さい。ご活躍をお祈りします。
「東京プリズン」昨日Amazonさんから届きましたが、帯に先生の朝日の文章が使われていましたね!本屋で見たら迷わず買ったと思います。
  1. 2012/07/24(火) 09:39:24 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

暑いですね

私も実際に外に出るとかなり方向音痴なんですよね…
地図は大好きで、眺めているだけで何時間も過ごせるのですが。
酷暑に負けないよう、皆様もお体大切になさってください。
  1. 2012/07/27(金) 16:31:30 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/130-31d29921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。