川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京都に弾丸ツアー

一泊二日で京都に旅行してきた。
半年に一回くらいの割合で、発作的に京都に行きたくなる。
最近は、桜や紅葉で混み合う時期を避けて出かけることが多い。

P1020881.jpg

細見美術館で「酒井抱一と江戸琳派」展を見てから、夕暮れの鴨川の河原で一服。
さすがに観光客は一段落という感じ。サイクリングを楽しむ人あり、ベンチで語らう人あり。
タミーをここで遊ばせたら、大喜びで駆け回ることだろう。はしゃぎすぎて顰蹙をかうかもしれないが。
犬連れでこの河原を散歩する愛犬家も多いとか(京都在住の花村萬月さん談)。

今回の宿は俵屋。偶然にも中村好文さんが『意中の建築』で推薦している
「竹泉の間」に泊まることができた。
P1020890.jpg

玄関奥の坪庭には純白の藤が。
P1020892.jpg

翌日の朝は少し雨がぱらついたが、お昼前から快晴に。
新緑の東福寺を散策しに出かける。
P1020909.jpg

重森三玲の方丈庭園。
P1020939.jpg

昭和を代表する作庭家で、モダンな枯山水で知られる重森三玲。
調べているうちに、三玲という名前は画家のミレーからとったことがわかった。
彼は自分の子供たちにも同じ趣向の命名をしていて、長男は完途(カント)、次男は弘淹(コーエン)、
長女は由郷(ユーゴー)、三男は埶氐(ゲーテ)、四男は貝崙(バイロン)なんだそう。
こんな名前をつけられたら、子供としてはちょっと迷惑かもね、と思っていたら案の定、
長男は父に反発して、自分の子供には古事記や万葉集に由来する名前をつけたらしい。
しかし、それはそれでまた迷惑ではないか、という疑惑も。

P1020943.jpg

P1020937.jpg
まあ重森の庭はどれもカッコいいので、子供や孫の名前はどうでもいいのですがね、
などと呟きながら、チッチ&タータを記念撮影。観光客が少ない時期にだけ可能なワザ。

ちなみに、こういうとき、夫が撮影を見とがめられたらするつもりの言い訳:
「気の毒に、彼女は頭が少しおかしくなっていて、どこにでもあのネズミたちを連れ歩いて、
写真を撮らずにはいられないんです。勘弁してやってください…」

P1020946.jpg
『マディソン郡の橋』みたいな屋根付きの橋を渡って泉涌寺方向へ。

P1020951.jpg
泉涌寺は大門が高い位置にあり、本堂へ参道を下っていく珍しいタイプのお寺。

P1020954.jpg
御座所の美しい庭園にも、恐れ多くもチッチ&タータが出現。
そのうち「川の光番外編 東山三十六峰の巻」なんてどうだろうか。

帰宅後、シッターさん宅に一泊していたタミーを
錦市場で購入した「犬用おからクッキー」で慰撫しようと試みるも、なんとなく不満顔。
今度は一緒に行けるといいね。
ただ、京都には犬が泊まれる宿がほとんどないのが悩みの種。
嵐山あたりに犬宿が誕生したら、けっこう人気を集めると思うのだが。
P1020957.jpg

スポンサーサイト
  1. 2012/05/10(木) 20:51:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7
<<犬本の最高峰『マールのドア』 | ホーム | 華麗なる転身?>>

コメント

こんにちは

いつも、興味深いお話をありがとうございます。
楽しく読まさせていただいています。
新緑と苔の京都ですね。
写真を拝見するだけで、清々しい気持ちになります。
今回のタータとチッチは自然の中で気持良さそうですね。
旅先でも、やっぱりお留守番をしている子達が気になってしまうものですね。次は一緒に出掛けられると良いですね。
  1. 2012/05/10(木) 12:23:44 |
  2. URL |
  3. 鈴木まゆこ #-
  4. [ 編集 ]

こちこそ、いつもありがとうございます

そうなんですよ。犬猫がいなければ、もっと旅をしまくっていると思うのですが、
なかなか預けて出かける気になれなくて。
ただ、京都はあまり犬向きのデスティネーションではないような気もしますが…。
  1. 2012/05/10(木) 13:09:36 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

懐かしいです

IZUMIさん、こんにちは。関東では、雲行きの怪しい毎日ですが(今日もゴロゴロ言っています)、京都は良いお天気だったようで何よりです。ご旅行とは羨ましい。学生時代、奈良に住んでいたので(研究会は専ら京都(百万遍)でした)、東福寺には何度も行きました。デートだったこともあります。先生、風景に見事にマッチしてます。う~ん、渋い・・・。これは、レポーターに反対した前言を撤回しないといけませんね。素敵なお声で、名所旧跡を案内して下さい。楽しみにしています。タミーちゃん、すねないでね(でも可愛いです。気持ちはとてもよく分かります)。
  1. 2012/05/10(木) 13:09:45 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

こんばんは。以前一度コメントをさせて頂いたゴールデン2歳女子と暮らすRです。
タミーちゃんお留守番お疲れ様でした!

