川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仔猫祭り

とりあえず、子猫3匹の生活報告。

3日間一緒に暮らしてみて、彼らの日々は一定のパターンで進行していることがわかった。

201409291.jpg

食事(あっという間に一心不乱に完食)



遊び(ゲラ用の赤ボールペンも当然おもちゃ)

201409292.jpg

そして突然、固まってコテっと寝る。
この繰り返し。

犯罪的なまでのかわいさに、まったく仕事手につかず。
というか、いまもフーちゃんに左手を吸われているので、この文章も右手一本でなんとか書いてます。
もう悶絶して死にそう。





スポンサーサイト
  1. 2014/09/29(月) 23:24:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

この間の出来事など



この半年、わたしたちがどう過ごしていたのかというと、基本的には相も変わらず、
夫婦と犬一匹で吉祥寺と軽井沢を往復する静かな日々。
とはいえ思い返せば、それなりにいろいろな出来事があった。

最大の事件は、タミーが放射線治療の後遺症で白内障になってしまい、5月に手術を受けたこと。
一時は両眼が白く濁り、ほとんど視力が失われて、散歩にも出たがらずにしょんぼりしていたのだが、
手術したその日から視界がクリアになったらしく、急に元気を取り戻したのには驚いた。
4日間の入院と3週間のエリザベスカラー生活で大変な思いをしたけれど、
タミーは再び大好きなボールの空中キャッチができるようになった。
鼻腔腫瘍が再発する気配もいまのところなし。動物の先端医療には感謝しても感謝しきれない。

3月で60歳を迎え映画がシニア料金になった夫は、なにしろ「心にひとりの少年が棲んでいる」男なので(苦笑)
誕生日の前後に「還暦」「還暦」といわれるたびに拒否反応を示していたが、
タミーの入院騒ぎのなか、50代のすべてを捧げた大著『明治の表象空間』(新潮社)を上梓。
おかげさまで主要新聞各紙をはじめ多くのメディアに書評が掲載され、評判は上々のよう。
『川の光』シリーズの著者が書いたとは思えない硬い内容のずっしりと重い人文書ではありますが、
書店で手に取っていただけると喜びますのでぜひ。



4月からは『新潮』で「名誉と恍惚」と題された長編小説の連載も始まった。
1937年の上海を舞台に、多様な国籍と立場の男女が愛欲と陰謀の渦に巻き込まれる濃密な世界が展開中。
私も「ヘアスタイルの“ボブ”について調べよ」とか「1930年代の上海の公衆電話事情はどうなっていたのか」
などリサーチのリクエストを受けて、時々ネット情報魔の立場で協力しております。

同じく4月には、NHKラジオ第1で夫がMCをつとめるラジオ番組「ミュージック・イン・ブック」がレギュラー化した。
これまでに川上弘美さん、堀江敏幸さん、綿谷りささん、平野啓一郎さん、片岡義男さんなどのゲストが登場。
10月は穂村弘さんがゲストらしいので楽しみ!
毎週水曜、夜9時30分から。「こんばんは、作家の松浦寿輝です…」の名調子、どうか聞いてやってください。

夫がこんなにも華々しく活躍しているというのに、情けないことに自分に関しては、
軽井沢の庭で恐ろしい勢いで繁殖しはじめた雑草との闘いに、ひたすら明け暮れた記憶しかない。
昨年の秋に植え付けた植物の苗が、マイナス20度&大雪の冬を越せずに、
一部を除いて絶滅してしまったのもほんとうにショックだった。
ガーデニングの基礎を勉強し、もう少しましな庭にするのがささやかな来年の目標。
追分に別荘があるY子さんが、来年の春に桑の木を分けてくださることになっているし…

それにしても、軽井沢のあの狭い家で、タミーと猫たちは同居できるのだろうか。
それがいまから心配でならない。




  1. 2014/09/28(日) 12:26:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

突然ですが、ブログ再開

昨日、我が家に仔猫がやってきた。



なんなのこのちいさなひとたち?

P1060069b.jpg

なんなのなんなの?(尾っぽはぶんぶん振っている)

そんなわけで、このひとたちを紹介しますと、

P1060037b.jpg

左 トッカータくん 通称トンちゃん
右 フーガくん 通称フーちゃん
共に男の子で、生後約1か月半(推定)

あと3日で殺処分になるところを、縁あって貰い受けることになった。

P1060052b.jpg

ついでに彼らのお姉さんにあたるこの女の子↑(仮名・ミケ)も預かることに。
生後3か月くらいまではきょうだいと過ごしたほうがいいらしいので、
1月半後に独り立ちして、私の実家で飼われる予定。

P1060100.jpg

そしていま私の膝のうえはこ~んな状態…(悶絶)

写真を撮らずにはいられず、このひとたちの成長記録を残したい欲望が抑えきれないので、
発作的にブログ再開の運びとなりました。

そんな次第で、「川の光日記」パート2、しばらくよろしくお願いします。




  1. 2014/09/27(土) 10:46:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ご無沙汰してました

IMG_2833_20140911215903477.jpg


いまだにここを見てくださっている方がいることを知って感激し、
トップ画面が広告なのも何だかな~とも思い、半年ぶりにタミーの近影アップ。
ありがとうございます。 タミーは元気です!
  1. 2014/09/11(木) 21:53:54|
  2. タミー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。