川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夫です。タミーのダークサイドについて一言。



こんばんは。夫です。小言幸兵衛、オットセイ、ダンゴムシなどと呼ばれている男です。
久しぶりにお邪魔しております。

家内のあばらの骨折については、多くの方々から心温まる励ましのお言葉をいただき、
家内ともども本当に嬉しく思っております。どうも有難うございました。
事故後、3週間が経過し、ずいぶん痛みが収まってきたようです。このまま平癒の過程をたどることでしょう。
皆様にご心配をかけ、恐縮至極に存じます。

ところで、今回、またしてもここにお邪魔する決心をしたのは、家内のこのブログを読んでくださっている皆さんの間に、
拙宅の駄犬についての誤解が蔓延しつつあるのではないか、と危惧しているからです。
ひょっとして、ただひたすら愛らしく、賢く、心優しい犬のように思いこんでいる方々が多いのではないでしょうか。
実は、タミーには、ダークな側面があるのです。といっても、AKB48の某アイドルのように「腹黒」というわけではありません。
タミーの人格(?)にブラックなところはないのですが、ただ、「犬としていかがなものか」という面がないわけではない。

こうした事柄はこれまで松浦家の門外不出の秘密だったのですが、今回、思いきっておおやけにする決心をいたしました。
というのも、どうも家内には、私を小言幸兵衛、オットセイ、ダンゴムシなどと貶めることで、それと対照的に、
拙宅の駄犬をひたすら天使のように愛らしく描き出そうとするたくらみがあるように見受けられるからです。
なるほどタミーは可愛い。しかし、彼女が次のような犬であるという事実もまた直視すべきでしょう。

タミーのダークサイドその1──「忠誠心がない」
「誰にでもしっぽを振る」という表現があります。人間にもそういう人がいますね。
愛嬌だけで世渡りをしているような人のことです。
言うのは辛いのですが、タミーは、まさにそれです。
これはまあゴールデン・レトリーバーという犬種自体の本性なのですが、とにかく人間のことが好きで好きでたまらない、と。
そして、これはつまり、人間なら誰でも良いということでもあります。
主人に対して忠誠を尽くすという、「犬本来の使命」に対して、何の自覚もありません。

昨年、家内と私が2週間ほど外国旅行をしていた間、家内の弟夫婦が拙宅に住んで留守番をしてくれました。
大変有難いことだったのですが、ただ、その間、タミーは私たちがいなくて淋しいといった様子を
いっさい示さなかったそうです。なにしろ切り替えの速いやつなんですね。
「前のお父さんとお母さんは、もういなくなっちゃったんだね。今度は、あなたたちが新しいお父さんとお母さんなんだね。
ぼく、あなたたちのことが大好きさ!」ってなものだったらしい。
毎日、弟夫婦に散歩に連れていってもらって大はしゃぎし、夜は一緒のベッドで幸せそうに寝ていたらしい。
私たちが成田からへとへとになって帰り着き、玄関の扉を開けたとき、私たちは当然、
大喜びのタミーが家の奥から走って飛びついてくるものと思いこんでいました。
だって、そうでしょう? 犬は物音にもにおいにも敏感です。それに、タミーは私たちが今帰るか今帰るかと、
さぞや首を長くして待ち焦がれているだろうから…と。

ところが、誰も出てこず、ただ居間の方からテレビの音だけが聞こえてきます。
やっと義弟が私たちに気づいて居間から顔を出し、やあ、お帰り、などと言いましたが、
タミーはその後ろから、当惑げな表情でゆっくり現われ、お義理のようにしっぽを振りながら、のそのそと近寄ってきました。
彼女は新しいお父さんと並んでソファに寝そべり、心愉しくテレビを見ていて、何も気づかなかったのでした。
「なんだ、もとのお父さんとお母さんじゃないか。帰ってきたのかい? てっきり、もう交替したのかと思ってたよ」

そういう犬なんですよ、タミーは!
こういうのって、「犬として」どうなんでしょうか。
この「義弟とテレビを見ていた事件」は大きな禍根を残し、タミーと私たちとの関係にいまだに暗い影を落としています。
ちょっと興奮してきてしまったので、「タミーのダークサイドその2」は、いずれ日を改めてまた。


スポンサーサイト
  1. 2012/07/04(水) 00:25:42|
  2. タミー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<夏本番、到来の予感 | ホーム | 猫映画の名作再見『猫が行方不明』>>