「ゴールデンも必要に応じてチッチとタータサイズになってくれればポケットに忍ばせて何処へでも一緒に行けるのに」と、いつも思ってしまいます。
ウチは可能な限り車で犬と一緒に旅に行きますが、海外旅行の時などは普段からお世話になっている訓練所で合宿をして貰っています。
犬にとっては先生達も生徒(犬)達も何もかも勝手知ったる場所なのでストレスなく過ごしているようで、旅行後に迎えに行くと「おかえりー!あのねあのね、サモ君(仮名)とラブちゃん(仮名)と毎日遊んですっごい楽しかったんだよ♪ じゃぁ先生またねー!!!」といった感じで、感動の再開っぽさが全くないのがちょっと寂しいのです・・・(笑)
  1. 2012/05/11(金) 21:41:47 |
  2. URL |
  3. R #OARS9n6I
  4. [ 編集 ]

風薫る京都・・・

いいですね~京都!
京都嫌いな人ってあんまりいないと思いますが、私も大好きでできたら住みたいくらいです。

東福寺はまだ残念ながら行ったことはありませんがこの夏念願の「川床」に行けそうなので、その時にでもぜひ行きたいです(私のお気に入りは東寺です・・仏像ラブなので)。

それにしても旅行に行けないということは動物飼いの永遠の悩みですよね(笑)。わんこはまだ預けることができますが、なんこは家に置いていくのがベストだと思うので我が家でも1泊しかできません・・・あぁゆっくりと旅してみたいと思いますが、動物たちに癒される毎日は手放せませんね。
  1. 2012/05/12(土) 10:45:06 |
  2. URL |
  3. りり #1wIl0x2Y
  4. [ 編集 ]

動物飼いの悩み

りりさん、Rさん、こんにちは。動物たちの留守番問題は本当に最大の課題です。
去年の9~10月にイタリアに少し長めの旅行をしたときは、家に弟夫妻に住んでもらいました。
この方式が犬も猫も一番ハッピーみたいですね。
タミーはすっかり弟になついて、Rさんの犬と同じく、我々が帰ってもそれほど感激していませんでしたw

あきさん、東福寺でデートなんて羨ましい限りです。
関西は食べ物もおいしいし文化的だし、移住したいくらいですね~
  1. 2012/05/12(土) 11:38:40 |
  2. URL |
  3. IZUMI #-
  4. [ 編集 ]

留守番経験者です

忘れてました。そういえば、私もお留守番をしたことがあったのでした。大学最後の年、奈良の秋篠寺近くにお住まいの神戸大の先生がドイツ留学することになり、ワンちゃんのお世話を条件に1年無料で住まわせていただきました。同じゼミの学生と1階と2階に住み、交代でワンちゃんのお散歩をしましたよ。「大」が出るまで付き合ってあげてと言われていたのですが、なかなか出ず、2時間近く真っ暗な田んぼ道をさまよったこともあります。オスだったのですが、恋の季節になると何度も脱走してしまい、二人で泣きべそをかきながら探し回ったことも・・・。あんなにお世話したのに、先生がお帰りになったら、私たちを無視して、尻尾がちぎれるぐらい振って飛びついてました。違うワンちゃんになったみたいでした。死んでた表情も生き返り・・・。流石に、あれはショックでしたね。奈良では歴史を勉強しました。思えば、すごく贅沢な時間を過ごしていたのですね。
  1. 2012/05/12(土) 16:36:40 |
  2. URL |
  3. あき #XcHMMwdw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kawanohikaridiary.blog.fc2.com/tb.php/101-99743685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【京都に弾丸ツアー】

一泊二日で京都に旅行してきた。半年に一回くらいの割合で、発作的に京都に行きたくなる。最近は、桜や紅葉で混み合う時期を避けて出かけることが多い。細見美術館で「酒井抱一と江...
  1. 2012/05/11(金) 03:04:24 |
  2. まとめwoネタ速neo

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。