川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猫のいる俳句



一昨日、犬の俳句について書いたら、夫に意見されてしまった。

「しょうがないねきみは。あんな駄句を作っちゃって」
「まあたしかに、出来のいい句とはいえないけどね…」
「このブログ、畏れ多いことに小澤實宗匠も読んでくださってるらしいのに、あれじゃあ…。
大体あれだね、きみは人間に俳味ってものがないね」
「はいみ…」
「俳味を涵養しなくちゃ」
「それ、いったいどうやったら涵養できるのよ」
「日頃から自分の周りを細やかに観察して、メモでもとっておくとかさ」
「そうねえ、旅に行っても写真を撮るだけで終わっちゃうことが多いし…」
「とにかく一木一草に目をとめてだね…」
「わかった、いちもくいっそうだね!」(←よくわかっていない)
「まあ、僕はやらないけどね、面倒だから」

私が夫を「小言幸兵衛」と呼びたくなるのはこんなときである。

ところで、ハナちゃんの俳句の好みはどんなものであろうか。
興味をもって取材してみた。

以下、ハナちゃんがあげた二句。共に加藤楸邨作。


猫と生れ人間と生れ露に歩す

猫が目あげて暮れたる枯野より帰る


猫のクールで渋い側面に光をあてた句がお好みらしい。
なお、私がしみじみ共感する猫の句はこれ。

雑炊や猫に孤独というものなし (西東三鬼)

猫というよりむしろ人間についての句かもしれないのだが。
そんなわけで、俳味を備えた人間になるための修業はつづく…。

スポンサーサイト
  1. 2012/06/08(金) 10:45:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<タミーからお知らせ | ホーム | 犬のいる俳句>>

コメント

うちにもいます。「小言幸兵衛」

◎幸兵衛に小言言われて日が暮れて
IZUMIさん可哀相・・・。愛らしい奥さんに小言なんか言ってはいけません。・・・よね(笑)。松浦先生のお近くにいて羨ましいと思う反面、大変さを感じます。IZUMIさん以外誰にも勤まりませんね、きっと。
◎縁側で四脚緩ます白と黒 ← ハナちゃんの気持ち良さそうな画像を見て詠んでみました。「ああ、まったくひどいね」という先生のつぶやきが聞こえてくるようです。
週末、お元気でお過ごし下さい。また、図書館で新聞読んで来ますね!

追伸:◎梅雨の空 今日も我が猫(こ)は寝て居たり
   ◎あばら家で猫と昼寝の至福かな
※猫って、どうして寝ている人が好きなんでしょうね?
  1. 2012/06/08(金) 15:21:39 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

新潮

IZUMIさん、こんにちは。週末をいかがお過ごしですか。図書館で新聞を読んで来ました(昨日分まで)。調度、タータたちも川の前で休息でした。これから、きっと、ツリーに上るんですよね?それから、「新潮」拝読いたしました。IZUMIさんのお名前は出ていなかったのではないですか?テープ起こしに近い大変な作業だったように思いますが。二日酔いになられた気持ちがよく分かりました(?)。本当にお疲れ様でした。心から拍手をお贈りしたいと思います。これで、小言を言われたらたまりませんね(笑)。追加(補足)の部分はダーウィンのところでしょうか。もの凄く濃い内容でしたね。最終講義、拝聴出来て幸せでした。ご案内いただき、ありがとうございました。掲載のお写真も素敵ですね。今まで見た写真の中で、一番ご本人に近いと思いました。「老い」の話をされることが多かったので、仙人のような風貌を想像していたら、当日現れたのが若々しく少年のようにあどけない方だったのでびっくりしたんですよ。
  1. 2012/06/10(日) 14:14:42 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

新潮、読んでいただいて感謝です!
実はテープおこしは別の方にやっていただいたので、私の構成作業はそれほど大変ではありませんでした。
それにしても「少年のようにあどけない」っていうのはちと褒めすぎではないかと…
  1. 2012/06/10(日) 17:24:14 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

若々しかったです。

いえいえ、先生、お肌がとっても綺麗で若々しかったですよ。きっと、IZUMIさんの毎日の健康管理の賜物ですね。おまけに声もお若いし、どこから見ても少年(青年?)でした。新潮は、語り言葉が流れるように生きていて、とても読みやすかったです。多くの方に読んでいただきたいですね。講義を思い出し、懐かしい気分になりました。IZUMIさんは、本当に優秀な右腕ですね。お疲れ様でした。
追伸:新・仕事の周辺、拝見しました。先生、まさに、少年のようです。タミーちゃんも、先生とご一緒だと「おりこうさん」になっていますね!先生、以前より、「余裕」が感じられるような気がします。肩の力も抜けていますよね。
  1. 2012/06/10(日) 18:28:48 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

Re: 若々しかったです。

写真では「おりこうさん」に見えるタミーなんですが…今日は引きずられて大変な目に遭ってしまいました…。
  1. 2012/06/12(火) 21:03:38 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/112-93b02e65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。