川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

富士五湖の思い出と『富士日記』

ブログを始めて何よりも嬉しい驚きは、いろんな方が「コメント」という形で、
温かい励ましのお言葉を寄せてくださることだ。

たとえば、一昨日のエントリには「愛情深いブログ」など過分なお言葉をいただいたうえ、
恐れ多くも、武田百合子さんと比較して下さる方すらいて、
気が動転して、どうしたらいいかわからなくなってしまうほどだ。
皆様、本当にありがとうございます。

(しかし、夫はなんとなく釈然としない顔で、「ひょっとして、ブログを読んでいる皆さんは、
捏造されたきみのイメージに惑わされているんじゃないの?」などとブツブツ言っている。
“愛らしい”“愛情深い”などの形容に、なぜか強い違和感を感じているらしい…)

ところで、武田百合子さんといえば『富士日記』。
私が書く文章など、紛れもない天才である百合子さんの足元にも及ばないのは当然だが、
『富士日記』の舞台になった富士五湖のあたりには、タミーを連れて何度か遊びに行ったことがある。



タミー@山中湖。

P1010029.jpg

『富士日記』は、昭和39年から昭和51年まで13年間にわたる富士山麓の別荘での日々の記録だ。
山荘の周辺で暮らす動植物たちの観察、隣人たちとの交流、日々の食事、
家族の動向などが淡々と記録されているだけなのに、読み始めると止まらないほど面白い。
おそらく、百合子さん自身がとてつもなく面白い人である結果、自然にそうなっているのだと思う。
前半にはポコという犬、後半はタマという猫がペットとして登場するのだが、
深い愛情を注ぎながらも依存している感じはなく、適度な距離感が保たれているのがいい。
食べ物は人間の残りものだし、足の裏にケガをするとヨードチンキを塗ってすます。昭和の犬猫なのだ。

昭和42年夏、犬のポコが死んでしまったときの記述。

「不思議そうにものを視つめて首をかしげるときの顔つきをしていた。
トランクを開けて犬をみたとき、私の頭の上の空が真青で。
私はずっと忘れないだろうなあ。犬が死んでいるのをみつけたとき、空が真青で」

このあと、隣人の大岡昇平が「犬が死んでいやな気分だろう。慰めにきてやったぞ」とやってきて
それまで自分が飼った犬たちの死に目の話をして帰る。このくだりもなんだかすごくいいのだ。

P1010074.jpg


現在の富士五胡は、残念ながらこの日記に描かれているような透明度を失ってしまったが、
犬連れOKのホテルやペンション、カフェがたくさんあって、犬飼いには楽しめるエリアになっている。
写真を見ているうちに、久しぶりにまた行きたくなってきた…。

P1010076.jpg
↑遊び疲れて、頭はからっぽ、目は透明になってしまったタミー。




スポンサーサイト
  1. 2012/06/01(金) 22:49:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
<<東京スカイツリー登場 | ホーム | このごろの我が家>>

コメント

へそ曲がり

IZUMIさん、おはようございます。山中湖、懐かしいです。学生時代、こちらの友人に誘われ、夏休みに泊まり込みのバイトをしたことがあります。結婚して子供がサッカーを始め、20年ぶりぐらいに合宿で行ったのですが、記憶が蘇りました。また、お出かけになられたらご報告願います。楽しみにしていますね。先生のへそ曲がりぶりには敬服しますね。ガッツ石松さんじゃないですが、360度曲がってしまえば、元に戻るんじゃないですか。でも、考えてみたら、素直な先生はあまり見たくなかったりします。最終講義の時の先生の記憶で一番忘れられないのは、「後ろ姿」でした。首がやや左に傾いて、強がっている風(誰も寄せ付けないぞという雰囲気がありました)なのに寂しそうでもあり・・・。でも、ものすごく格好良かったです。先生には、いつまでも後ろ姿の素敵な男性でいて欲しいです。へそ曲がりでも、、いえ、へそ曲がりだからこそファンになったような気がします。
  1. 2012/06/02(土) 08:57:44 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

へそ曲りなんですよ…

あきさん、こんにちは。
山中湖は東京から近いし、その割には夏涼しくていいですよね。
そしてへそ曲がりの夫は、私がコメントでお褒めのお言葉をいただくたびに、「なんか違う…」と釈然としない様子を見せております…。
  1. 2012/06/03(日) 19:29:54 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

へそ曲がりの時間の過ぎ方は・・・?

IZUMIさん、こんばんは。いつも優しいコメントありがとうございます。だって、IZUMIさんが称賛されているということは、先生も同時に称賛されているということなのに・・・。一体何が違うんでしょうかねぇ(笑)。近代と「時間」の関係じゃなく、へそ曲がりと「時間」の関係について、凄い論文が一本論文が書けちゃいそうですね!
  1. 2012/06/03(日) 19:58:01 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

最終講義

あきさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
最終講義の採録が掲載された「新潮」がそろそろ発売になるはずなので
ぜひ図書館で読んでみてください。
かなり加筆されて、面白さが倍増しています。
  1. 2012/06/06(水) 20:36:29 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/109-92e5f73c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【富士五湖の思い出と『富士日記』】

ブログを始めて何よりも嬉しい驚きは、いろんな方が「コメント」という形で、温かい励ましのお言葉を寄せてくださることだ。たとえば、一昨日のエントリには「愛情深いブログ」など...
  1. 2012/06/02(土) 01:57:36 |
  2. まとめwoネタ速neo

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。