川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

瞼の姉

IMG_3561.jpg


瞼の姉
──長谷川伸ふうラジオドラマ(一幕)

作:タミー
代筆:タミーのおとうさん

登場動物
のの 姉ねこ
トン 弟ねこ1
フー 弟ねこ2
タミー(作者特別出演) ゴールデンレトリーバー

(ヒュー、ヒュルルル……という風の音、強くなったり弱くなったりしているうちに、
だんだん静まっていき、ののの最初のセリフが終わったあたりで完全に無音になる)

トン うう、うう……ねえちゃん、ねえちゃーん……。(ト、すすり泣く)
のの トン……フー……まあ、大きくなったねえ。こんなに立派なねこになって。(ト、目がしらを前足でぬぐう)
トン ねえちゃんだって……。(ぐっと涙を呑みこみ、ちょっとからかうように)しばらく見ないうちに、
すっかり、女っぷりが上がったじゃないか。
のの まあ、いやな子だよ、なまいき言ってるよ。(ト、泣き笑いの声になって)でもねえ……
あんな右も左もわからない赤ちゃんだったあんたが、そんななまいきを言えるようになったんだねえ。
(ト、ふたたび目がしらを前足でぬぐう)
トン ふふん、おれァ、もうおとなだい。一人前の男ねこだい!(ト、肩をそびやかす)
のの ばかだねえ……おとなは、じぶんじゃそんなこと言わないんだよ。
それに、おとなの男が、そんなにぼろぼろ泣くかい。
トン だって、だって、おれァ、毎日毎日、ねえちゃんに会いたくって、会いたくってなあ……。
(ト、号泣する。のの、黙って、トンの目からあふれる涙をなめとってやる。
トンの泣き声に、のののピチャピチャなめる舌音が混じる。やがて、トン、気を取り直し、ぐすぐすと洟をすすりつつ)
トン あの日、いきなりねえちゃんがいなくなっちゃって……
あれ以来、おれァ、毎日毎日、心細くってなあ。にいちゃんは相変わらずこんなで、ぜんぜん頼りにならねえし……。
フー ウッキー、ウッキッキッ、キー!(ト、仰向けになってごろんごろん転がりながら叫ぶ)
のの フーは相変わらずだねえ。でも、あたまのほうも、ちったあ、具合が良くなってきたようじゃないか。
トン どうかなあ。おとうさんなんか、フーのことを、「猿鳴き凶暴にゃんこ」とか
「屁こきの猫目小僧」とか、言ってるし……。
のの まあっ!(ちょっと腹を立てて)ずいぶんひどいことを言うじゃないの。
トン ほかにももっといろいろ言うよ、「フシギねこなんて言うと可愛く聞こえるが、
こいつはむしろデビルだな」とか、「毛をかき分けるとどこかに小さく666と書いてあるんじゃないか」とか。
のの おや、まあ……
トン くだらないことも言ってるよ、「ドラマの『ハンニバル』のねこ版を制作するなら、
マッツ・ミケルセンが演じたレクター博士の役は、ぜひフーにやらせたいねえ。
役名はさしずめ、ネクター博士かなあ」とか。
のの ふふっ……(ト、つい吹き出してしまいながら)口は悪いけど、
おとうさんは根はやさしい人なんだよ。ほんとうはフーのことも、とっても可愛がってるんだよ。
トン わかってらい、そんなこと。でも、どう言われようが、何にもわからず、
ゴロゴロ嬉しそうにのどを鳴らしてるにいちゃんが、おれァ、不憫でなあ。
フー キエッ、キエッ、キエーイ!(ト叫びつつ、あたりを転がり回る)
のの でもとにかく、よかった、よかった。ふたりとも元気そうで。
で、どうなんだい、おとうさんとおかあさんは? おふたかたとも、お達者かえ?
トン 達者だよ。いま、ふたりでタミーさんを連れて、公園に散歩に行ってるよ。
のの タミーさんもお達者かえ?
トン ずいぶんと達者だよ。おれらにとってもやさしくしてくれるんだよ。
のの そうかい。ありがたいねえ……。
トン で、ねえちゃんは……?
のの うん、奉公先の人たちはみんな好い人ばかりでねえ。
特注の高級ねこ缶を食べさせてくれるし、毎日、ねこおもちゃで長いこと遊んでくれるしねえ……。
トン そうか……。
のの それはそれは、親切にしてくれてねえ。あたし、お裁縫を習いに行かせてもらってるんだよ。
万が一じぶんたちに何かあっても、お針子ねことしてひとりで生きていけるようにって、そう言ってくれてねえ。
