川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地下鉄サムと吉田一穂

P1030004.jpg

今日の『川の光2』で、フェレットの地下鉄サムが詩人であることが判明した。
サムは「おお、おお、詩が湧いてきたぞ――」と叫んだかと思うと、
あっけにとられているチッチとタータの前で、歌うように語るように朗誦しはじめる…

闇をつらぬいて飛ぶ
想像力(イマジネーション)の火矢!
あおざめた距離(ディスタンス)
幽かな迷景(ミラージュ)
放物線の甘美を拒み
あくまで鋭く速く
直線状に囀れ
わが魂の凶鳥よ!


「ん?どこかで聞いたような?」と思われる方もいるだろう。
そう、サムはどうやら、大正~昭和期の詩人、吉田一穂(1898~1973)に影響を受けているようなのだ。

無題
↑なんとなくルックスもサムに似ているような…。

吉田一穂は津軽海峡に面した北海道の漁村に生まれ、早稲田大学の英文科に入学。
大正15年に第一詩集『海の聖母』を刊行する。
この詩集の巻頭に置かれた「母」は北原白秋が激賞した一穂の代表作である。 

あヽ麗はしい距離(ディスタンス)、
つねに遠のいてゆく風景‥‥

悲しみの彼方、母への、
捜り打つ夜半の最弱音(ピアニッシモ)。


そのものずばり「地下鉄のある町」と題された詩篇もある(昭和5年刊『故園の書』)。

 計数された歳の基石・プロレタリヤの地と汗と骨のバラストの上の
巨大な観念形態・えぐられた内臓を更迭の車が疾走する。重圧な
建築叢の下・落盤の圧死体や酷使の版死人を塗り潰した燐光を
放つ混疑土(コンクリート)の隧壁に沿うて地下鉄(メトロ)は
唸りのたうつてゐる。やがて都市全体が震動し躍動するだらう。



睡眠の内側で泥炭層が燃え始める。 「泥」(昭和11年刊『稗史伝』)


無燈の船が入港(はい)る、北十字(キグヌス)を捜りながら。

磁極三〇度斜角の新しい座標系に、古代緑地の巨象が現れてくる。

紛(なく)したサンタ・マリヤ号の古い設計図。
  「白鳥」(昭和23年刊『未来者』)


かっこいいフレーズのつるべ打ちである。
「磁極三〇度斜角の新しい座標系」に現れてくる「古代緑地の巨象」を夢想するだけで興奮するではないか。
地下鉄サムならずとも影響を受けてしまいそうだ。


↑『川の光2』参考図書として、ご興味をもたれた方はぜひご一読を。



スポンサーサイト
  1. 2012/05/24(木) 22:50:51|
  2. 川の光
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<地下鉄サムの詩つづき | ホーム | アジアゾウを見た日>>

コメント

こんばんは

明日、橋本の病院に行くので、帰りに図書館に寄って来ますね。吉田さんの詩集もあるようなので・・・。勿論、読売新聞も1週間分まとめ読みして来ます!そういえば、少し前に、深夜、窓を開けたままゲームをしていた息子が突然絶叫したことがあり、慌てて行ってみると、「今、柵の上を奇妙な動物が渡って行った」というのです。暫く見つめ合ったそうですが、目が赤くて、胴と鼻と尻尾が長くて、絶対猫じゃないと。次の日、ネットで調べたら、なんとフェレットでした。飼われていたのが、脱走したのでしょう。その後、私も一度、夜に見ました。鎌倉のアライグマのようにならないといいのですが。昨日、葛西のペンギンは捕まってしまったようですね。水族館と海、どっちが幸せだったのかな。
  1. 2012/05/25(金) 20:39:56 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

古い?

こんにちは。週末良いお天気で助かりますね。図書館、行って来ました。サムさん、いい味出していますね。(むっちり系がお好みなんですね。まさか、酔っぱらっている訳じゃ・・・(笑))今日の朝刊までばっちり読めましたが、明らかに年長者のサムさんが「古い」なんて仰るものだから、思わず吹き出してしまいました。あの詩の良さが何で分からないんでしょうね?吉田さんの詩集は、残念ながら貸出中でした。昨日ネットで確認した時はあったのですが。お近くに、IZUMIさんのブログのファンがいらっしゃるのかもしれませんね。また来週行って来ます。「古い!」私も息子に言ってみたいものですが、残念ながら言われてばかりです。
  1. 2012/05/26(土) 13:39:53 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/106-8b77c15a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【地下鉄サムと吉田一穂】

今日の『川の光2』で、フェレットの地下鉄サムが詩人であることが判明した。サムは「おお、おお、詩が湧いてきたぞ――」と叫んだかと思うと、あっけにとられているチッチとタータ...
  1. 2012/05/25(金) 04:42:38 |
  2. まとめwoネタ速neo

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。