コメント

逆効果です。

IZUMIさん、松浦先生おはようございます。
先生の肩で風を切る後ろ姿が大好き「だった」(←過去形?!)あきと申します。東大の構内で、一度お目に掛ったことがあるのですが、多分、もう覚えていらっしゃいませんね。
先生、この記事確かに面白いんですが、恐らく、好感度が増したのは先生じゃなくて、タミーちゃんかと・・・。IZUMIさんも、よく分かっていらっしゃると思います。
後ろ姿に孤独を滲ませた色男→あどけない少年→(小言幸兵衛→)オットセイ→団子虫→焼きもち焼き(甘えん坊の子供) ってことでしょうかね???先生、タミーちゃんに、試されているんじゃないですか?タミーちゃんのダークサイドじゃなくて、先生のダークサイドについてIZUMIさんからじっくりお聞きしたいものです。タミーちゃん、ここのブログの人たちは、皆、君の味方だから大丈夫だよ。
  1. 2012/07/04(水) 09:17:45 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

こんにちは

タミーちゃんのことが可愛くてしょうがない 気持ちが溢れ出ていらっしゃいますね。
読ませていただいているだけで、とても温かな気持ちになりました。

これからタミーちゃんにとっては、暑く過しにくい季節がやってきますね。
先生、奥様、ハナちゃん、タミーちゃん 体調等崩さぬようお気をつけ下さい。
川の光2 続きを楽しみにしております。
  1. 2012/07/04(水) 12:45:23 |
  2. URL |
  3. 鈴木まゆこ #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

こんにちは。
初めてコメントさせて頂きます。

読売新聞の連載小説「川の光2」を読んで興味がわき、いろいろ検索してたところ、こちらに辿り着きました。

私もタミーちゃんの可愛らしさにヤラれた一人ですが、今回のダークサイドの話、読んでて笑ってしまいました。
こんなこと言うのは失礼かと思いますが・・・
何だか先生可愛らしいですね(笑)

私には、とても微笑ましく可愛らしい話に聞こえます。
次はどんな話が聞けるのか、「ダークサイドその2」も楽しみにしてますね。
  1. 2012/07/04(水) 18:20:18 |
  2. URL |
  3. まゆろあ #-
  4. [ 編集 ]

松浦先生!

川の光番外編、早速購入して拝読しました!大好きなタミーの、詩の集まりのお話が大好きです。何度も読み返して、思い出しては一人にこにこしています。
タミーのダークサイドとはいっても、皆様おっしゃるとおり、ちっともダークじゃないです。先生の愛情がしみじみ溢れていますね。そんな松浦先生も、大好きです!!
先生のダークサイドの本もとっても愛読しておりますので、そちらの方もどうか今後もよろしくお願い致します。(在学中は一度もお会いできなかった愛読者より)
  1. 2012/07/04(水) 18:48:09 |
  2. URL |
  3. amanamour #-
  4. [ 編集 ]

先生が登場されるとは

タミーちゃんのダークサイド。
多分、タミーちゃんは。臨機応変型なんですよ。心を守る術なんです。
毎日、川の光2を読みながら
私がこの動物達と行動できたら…なんて夢みながら過ごしております。
ハナちゃんの哀愁の背中、タミーちゃんの眼差しが私の活力です。
こんな天候ですから、奥様も先生も
お体気をつけてください。
  1. 2012/07/05(木) 13:39:52 |
  2. URL |
  3. らんくす #-
  4. [ 編集 ]

皆様、いつもありがとうございます

突然、闖入してきた夫に温かいお言葉をいただき、恐縮です。
「可愛らしい」などと褒められて、どうやらすっかり舞い上がってしまっているようです…。
  1. 2012/07/07(土) 01:12:48 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

長い間とっていた読売新聞をしばらくお休みしてまた購読始めたら”川の光2”を見つけ毎日ポストへ取りに行くのが待ちきれないほどはまりました その時はまだ松浦先生のプロフィールも知らずあまりPCなども開かないので検索もせずただただ愛読していましたが今週号の週間文春で”家の履歴書”拝見して動物の性格や行動がどうしてこんなに理解していらっしゃるか分かった気が致しました我が家にもタミーちゃんと同じくらいの6歳の牡のゴールデンレトリバーがおります お書きになっている誰でも大好き、別に家の人でなくてもいつでも新しい家族作れる!みたいなところそっくりです 先住猫がいるせいか猫大好き、人間大好き、犬、、どっちでも良い、です。タミーちゃんとっても美人ですね 家がもっと近ければお散歩でもお目にかかれるかもしれないのに残念!これからもブログで楽しませていただきます 長々メールごめんなさい ご本も購入して読ませていただくつもりです 先生、奥様タミーちゃん暑さ厳しいのでお元気で    Maxママ
  1. 2012/07/29(日) 16:00:46 |
  2. URL |
  3. 保坂 啓子 #HE3DmzK6
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

6歳のゴールデンを飼っていらっしゃるんですね!
やや八方美人の傾向はありますが、本当にかわいいやつですよね…
今後もぜひよろしくお願いします!
  1. 2012/07/31(火) 22:02:35 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/122-1db64926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。