それで、毎日、忙しくって、忙しくって……。
トン ふうん……(少しふて腐れた声で)そんなに忙しくっちゃあ、
おれらのことなんか、すっかり忘れちまってたんだろ、へーんだ。
のの ばか、ぶつよ、そんな悪たれをつくと。(ト、腹を立てて、トンの頭を前足でぽいんとはたく)
あんたたちが忘れられないから、こうやって、こっそり家を出て、西武新宿線に乗って、
このうちまで戻ってきたんじゃないか。
トン うん、そうだな……(小声で)ごめんな、ねえちゃん……。
のの あたしは、一生懸命、明るくふるまうようにしてるんだよ。
そんなに良くしてくれている人たちに、淋しがってる様子なんか見せたら、ばちが当たるだろ。
でもねえ……昼間はお裁縫の勉強やねこおもちゃで気がまぎれていても、夜になるとあんたたちの顔が、
暗闇のなかにまざまざと浮かんできてねえ。それから大好きだったおとうさんの顔も……
それっきり……眠れなくなっちまって……(ト、涙ぐむ)
トン おとうさんたち、そろそろ戻ってくるよ。
のの あ、いけない、いけない。その前に帰らないと……。
トン みんなに会っていけよ。おとうさん、喜ぶよ。泣いちゃうかもしれないぜ。
のの あたしだって泣いちゃうよ。きっと、わんわん、わんわん、泣いちゃうよ。
ああ、そりゃあ、大好きなおとうさんの顔をひと目、見たいさ。ほんのひと目でも、見たくて見たくて、たまらないさ。
でも、そうしたらもう、帰る気になんか、なれなくなっちゃうかもしれない。それじゃあ、まずいだろ。
トン まずくなんかないさ。もうここにずっといろよ。またきょうだい三匹でいっしょに暮らそうよ。
のの できない、できないよ。それはできないことなんだ。どうか、わかっておくれ。
あたしはもう、よその家のねこなんだ……ウウウッ……(ト、泣きくずれる)
トン ねえちゃん、ねえちゃーん……ワアッ……(ト、大声で泣きだす。しばらく二匹の泣き声が続く。
ときおり、「ウッキッキーッ」「キエッ、キエッ」などというフーの叫びが挟まる。泣き声と叫び、だんだん静まって、
徐々にゴロゴロ鳴きへと変わってゆく。フーのゴロゴロ声、ひときわ大きく響く)
のの (涙のかたまりをぐっと呑みこんで)……さ、あたしはもう行かなくちゃ。
奉公先のうちの人たちも心配してるだろうからね。
トン ねえちゃん、ほんのちっとの間だったけど、ねえちゃんに会えて、おれァ、嬉しかったよ。
のの あたしもさ。
フー ウッキッキーッ! キエッ、キエッ!
トン にいちゃんも嬉しかったってさ。
のの どうだかねえ、この子の言ってることはよくわからないからねえ。(ト言いながら、くすっと笑う)
また来るからね。西武新宿線にはかんたんに乗れることがわかったし。
発車ベルのタイミングを見計らうのがコツなんだよ。
テレビでやってた『耳をすませば』っていうアニメが参考になってねえ……。
まあ、そんなことはどうでもいい。ねえ、トン、にいちゃんの面倒をちゃんと見てやるんだよ。
トン うん、わかった。なあ、ねえちゃん、達者でな。
のの また手紙を書くからね。ねこ郵便で送るから。
トン うん、おれも書くよ。
のの あんたも淋しいだろうが、頑張るんだよ。おとうさんたちを心配させないように、
脳天気なお気楽ねこのふりをしつづけな。あたしもそうするからね。よっぽど悲しくなったら、
ぎゅっと目をつむってみるんだ。すると、瞼のうらに、ちゃあんと、ねえちゃんの顔が浮かびあがってくるからね。
さ、これ以上あんたたちの可愛い顔を見ていると、もう帰れなくなっちまう。(遠くで犬の吠える声)あ、あれは……?
トン あっ、タミーさんの声だ。みんなが帰ってきたんだ。
のの じゃ、あたしはもう行くよ。(早口で)裏口からこっそり出ていくからね。
トン、フー、離れていても、いつもあんたたちのことを考えてるよ。(声がだんだん遠ざかってゆく。
風の音、静かにはじまって、だんだん強くなってゆく)あたしの大事な弟たち……どうか達者で……また来るからね……。
トン (涙声の絶叫で)ねえちゃん、ねえちゃーん……。
フー キエッ、キエッ、キエーイ!(風の音、ゆっくりとフェイドアウトしていき、無音になる)
(おわり)

