川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猫の時間論



雨があがって、風が雲を吹き払い、からりと晴れた五月の朝。
朝食を済ませて中庭に出たハナちゃんが、テーブルの上にごろりと横になっている。

こんなとき、ハナちゃんは何を考えているのだろう。
復帰40年を迎えた沖縄における米軍基地問題が、一向に進展しないことを憂えているのか。
それとも、フランス大統領選の結果がユーロ圏の経済危機に及ぼす影響を見極めようとしているのか。
あるいはひょっとして、先日、飼われていた家から脱走した後、すらすらと住所を唱えて帰宅した、
例のインコのことでも考えているのだろうか。

「その弛緩した様子から推測するに、何も考えてない可能性もあるよね?」
「ふにゃ~ぁ~あ~(←欠伸しながら返事するとこうなる)いまあたしは“時間”について考えてるの」
「ははあ…“時間”はお父さんの最終講義のテーマだったしね」
「そうね、あの最終講義では、近代的な時間システムの起源は、ダーウィンの進化論に登場する
“人類の想像をはるかに超えた長い長い時間”ではないか、という興味深い考察がなされていたわけだけど」
「そういえば、とくに震災以後、哲学者や思想家が語る“時間”のスケールがやたらと大きくなってる気がする…」
「東浩紀さんも、『atプラス』最新号の対談で、“10万年なんて地球の歴史からしたら一瞬じゃないか”
という立場はありえる…と指摘してるわ」
「10万後に人類が生き残ってるかどうか、わからないしなあ…」
「最近もうひとつ興味深かった対談は『2千年紀の社会と思想』なんだけど」
「見田宗介さんと大澤真幸さんの対談集ね」
「見田先生によると、いま人類は生物の環境が臨界に達する“大爆発期”の最終局面にいるんですって」
「ここで失敗すると、滅びちゃうってことね」
「ところで、アラン・ワイズマンの『人類が消えた世界』によると、人類が滅亡すると犬も滅亡するけど、
猫は小動物を狩りながら自由を満喫するんですって」
「もしかして…また人類に対する猫族の優越性が証明されちゃった…の?」
「まあ、そうともいえるわね…」

そしてハナちゃんは、お父さんに喉をウリウリしてもらいながら、
テーブルの上で優雅に伸びをしてみせるのだった…。

P1020965.jpg
「ふにゃ、ふにぁあああああ~ん」




スポンサーサイト
  1. 2012/05/16(水) 22:50:16|
  2. ハナちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<襲い来る雷神の恐怖 | ホーム | 犬本の最高峰『マールのドア』>>

コメント

時間

>らんくすさん
 お体大切になさってくださいね。何も出来なくてすみませんが、ご多幸を心からお祈りしています。
>IZUMIさん
 ハナちゃん可愛いですね。今日は陽気のせいか、うちの猫も気持ち良さそうに寝ています。猫って不思議ですよね。マイペースなようで、夫の実家の猫は、先生の前の猫ちゃんのように、夫が病気の時、大きな鳥をとって来て枕元に置いてくれたそうです。さて、先生の講義のまとめ、順調に進んでいるようで何よりです。IZUMIさんみたいな優秀な右腕がいて、先生はお幸せですね。時間の概念、先生の講義で、私たちが時計の数字として認識しているものとは全く別なものだということに気づかされ興味深かったです。3つのパラメータ。確か、世俗的時間、測定可能な時間、オプレッシブ(抑圧?)な時間でしたね。実はあの講義の帰り、電車で痴漢に合ってしまったのですが、痴漢と確信するまでに10分かかり、後の30分は地獄のように長く感じました。救いを求めて前を見たら、恋人が自分たちの世界に入り込んでいて、明らかに私とは別な時間が流れているのを感じたのでした。今、古井先生の「辻」を読んでいますが、あれも不思議な時間が流れていますね。子育てを終えた女性たちが、韓流ドラマでなく古井先生や松浦先生の小説を読んだらいいのにと思いました。松浦先生の「鰈」と「ひかがみ」、古井先生の「風」と「草原」が特に好きです。
  1. 2012/05/17(木) 16:19:23 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです

久しぶりにコメント書かせて頂きます。実は私ペットホテル&ペットシッターをしておりまして、連休の嵐の様な忙しさからようやく解放されるかと思っていた矢先、今度は我が家のネコ3匹が其々別の病気で
毎日の様に病院通い・・・。その内の1匹は我が家に来た時にはすでに老猫&エイズキャリア。ひどい状態でそう長くないと思っていたにもかかわらず、信頼する先生の治療が功を奏し、それからすでに2年が経過。ところがここにきて我が家に来た当時の状態に戻り始め、そろそろ限界かな・・・とがっかりしています。心に余裕が無いとなかなかコメントを書けずにいましたが、今日のハナちゃんのウットリしている表情を見て、久しぶりに癒されました。ありがとうございました!!!もちろん川の光2は毎朝変わらず拝読させて頂いております。
  1. 2012/05/17(木) 17:47:49 |
  2. URL |
  3. まやてつ #FCWDJ4oA
  4. [ 編集 ]

お気持ちよく分かります。

>まやてつさん
 心配ですね。お気持ちお察しします。やはり家族ですから。どうか猫ちゃんが、元気になりますように。
 素敵なお仕事ですね。お体大切に頑張って下さい。
 私にとっても、「川の光2」とIZUMIさんのブログは、毎日の楽しみであり心の支えです。
  1. 2012/05/17(木) 22:13:33 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

猫たちがいつまでも元気でいられますように

まやてつさん、お仕事がお忙しいなか、猫ちゃん心配ですね。回復を祈っています。
あきさん、いつもありがとうございます。最終講義のまとめは大幅に補足されて次号の『新潮』に掲載予定ですので、ぜひ読んでみてください。
  1. 2012/05/18(金) 15:48:25 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/103-e385bac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。