川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月の終わりに



それにしても、大変な一か月だった。
肋骨を二本折り(完治までもう少しかかりそう)、パソコンは悪質なウィルスに感染し(半日かけてなんとか除去)、
愛用のiPod touchまで発狂(やむなく写真も撮れる新バージョンに買い替え)。
こういうときは無理をせず、ツキが戻るのを待つしかない。

●『川の光2』では、マクダフが柄の悪いハクビシンに絡まれている。
ハクビシンは明治時代に日本に輸入された外来種で、最近は都内各所に出没し、電線の上を綱渡りなどして
都民をびっくりさせているらしいが、なんと私も、昨日の深夜、それらしき鳴き声を庭で聞いてしまった。
「ケケケケケ、キキキキキ」という不安を誘う金属的な鳴き声で、YouTubeにアップされている音声にそっくりだった。
近いうちにお目にかかれるかもしれない。実際の彼らは、果実や草を主食とするおとなしい夜行性の動物で、
『川の光2』のように「このおっさん、マジうぜえ」などという話し方はしないはずだが…。

●ハナちゃんは最近、「パンダ妊娠か?」とのニュースが大々的に報じられて
「また人間たちのパンダ騒ぎが始まった…」とやや苦々しい気持ちでいたらしいが、
子パンダの名前が「センセン」「カクカク」になるかもしれないと聞いて、パンダに同情を禁じ得なかったそうである。

●タミーは、読売新聞に取材される名誉に浴したうえ、「おとなしく取材されていい子」などと
皆さんに褒められて、有頂天になっている。あまりいい気ににならないよう、目を光らせなければ…。

●いっぽう夫は、『文學界』で次号から連載が始まるエッセイの第一回の締切と
朝日新聞の文芸時評の締切が重なったうえ、『川の光2』のストックも尽きかけるという悲惨な状況に陥り、
例の「生まれてこなければよかった…」を連発していたのだが、なんとか危機を脱した。
その後は気が抜けてしまったかのように、ネットでAKB48の情報を収集している。

「柏木由紀ちゃんは『バナマヨパン』という、食パンの上にバナナを乗せてマヨネーズをかけたものが好物なんだって」
「へー」(←AKBにまるで関心なし)
「ゆきりんの握手会になんとか行けないものかと…。しかし彼女は『腹黒』だと言われていてねえ」
「はらぐろ…?」
「ゆきりんはテレビで天気予報をやってるんだけど、本心ではお天気なんかどうでもいいんだって」
「はー…」
「でもいつのまにか、ウィキペディアからその記述が削除されちゃったみたいなの。
あれはやはり事務所によるイメージ戦略の変更の結果なのかなあ。しかし僕の思うに…」
「あのね、私思うんだけど」
「?」
「ゆきりんについて調べてる時間を、『川の光2』の執筆やいろんな連載の下調べに当てたほうが、
いろんなことがうまく運ぶんじゃ?」
「うー」(←急に元気がなくなる)
「『明治の表象空間』を本にする作業にも、そろそろ本腰を入れないといけないのでは?」
「うう…」
「そういえば、畢生の大作の長編はどうなったんだっけ?」
「ううう~」

夫はやおらダンゴムシのように背中を丸め、外界からの刺激を遮断して動かなくなってしまった。
試しにツンツンつついてみたが、反応がない。

そんなこんなで過ぎていく6月…
しかし、つまりは今年も半分終わりではないか! こんなことでいいのか! まあいいか…(脱力)

P1030082.jpg
↑最近この箱がなぜかお気に入り。




スポンサーサイト
  1. 2012/06/29(金) 14:24:54|
  2. 川の光
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
<<猫映画の名作再見『猫が行方不明』 | ホーム | タミー、取材される>>

コメント

7月ですね。

IZUMIさん、こんにちは。7月というのに涼しいですね。
先生、柏木由紀ちゃんのファンだったのですか。何だか守備範囲が広いですね(-_-;)。「老い」の話しをされていた同じ方とはとても思えません。因みに息子は「あっちゃん」(既に卒業)のファンなのですが、レベルが同じに見えて困りました・・・。
後ろ姿に孤独を滲ませた色男→あどけない少年→オットセイ→団子虫・・・。 何だか、最近違う意味で、先生のファンになりつつあります。
本日、「子猫をお願い」拝見しました。韓流物は、冬ソナすら体が受け付けず観たことがない私ですが、これは良かったです。変に恋愛に流れないところがまたいいですね。べたべたせず、でも、お互いを気にかけ、それぞれ抱えた物がありながら芯がちゃんとある。おばあちゃんが、自分の分のおまんじゅうを差し出してくれる場面、ちょっと切なかったです。IZUMIさんって、きっとこういう感じの女性に違いないと思いながら拝見しました。いい映画をご紹介いただき、ありがとうございました!
  1. 2012/07/01(日) 12:41:17 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

ハナちゃん、哀愁の背中

ハクビシンにやられちゃう。と
心臓バクバクしてたら…朝から号泣してしまいました。
アニメ化してほしい。川の光2も

しかし、ハナちゃん背中に哀愁が
ニャンコは箱好きですよね。
うちの残った老ハムスターは
マッサージされるのが好きらしく
毎日揉まされてます。こわくないのか?人間?
  1. 2012/07/01(日) 14:34:54 |
  2. URL |
  3. らんくす #a3G6LMu2
  4. [ 編集 ]

Re: 7月ですね。

あきさん、こんにちは。「子猫をお願い」見てくださったんですね。気に入っていただいたみたいでよかったです。
韓国映画の「やりすぎ」なところが全然ないのがいいんですよね。
夫に関しては、ご指摘のように、後ろ姿に孤独を滲ませた色男→あどけない少年→オットセイ→団子虫と
虫レベルにまで下降してしまったので、また少しヨイショしなければと思っております。
  1. 2012/07/02(月) 18:57:41 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

Re: ハナちゃん、哀愁の背中

らんくすさん、こんにちは。
ハクビシンは昨晩、また庭に出没し(姿は見えないのですが)ケンカしているのか、凄い声で鳴いてました。
私もハムスターをマッサージしてみたいです。力加減が難しそうですが…
  1. 2012/07/02(月) 18:59:33 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/120-20b6ff46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【6月の終わりに】

それにしても、大変な一か月だった。肋骨を二本折り(完治までもう少しかかりそう)、パソコンは悪質なウィルスに感染し(半日かけてなんとか除去)、愛用のiPod touchまで発狂(やむ
  1. 2012/06/30(土) 11:01:24 |
  2. まとめwoネタ速neo

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。