スポンサーサイト
  1. 2014/12/24(水) 09:35:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

年末



日課となった庭仕事をしていたらタミーがやってきた。

「おかあさん、ぼくおてつらいするよ!」

なにかが口に入っているらしく言語不明瞭である。

よく見たらハイバウンドボールをくわえていた。
「それでは手伝いにならないではないか」と指摘したら
「おてつらい、おてつらい♪」と鼻歌を歌いながら去っていった。

IMG_3682.jpg

一方、猫どもはストーブの前で熟睡。

この家で正月を迎えるべく奮闘しているのは、どうやら私だけのようである…脱力…

  1. 2014/12/22(月) 13:53:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ののちゃんと再会



いけないいけない。またしても忙しさにかまけて更新を大幅にさぼってしまった。
そんななか、実家で忘年会のついでに、なんと一か月ぶりに、ののちゃんと再会。

夫は興奮を抑えきれず
「ののちゃんが半狂乱になって『お父さん、帰っちゃいや!』なんて
すがってきたらどうしよう…」などと語っていたが、
いざ対面してみると、ののはいたってクール。
少しふくよかになった体をくねらせながら 
「ええ~と、どなただったかしら?どこかでお会いしたような気もするけど…
でも、とりあえず、よ☆ろ☆し☆く☆ね!」的な対応であった。

IMG_3668.jpg

しかし相変わらず美人だニャー。

家や庭の整理も一段落したので、せっかく再開したこのブログ、また頑張って更新するニャ、と決意。




  1. 2014/12/20(土) 23:37:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

猫、凶暴化



庭仕事にかまけていて更新が滞ってしまった。

この間、猫たちはますます活発化。というか凶暴化。
これまでメス猫しか飼ったことがなかった私たちには、
オス2匹のこのはっちゃけぶりは驚異である。

いまやボーイズは家中の小高い場所に大体飛び乗れるようになり、
前足の筋力も発達して、ありとあらゆる物をはたき落せるようになった。
北欧のアンティークのフラワーベースといったこじゃれた雑貨を置いておこうものなら
すぐさま破壊されてしまいそうなのですべて撤去。
もうインテリアもへったくれもあったものではない。

とりわけ過激化しているのが、不思議猫フー。
何の予兆もなくチャック・ノリスのように唐突に出現しては、素早く目の前の物体を撃破する。
「大統領、ご決断を」と核のボタンを差し出されたら何のためらいもなく押してしまいそうな雰囲気がある。
まあ猫は大統領になれないのでこれは杞憂なわけだが。

フーは挿し木するために水を吸わせていたアイビーを夜中にボロボロにしてしまい、
今日は玄関から紐のほどけたスニーカーを拉致してきてなぶりものにするという新技を覚えた。

運動会を終えて昼寝している姿は天使のようなのだが…

IMG_3622.jpg

そして兄ちゃんをかいがいしく舐める姿は忠義な丁稚猫みたいに見えるが…

IMG_3627.jpg

その実態は白い小悪魔…
最近では「ネクター博士」(=猫のレクター博士)とか
「猫目小僧」などと呼ばれるようになったフーだった…(どんどん異名が増えていく)

  1. 2014/12/07(日) 18:15:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

三匹三様

とある師走の昼下がり。



トン助はマイベッドでくつろぎ

IMG_3616.jpg

不思議猫はちゃいちゃいするものを求めて徘徊し
(成長とともに腰のリボン模様が崩れ、クラゲが横向きに泳いでいるような形になってきた)

IMG_3609.jpg

タミーは私の机をチラ見できるいつもの場所でぺったり寝。
(またホワイトバランスを間違えて写真が赤くなってしまった…)

平和といえば平和な光景である。

しかし何だか人間は忙しい。
そしてもう2014年も終わりだというのに、「ダメよ~ダメダメ」とは何なのか、ついこの前知った私。
来年はもう少し流行語に強くならなければ…






  1. 2014/12/02(火) 18:07:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。